虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

ウルスリのすず」 その他の方の声

ウルスリのすず 作:ゼリーナ・ヘンツ
絵:アロイス・カリジェ
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,300+税
発行日:1973年12月
ISBN:9784001105650
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,470
みんなの声 総数 19
「ウルスリのすず」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スイスの雰囲気を伝えてくれる

    スイスに初めて行った時、すずの音を聞いて感動し、すずを探して購入したのも、すべてこの絵本を読んでいたからです。
    スイスを訪れたことが無いとき、この絵本からスイスを思い描き、スイスに行ってからは、この絵本を通して、スイスを懐かしく思います。
    カリジェの描く絵本は、私にとってはスイスそのもの。その土地の雰囲気を伝えてくれる大好きな絵本です。

    掲載日:2015/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • スイスに伝わる鈴の祭のお話です

    お話のはじまりがいいですね

    ずっと遠く、高い山のそのおくに みなさんみたいな男の子が、すんでいます・・・こんなはじまりに惹かれます

    素朴なまちの家 絵がいいですね〜

    ここに住んでいるウルスリという男の子 帽子をかぶり人形のようです(ピエロかな)
    彼は お父さんとお母さんにかわいがられて育っているのが分かります
    でも 親のお仕事の手伝いもよくする 良い子だな〜
    素朴な子供らしさ  こんな生活にあこがれます。

    この町に今でも伝わる鈴のお祭り 「大きな鈴がほしい」 だって鈴の中にお菓子や 木の実 肉がもらえるんですもの
    大きい鈴がほしくなるのは あたりまえですね〜
    子ども心に みんなに小さい鈴だと馬鹿にされるのがいやだったのです

    ウルスリは考えて大きい鈴が山の夏小屋にあることを思い出し 一人でそこへ行くのです。深くて せまい道 怖い橋を通って雪の中を一人で山小屋に行くのです(冒険ですね)
    でも・・・・(どんなに親は心配したことでしょう!)

    大きな鈴を枕に山小屋で一夜を明かすのです。  両親は心配します 子供って 自分がこうだと思うと 一途なところがあるんですね
    親の心配していることなど 忘れてる  大喜びで帰ってきたので親たちは ホットしたことでしょう(両親が怒ってないのがちょっと気になりましたが)
    今の時代では考えられないような子供の冒険ですね
    絵の中に素朴な幸せを感じました  

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット