なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
えほんのまわりさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

はなのすきなうしふつうだと思う みんなの声

はなのすきなうし 作:マンロー・リーフ
絵:ロバート・ローソン
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:1954年12月10日
ISBN:9784001151114
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,046
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 闘牛って何?

    花の匂いを嗅いでのんびりしているのが大すきなフェルジナンドという子牛が、成長してひょんなことから
    猛牛に間違われて、闘牛場に連れていかれてしまいますが、いざ、闘牛が始まるといつものように花の匂いを嗅いでいて牧場に追い返されてしまうというお話です。
    子どもの反応は、闘牛がどういうものかがイメージできないようで、いまひとつでした。
    もう少し大きくなったら、理解できるのかと思いますが、絵本の意図するところは汲み取れない様子でした。

    掲載日:2002/12/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • なーに、とうぎゅうって?

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     タイトルと見返しの闘牛ポスターのギャップを、まず消化しきれないで質問されてしまった。「とうぎゅう?ってなーに?」「うしとひとがなんでたたかうの?」「えっ?みせもの?」「うしってみんなとうぎゅうなの?」質問止まず・・・。
     牛はそもそも気だての優しい、おとなしい生きものだと思っていた娘にとって、花が好きなんてあたりまえじゃない、ってなものらしい。こりゃあ闘牛を知らなきゃあ、ダメだ。うーん、ずいぶん読み続けられている絵本だが、文化的側面に補完必要!ということで、撃沈。ごめんなさい。

    掲載日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しかった

    この絵本、昔からありますよね。
    ずっと気になっていました。

    もうすぐ娘も3才になるので読み聞かせてみましたが
    内容が難しかったのと、絵が白黒(でしたよね?)だったので
    あまり興味を示しませんでした。
    よんでいても上の空でキョロキョロしたり。
    興味がある絵本とはあきらかに違う態度だったので
    もう少ししてから読んであげようと思います。

    やはり本の裏表紙にあるように4歳半、
    早くても4才くらいからがいいのかもしれませんね。

    掲載日:2004/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット