おおきいツリー ちいさいツリー おおきいツリー ちいさいツリー
作・絵: ロバート・バリー 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスに、心あたたまる絵本を家族で…

お月さまってどんなあじ?」 みんなの声

お月さまってどんなあじ? 文・絵:マイケル・グレイニエツ
訳:いずみ ちほこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年09月
ISBN:9784883301065
評価スコア 4.76
評価ランキング 601
みんなの声 総数 180
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

180件見つかりました

  • どんな味なんだろう

    まずは紙の繊維の温かみがお話を優しく包んでいることで、あったかな気持ちになりました。
    月はどんな味がするんだろうなんて、発想がとても楽しさを感じました。
    いちばん下がカメで、その上にいきなりゾウ。
    ゾウの上にはキリン…と、カメさんにはたいそう荷の重い動物たちが次々に乗って行きます。
    カメさん、大丈夫?
    最後はネズミがやっとのことで月をちょっぴりかじることができました。
    月に届いちゃったことに、とてもロマンを感じます。
    満月がかじられて三日月に…、最後の展開も楽しく読みました。

    投稿日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなお月様

    9月になり、月の絵本を探していて手に取りました。

    お月様を「食べてみたい」と発想する動物達と
    手を届かせまいと逃げるお月様のお話です。

    月と地球の距離がすごく遠いことがわかりかけている小4の娘は
    動物達による月までのはしごができ
    そのたびに「ひょいっ」と逃げるお月様の追っかけっこを
    「ありえない」といいながら聞いていました。

    最後にとうとうお月様のカケラを食べることに成功したその味の表現のイキなこと・・。
    ありえない・・と切り捨てるにはもったいない
    何かを感じました。

    娘は最後まで、一番下になった亀のことを心配していました。

    投稿日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見上げてごらん

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    お月様がどーんと全面にある絵本です。
    切り絵みたいなかわいらしい絵で、
    お話もかわいい。

    お月様ってどんな味だろう?
    食べてみたいなーという動物たちが
    協力してはしごになって・・・
    お月様は余裕ですが、
    はたして届いて食べられるのでしょうか?
    実際遠いしなぁと、ほのぼの読んでいたら
    えっ?という展開が待ってます。

    どこへ行っても曇ってなければ
    見られるお月様。
    絵本の後に見上げ、見ると嬉しくなります。

    投稿日:2014/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものこころをキャッチ

    読み終わったあとに、「お月さまって、みんなが一番好きな物の味がするんだって。どんな味がした?」って毎回聞くんです。すると、毎回その味が違うんです。アイスクリームの味だったり、チョコレートの味だったり。その返事で明日のおやつを用意すると、子供の心にドンピシャなんです。

    投稿日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • その結末とは?

    楽しいい話のはじまりはじまり・・・
    最初のページをめくると、大きなお月様に、暗闇の中で光る目がいっぱい・・・
    なんだろう、なんだろうと思っていたら、お月様の味ってどんな味だろうと考えている動物たちでした。
    えっ、食べられるの?どんな味?どうやって食べるの?
    子どもたちの表情が輝きました。
    小さなカメの背中に、ゾウが乗ったよ、キリンが乗ったよ。
    そしてその結末は・・・
    最後の最後まで、子どもの心をギュッと握って離さない、そして満足のいく結末でした。

    投稿日:2014/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前におすすめ!

    図書館で借りてきて以来、毎日、読んでとせがまれる一冊です。
    お月様の味が知りたいと、たくさんの動物たちが協力してブレーメンの音楽隊のように積みあがっていくさまは可愛らしいです。
    お月様のセリフもなかなかいい感じです。
    気に入っているらしく、ひとりでお人形遊びをしながら、
    『あんなちびじゃムリだな…』と言っているのが聞こえました(笑)

    みんなの一番好きな味がしましたという文章から、
    娘は『○○味ー!』と毎日おいしいものを言っては楽しんでいます。
    一緒に想像して話し合えるので、とても楽しい一冊です。
    絵も可愛らしく、ほのぼのとした印象です。

    投稿日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月さまには興味津々

    2歳の娘にはちょっと文章が長い絵本です。
    ただお月さまには興味津々。
    とても真剣に聞いていました。
    「どうやったらおつきさまをさわれるんだろ」とひとりごとを言っていたり。
    「そうだ!はしごがあればいいんだね」と言っていたり。
    どうやら、エリック・カールの「パパ、おつきさまとって」を思いだしたみたいです(笑)。
    お月さまの絵本はどんなものでも大好きな娘。
    なにかひきつけるものがあるのでしょう。

    投稿日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • かじりたい

    とても味のある素敵な絵本です。

    みんなで協力してお月さまをかじる!と頑張る動物たちの姿が、愛らしいです。

    なんだかお月さまには気の毒な気もしますが、地上から見上げるおつきさまは黄色くて眩しくて、とってもおいしそう!

    最後の魚さんの言葉が、またいいですね。

    夢いっぱいのやさしいお話。
    眠る前の読み聞かせにぴったりですよ。

    投稿日:2013/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 質感がすごい

    本を見ているのに本当にお月様ってこんな表面かしら、って思ってしまう質感がすごいです。そんな絵です。迫ってくる厚みをかんじます。お月様も太陽もお星さまも、空にあるものは何でも気になります。大人だってそうですよね。みんなで力を合わせて、それを確かめようとする勇気がいいなとおもいました。夢を持つ素晴らしさを感じました。

    投稿日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魅力たっぷりの絵本

    お月さまや動物たちは子どもそのものかしら。
    かめや象、キリン、しまうま、ライオン、キツネ、サル、そしてねずみが上に重なって上っていき、お月さまの味を確かめようとするのだけれども、お月さまもそのゲームを楽しんで、逃げてしまう。そしてとうとう・・・。
    グレイニエツさんの絵は素晴らしい。中でも、私は読者の方に顔を向けているライオンの表情が好き。

    投稿日:2013/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

180件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / おでかけのまえに / バムとケロのさむいあさ / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

みんなの声(180人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット