ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

岩波少年文庫 クマのプーさん」 みんなの声

岩波少年文庫 クマのプーさん 作:A.A.ミルン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\792
発行日:2000年
ISBN:9784001140088
評価スコア 4.75
評価ランキング 927
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くすっと笑えるかわいらしいエピソード

    私は先にディズニーのプーさんを知ってしまって、原作は大人になってから読みました。
    はちみつをとろうとしたプーが雨雲のふりをして奮闘する話。
    はちみつを食べ過ぎたプーがウサギの家の入り口の穴にはまってしまう話。
    ゾゾをつかまえるために、プーがこぶたと一緒に罠を掛ける話。
    などなど、クスッと笑えるかわいらしいエピソードたち。
    さりげなく添えられている挿絵も、どれも素敵です。

    投稿日:2021/01/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心がほんわかする本

    • オカズさん
    • 50代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子21歳、男の子18歳、男の子9歳

     ディズニーのアニメであまりにも有名になりすぎているので、原作を読んだことがない人が多いのではないか。話の中に出てくるクリストファー・ロビンは作者の息子、クマのプーさん・コブタ・イーヨーなどは息子の持っていたぬいぐるみ(巻末にこれらのぬいぐるみの写真がある)である。つまり自分の息子に向かって、普段一緒に遊んでいるぬいぐるみが活躍する話を語って聞かせたのが、この話である。だからわが子への愛情にあふれ、読んでいるとクスクス笑う箇所はあるが、ゲラゲラ大笑いするようなものではなく、いつの間にか心がほんわかしてくる本です。

    投稿日:2008/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • クマのプーさんはこれまでに何度も読んでいますが、あらためて読むと、やはりあまりにも面白くて、とても感動しました。私は昔からクマのプーさんが大好きで今でも書斎にクマのプーさんのぬいぐるみがあります。これは空想と現実が巧みにないまぜられ、とても面白いお話です。ほんとに素晴らしいお話だと思います。

    投稿日:2021/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでみよう、原作。

    「くまのプーさん」というとディズニーのあのプーさんを
    つい思い出してしまいますが、原作はこちらです。
    ディズニーのプーさんとはまた一味違った味わいがあります。
    小学校中学年から読める文庫本なので、我が子にも勧めてみようと思いました。
    「MOE」でも特集の記事を読んだので親の私も興味が湧きました。

    投稿日:2019/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • さし絵も素敵!

    大人になって改めて読んでみると、おもしろいです。プーさんとその仲間たちのやりとりに、くすっと笑ってしまいます。
    派手ではないけれど、どのお話もじんわりとおもしろく、心に残ります。ディズニーのプーさんの印象が強くなってましたが、EHシェパードの挿絵のどれも素敵なこと! 本が小さいので、食い入るようにみてしまいました。

    投稿日:2018/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の面白さ

    読んであげたら、小が校1.2年生で、大いに、楽しめると思います。
    のんきで人(くま)のいいプーと、その仲間が繰り広げる、些細な事件が、なんともいえなく愛しく、ほのぼのとします。

    子ども達に読んだときには、もう、大笑い。
    読み終わったときには、心に親友ができたような、温かな気持ちになります。

    投稿日:2017/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • にっこり プーさん

     プーさんは、アニメやグッズでおなじみでお話も、断片てきには知っていました。でも、原作は読んだことありませんでした。
     この本は、カラフルさはありませんが、じっくり楽しめます。挿絵がたくさんあるので、子どもも飽きずに読めました。
     翻訳は石井桃子さんなので、文章が上品です。堅苦しさはないのですが、ていねいな言葉だなと思いました。
     
     最後のシーン、夕日の中でのプーとコブタの会話に笑ってしまいます。読み終えたときに、自然ににっこり頬がゆるんでいました。

    投稿日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット