魚市場 魚市場
絵・構成: 沢田 重隆  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
お魚は好き? 築地を舞台に、魚の流通のしくみやさまざまな魚の種類などを、細密かつダイナミックなイラストで紹介します!

てぶくろなかなかよいと思う みんなの声

てぶくろ 作:(ウクライナ民話)
絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,000+税
発行日:1965年11月
ISBN:9784834000504
評価スコア 4.74
評価ランキング 878
みんなの声 総数 338
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

77件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 冬の定番

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    昔からロングセラーのこの絵本。
    2回連続で娘が保育園から借りてきました。

    おじいさんが落としたてぶくろに、動物たちが入っていく・・・
    ただそれだけなのが子どもには面白いんですよね。
    小さいねずみから、かえる、うさぎとだんだん大きな動物になっていって、最後はくま!
    小さな手袋に入っていくようすに想像力がふくらんでいくようです。

    味のある絵もとっても素敵です。

    おしゃれぎつねとか、ぴょんぴょんうさぎとか、細かい言葉まで覚えるほど気に入っていました。

    投稿日:2012/03/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 2才には?

    色々なところで紹介されている、有名な絵本です。
    3才〜となっていますが、文字が少なく単純なストーリーなので2才3ヵ月の息子に読みました。
    色々な動物たちが手袋に入れて、とやってきて、どんどん増えていく様子はおもしろいと思うのですが、「もう一回!」はなし。
    動物たちの描写が妙にリアルなところや、色味が薄いことなどが息子の好みではなかったのかもしれません。
    それに、小さな手袋にこんなに沢山の動物が入っていることのおかしさや、手袋がどんどん変化していく様などを味わえるのは、やはり3才以降なのかもしれませんね。
    読み手側としては、動物が増えるたびに繰り返される文章があまり心地よいとは思いませんでした。ちょっとくどいような・・。(訳者は好きなのですが)
    あと、最後のページだけ、絵が物足りない気がしました。想像力を働かせることに意味があるのかもしれませんが。。
    3才の冬にあらためて読んであげようと思います。

    投稿日:2016/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • どんだけ入るんだろう

    大人用の手袋に、ねずみやカエルや、まぁ、うさぎまではいいとして、笑。
    ねこにきつねに、猪にクマに。
    どんだけ入るんだ?!というツッコミどころ満載なはずなのに、子供はそこは全く不思議ではないようで純粋に淡々と進む物語に聞き入っていました。
    素直に楽しめるって素敵だなーと思ってしまいました、笑

    投稿日:2015/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 手袋に窓!?

    3歳8ヶ月の息子に図書館で借りました。
    私たちの子どもの頃にもあった、定番の絵本。
    どれだけ動物が入っていくのか、ドキドキしたものです。
    息子もどうやらそんな気持ちだったようです。

    しかし…、今回よく読んで気がついたのですが、
    手袋、どんどん改造されて、最後には窓までつけられている!!
    おじいさんのところにもどった時には穴はあいていなかったのでしょうか?

    投稿日:2014/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 名作ならではの落ち着き

    娘が2歳のころに購入した絵本なのですが、モノクロに近いページ構成だったので、当初はあまり興味を示しませんでした。
    その後、3歳になり、ストーリーが理解できるようになると熱心に見ていました。
    森の動物たちが次々と手袋の中に入っていくのが面白いようです。
    動物の描き方が独特で、海外絵本らしいなぁと思いました。
    地味な絵本ですが、こういう絵本こそ長く読み続けられるものなのでしょうね。

    投稿日:2014/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雪の中に落ちていたてぶくろに,つぎつぎと動物達が入っていく繰り返し絵本です。
    最後はてぶくろが拾われ,動物達は一斉に外へ。
    冬におすすめの絵本です!
    絵も細かく何ともいえない味わいある絵です。
    小さい子供は繰り返しが好きなので,楽しんで読み聞かせることができると思います。

    我が家の娘は3歳半でこの絵本を初めて読み聞かせてみましたが,もう少し早く2歳代のうちに読んであげればよかったなと思いました。
    よく聞いていましたが,ストーリーが繰り返しでシンプルだったので内容的に少々物足りなさがあったのかも知れません。何度も読んでとリクエストしてくることはありませんでした。そういう意味で☆4です。
    大人の私としては,安心して子供に読み聞かせできる内容と絵で,すばらしい絵本だと感じました!

    投稿日:2014/05/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんわかあったかい

    体調を崩し、毎週病院通いをしていた時に待合室で見つけた一冊です。

    表紙の絵とタイトルは目にしたことがあったものの、
    お話を読むのは私も初めてでした。

    病院の待合室に長く置かれている本ですから、
    中はもうあちこちやぶれていてボロボロ。
    でも、お話はちゃんと読むことができました。

    おじいちゃんが落とした片方の手袋に、
    いろんな動物がどんどん住んでいきます。

    そんなにたくさん入れないよ!って思う程大きな動物まで。
    でも、登場してくる動物たちが、
    仲良く身を寄せ合って手袋に入っている姿を想像してくすり。

    息子は、登場してくる動物たちをちゃんと順番に覚えていて、
    私が「ぴょんぴょんうさぎだっけ?」というと、
    「ちがうよ、びょんびょんがえると、はやあしうさぎだよ!」ってしっかり指摘してくれました。

    病院の帰り、雪の上に落ちているてぶくろの片方を見つけて息子とにやり。
    中に動物が住んでるかもね〜なんて話をして、
    なんだかほっこり優しい気持ちになりました。

    投稿日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • シンプルな話がおもしろい

    おじいさんが落とした手袋のところにいろんな動物たちがやってきて、その手袋の中に入ります。

    始めは小さな動物から、だんだん大きな動物が…

    おじいさんの手袋にくままで入るなんて、大人には想像も出来ませんが、子どもたちの頭の中ではきっと、大きな手袋の中でいろいろな動物がお話をしている様子が浮かんでいるのだと思います。

    絵がとてもリアルで、子どもよりも想像力の乏しい大人でも、手袋の中にみんなでぎゅうぎゅう詰めで入っている様子が目に浮かびました。

    投稿日:2013/07/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供は気にいったみたい

    • おゆみさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳、

    色々な動物が順番に小さな手袋に入って行きます。
    私も、「え〜...イノシシが入ったらどうなるの?」と続きが気になりました。

    また、絵が細かい所が凝っていて、息子は「ここ、破れそうだよ」とか「屋根がついたよ」とか観察して楽しんでいます。

    子供の心をかなりつかんでいるので、さすが名作だなあと思いました。

    投稿日:2013/03/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 無限のてぶくろ

    次から次にやってくるどうぶつ達を包み込んでしまうてぶくろ。
    四次元てぶくろなのか・・・はたまた落としていったおじいさんが大男なのか・・・想像も無限大。
    ぜひ私も入りたい。
    のっそりうまが入れるのだから、私だって入れるはず!
    そんな事を思いながら読みました。
    なかなかリアルな絵だけれど、表紙のぴょんぴょんがえるの目がハートになっているように見えるのは、わたしだけではないはず・・・

    投稿日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    1

77件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / オニじゃないよ おにぎりだよ / ママがおばけになっちゃった!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット