話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

なかなおり」 みんなの声

なかなおり 作:シャーロット・ゾロトウ
絵:アーノルド・ローベル
訳:みらい なな
出版社:童話屋
税込価格:\1,485
発行日:2008年03月
ISBN:9784887470798
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,101
みんなの声 総数 19
「なかなおり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 謝ることの大切さを教えてくれます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1963年初版の古典的絵本で、日本では2008年3月に翻訳されたもの。

    雨降りに起きたママの憂鬱が、家族に伝染していきます。
    憂鬱からけんかに発展します。
    確かに、雨降りって憂鬱なものですよね。
    それが、ふとしたきっかけで皆が謝って仲直りしていくという物語です。

    「謝ると良い気持ちになりました。」
    という文章がくりかえされるのですが、とても良い響きです。
    ふとした日常に、こんな気持を持てる子供に育って欲しいものです。

    モノトーンの絵は少し暗い感じがするのですが、雨の憂鬱さを端的に示していると思います。
    また、話の転換する場面では、頁全体が黄色で描かれており、効果的な印象を持ちました。

    何回か読むと良さがわかってくるのですが、文章、絵とも少し暗くて重いので、子供にとってすんなりと受け入れられないかも知れません。

    投稿日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 分かる!この気持ちの連鎖

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子10歳、女の子8歳

    古い感じの絵本でしたが、内容は素敵。
    一人のいらいらが次々につながり、みんなの一日をどんどんイライラで染めていきます。
    でも、犬のぺろぺろが一人笑顔にしてしまうと、そこからは素敵な気持ちがつながります。
    ありがとうとごめんね。が、みんなの気持ちを晴れ晴れとしていき、あやまった時のすっきりした気持ちが何度も味わえます。
    分かりやすく、大切なことを教えてくれました。

    投稿日:2021/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔の連鎖に

    アーノルド・ローベルのイラストに惹かれ、手に取りました。
    どんより暗い雨の朝。
    ママが不機嫌になって、子どもたちに八つ当たり。
    そのマイナスな感情が、どんどん伝染していって…
    でも、犬のパジーが、その連鎖を変えてくれました。
    イライラを周りに当たったらダメだなと、日頃の言動を思い出して反省しました。
    笑顔の連鎖にしなくちゃなと思います。
    自分への戒めのためにも、この絵本は手元に置いておきます。

    投稿日:2021/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝染

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    雨の日、いらいらがみんなに伝染していきます…。
    そして、謝ってなかなおりもみんなに…。
    やっぱり、いつまでもいらいらしていても…ね!
    謝るとすっきりというのはたしかにうなずけますね。
    伝染するならやっぱり笑顔がいいと思います。

    投稿日:2017/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるわかる

    8歳6歳の娘たちに読みました。

    このお話を読みながら「わかるわかる」と思ったのは親の私かもしれません。イライラして子供にあたってしまったり・・・。とっても反省しました。きっとあたられた方は、また誰かにあたってしまっているんだろうなと。

    なかなおりって大切ですよね。改めてそう思いました。

    投稿日:2016/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝染する

    嫌なことがひとつあって人にやつあたりすると、その嫌なことが伝染していくんですよね。みんなどんどん嫌な顔になってくる。。。でもごめん、っていう誤る気持ちも一人一人に伝わっていく。謝ることでみんながハッピーになれるんです。その仲直りのきっかけっておおきなことじゃない。日常の些細なことから、ってゾロトウが教えてくれます。

    投稿日:2014/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不機嫌の連鎖反応

    何が原因で喧嘩を始めたのか、不機嫌のきっかけはとても些細なことだったりします。
    それが、だんだん周りに広がっていく連鎖反応のループ。
    謝る機会、仲直りの機会はそう簡単ではありません。
    でも、子どもの切り替えってミゴトです。
    家族の仲直りは子どもに助けられているのかもしれない。
    仲直りの連鎖反応は、この絵本ほど楽ではないかもしれませんよ。

    投稿日:2013/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふとした きっかけ

    イライラの空気って、どうしてか周りに伝染しますよね。

    この絵本は、そんなお話。

    読みながら、「あーわかる」「でも、それ言っちゃあマズイよ」と思っていました。

    どんどん、どんどん不機嫌になっていくみんなを見て、いったいどうなっちゃうんだろうと不安にもなりましたが、最後はちゃんとハッピーエンドになってホッとしました。

    気持ちの切り替えスイッチは、ふとした小さな事ですが、とても重要ですね。

    そして、素直に「ごめん」が言えることも大事。

    投稿日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 連鎖しますよね

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    パパがママとキスをしないで出かけてしまい
    ママは不機嫌に・・・
    そんな機嫌の悪さが「やつあたり」として伝染していきます
    マイナスな態度や言動も連鎖するように
    プラスな前向きな姿勢や言動もうつっていきます
    どちらが理想的で気持ちよく楽しく暮らせるかは明らかで
    日々の生活を思い返し反省させられました

    繊細な子供たちに大人の勝手なマイナスオーラを振りまいてやいないだろうかと「シャン」とした気持ちになります

    投稿日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「さっきは ごめんね!」

    パパがママに、「行ってきます」のキスを忘れたことからママが不機嫌

    になり、次から次へと不機嫌が伝染してしまいます。

    八つ当たりは、本当に気をつけなければいけないと思いました。

    「さっきは ごめんね!」と言う一言を言う勇気が大切さも学べた絵本

    でした。嬉しさも伝染していくので、明るい顔、明るい気持ちを常にも

    って孫に接しなければと思いました。

    教訓めいたことはなに一つ描いてないのもよかったです。

    投稿日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



対談『ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん』

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット