話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ

おおきな きが ほしい」 ママの声

おおきな きが ほしい 作:佐藤 さとる
絵:村上 勉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1971年01月
ISBN:9784033301501
評価スコア 4.83
評価ランキング 127
みんなの声 総数 146
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

116件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • すごいです!

    本を読み終えた後に5歳の息子が初めて、「おかあさん、続きが読みたい」と
    言った本でした。「植えた木はどうなるの?」と。
    まさに、佐藤さとるさんの空想の世界に引き込まれたみたいです。

    親の私自身も、話の90%以上が“かおるの空想”でつながれているのにも
    関わらず、村上勉さんの絵があまりにも、かおるの空想を上手く描きだ
    していて、惹きつけられました。

    特に、木の説明が始まると、本の向きを変えて読み進めることになる
    のがとっても魅力的です。
    木のその上はどうなるの? どうなるの? とワクワクしました。
    木のてっぺんにつくと、また元の正式(?)な本の向きに変わるところも
    素敵です。

    こんなに1つの木のことで、素敵に話を膨らませることが出来るなんて、
    やっぱり、佐藤さとるさんの空想世界はすごいなと思います。

    かおるの植えた「マテバシイ」が早く大きくなるといいなぁ!

    ちょっと話が長いので、やはり5歳以降のお子さん向きかもしれませんが、
    とてもお薦めです。是非、読んでみて下さい。

    投稿日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    5
  • すてきな絵本

    この大きな木は子どもの夢そのもの。子どもの豊かな想像力、発想力って楽しくて素晴らしい。あらためてそう感じさせられる絵本です。
    4歳の息子には少し長めかなと思っていましたが、最後まで飽きずに一生懸命聞いていました。
    構図もおもしろいし、色彩豊かで、私にとっては懐かしい絵。このお話にぴったりです。
    かおるの木の上のお部屋、私も行ってみたいです。

    投稿日:2013/03/03

    参考になりました
    感謝
    4
  • すっごい良い本だ!!

    5歳の息子に読みました。
    息子は、夢中で聞いていて、数日後にまた読んで欲しいと言ってきました。
    息子の様子から、この本に衝撃を受け、
    想像を膨らませている様子がありありとわかりました。

    私自身、子供のころに読んでもらったのだと思います。
    読み聞かせをしている途中で、
    自分の中に「標準」として存在する「大きな木&ツリーハウス」が
    この本に由来していることを発見して驚きました。

    息子は「僕も大きな木がほしいなぁ〜」と何度も繰り返し、
    次に読んでもらった時には、自分の妹はまだ0歳だから、
    「カゴでも危ないかなぁ・・・」と真剣に悩んでいました。

    私にとってもそうですが、息子にとっても、
    この本は大切な本になり、影響を与えてくれる本になることと思います。

    まだ、読んでいない方、ぜひ読んで見てください。

    投稿日:2012/04/07

    参考になりました
    感謝
    4
  • わくわくする絵本

    たまたまいただいた絵本。
    3歳と5歳の子はこの絵本に夢中です。
    こんな、大きな木がほしい。
    本当に、子供の夢そのままです。
    木の上におうちを作ってみんなで暮らしたい。
    そんなこと、自分も小さいときに思ったなー
    と、このレビューを書くにあたって気づいたのですが、
    こちらの絵本は70年代に発行されていたんですね。
    もしかしたら私も子供のころこの絵本を読んでいたのかも?

    長く愛されるのもうなずける、親子で楽しめる絵本です。

    投稿日:2019/01/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • 豊かに広がる想像の世界にうっとり

    • たっちママさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、女の子1歳

    新聞で紹介されていたとかで、おばあちゃんが勧めてくれたので購入しました。
    何にも知らずに4歳の息子に読み聞かせてみたんですが、主人公の男の子が空想する木の上の世界にすっかり私も息子も虜になってしまいました。
    木の中に作ったはしご、妹を乗せられるエレベーター、見晴し台までの道のりも面白いし、家の中の細かい様子が季節によって違う様子もとっても素敵。
    読み終わったら思わず背表紙の裏で全体像を確認してしまいました。「ここが、はしごで、ここから上って…」って感じで。
    たぶん、実際にはあり得ない部分もあるんだろうけど、頑張ったらできるんじゃないかと思わせる微妙なラインでとっても現実感があります。
    なので、息子も読み終わったら木に登ってみたくてたまらないようでした。都会っ子なのでそんな木に登る経験ないんですけどね…。
    でも、公園でジャングルジムに上ってちょっとそんな気分を味わっているみたいです。
    普段の生活の中にぐいぐい根付いてくれる本当に素敵な絵本でした。
    空想の世界、万歳!

    投稿日:2014/05/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 我が家にも植えようかな

    私も子どもの頃、読んだ記憶がある絵本です。
    挿絵の雰囲気がとても懐かしいです。

    主人公のかおるくん。
    大きな木があったらなぁ・・・・と想像を膨らませます。
    この想像の木。ものすごく素敵なんです!!!
    これぞ理想。子どもには(いや、大人にとっても)たまらないですよね。

    自分の家の庭に、こんな立派なツリーハウスがあったら・・・
    春夏秋冬、いろんなことしていろんな景色を見て楽しめるだろうなぁ・・・
    私もかおるくんと一緒に想像を膨らませてしまいました。

    もちろん、我が息子もこの本にすっかり夢中になりました。
    かおるくんがマテバシイの苗木を植えるシーンを見て。
    「マテバシイってどんぐりのなる木だよね!うちにも植えたいなぁ・・・」
    ですって。
    今植えても、ツリーハウスが出来るくらいに大きく育つのはいつになるかわからないけど(笑)
    でも、植えてみるのもいいかな、って思いました。

    夢がふくらむ素敵な絵本です。

    投稿日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 好みを押し付けてしまった私・・

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    何年か前、幼い頃夢中になったこの作品に久々に再会。
    かおるの想像する大きな木に何度あこがれたことか!
    自分でもびっくりするほどドキドキして、
    まるで憧れの人に出会ったような感覚でした。
    喜び勇んで息子に読んでみましたが、思ったような反応が得られない!
    ショックから立ち直れない時期がありました。
    なぜ?こんなに素敵なお話なのに・・。
    それからは、私からはこの本を開きませんでした。

    が、最近息子はこの作品を引っ張り出し、
    ページをめくるようになりました。
    そして「幼稚園の木、まだ登れるかなあ」と。
    私ははっとしました
    当時の息子は幼稚園にある木に毎日のように
    登っていて、そこは自慢のお気に入りの場所でした。
    そこよりも、もっともっと素敵な場所(かおるの木)の想像なんてしたくなかったのかも・・。
    今、懐かしさも込めてこの作品を手にしている息子を見て、
    たとえ子供であろうとも相手の気持ちを汲み取らず、
    自分の好みだけを押し付けようとしていたわが姿を反省しました。
    昨夜は二人でどんな木が欲しいかを話しながら就寝しました。
    私にとって、幼い頃のみならず、大人になっても印象深い作品です。

    投稿日:2006/06/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • まさに木がほしくなる絵本

    大きな木がほしいと思うかおるくん。
    大きな木があったら、はしごをかけて、上に部屋を作って…
    春になったら、夏になったら…と想像は尽きません。
    お話は少し長めですが、想像の世界に入るとちっとも長く感じません。
    これを読むと、ほんとに大きな木がほしくなります。
    1本の木でこんなに想像が広がっていくのが楽しいです。ストーリーのラストも子どもに希望をもたせる感じで素敵だなと思いました。
    おすすめの1冊です。

    投稿日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 台所の前の張り出した屋根(軒)が好き

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「大きな木がほしい」はいつ読んでも素敵なお話ですが、私は読み手としてやっぱり新緑の季節に読みたく
    なります。
    子どもの頃から大好きな作品ですが、近いうちにお話会で使いたいなと思って、本当に久しぶりに読み直し
    ました。
    何度読んでもいくつになっても、やっぱりこの作品の世界は素敵だな〜と思いました。
    とても40年以上も前に作られた作品とは思えません。

    佐藤悟さんの夢のような《大きな木》の話に、佐藤さんとのコンビも長い村上勉さんの挿絵とで、素晴らしい
    コラボを魅せてくれています。

    この、大きな木にかけられた梯子も素敵ですが、
    ぼくに部屋の台所の前にいい感じに張り出している黄色と白(少し奥にピンクと赤の縞々のもあります)の
    出窓のような屋根(軒?)が、子どもの頃から私のお気に入りのアイテムです。

    少々文章は長めですが、とても夢のある素敵なお話なので、聞き手はそんなに長いものとは感じないんじゃ
    ないでしょうか?4,5歳くらいから小学校中学年くらいまでお薦めです。

    投稿日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 空想の力

    • のきこさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子6か月

    わたしの住んでいる市では、記念樹として、蜜柑、ブルーベリー、柿の中から好きなものをくれます。
    柿は既に実家にあるし、ブルーベリーはちょっと樹として物足りないのでは、と思って蜜柑の木をもらいました。アパートでは、植えられないからと実家に持っていく予定でした。
    それが・・・なぜかまだアパートのベランダに。
    一旦は葉が全部落ちてしまって、枯れてしまったかと思って慌てたけれど、どうやらまた若葉が芽吹いてきました。
    結構生命力が強いのが感動的です。


    木、というと「おおきなきがほしい」の絵本を思い浮かべます。

    「おおきなきがほしい」(さとうさとる)



    自分が子供の時にも読んで、今読んでも楽しい絵本のロングセラー。
    話は、単純で、主人公のかおるが、「こんなきがあったらいいのになぁ」とただひたすら空想を広げていくだけ。でも、それが読んでいる人間にとても楽しい。
    木にはしごをかけて登っていくと、そこには秘密基地のような自分だけの小屋が。小屋の中ではホットケーキだって焼くことができます。お客さんは、せみやとんぼ、りすや小鳥。妹だって入れてやってもいい。

    かおるは自分の空想をお母さんに聞かせ、お母さんはそれを微笑ましく聞いているけれど、妹が大きくなって、妹にも聞かせるようになったら、また面白いかもしれない。空想の中のことなのに、その内容で喧嘩が始まったり。
    そんな場面が眼に浮かぶようです。

    ラストは、そんな夢を実現すべく実際に木を植えて水やりをしている場面で終わります。お話としての体裁からはあった方がいいけれど、なくても構わない。なんといっても、圧巻は、こんなきがほしいという空想の中身に魅力があるので。

    この絵本を読むと、空想の持つ豊かさとその力に感動させられてしまいます。自分の夢を描けるってこんなにも素晴らしい。

    「ふしぎなきいろいながぐつ」もそうだけれど、佐藤さとるさんという作家は、日常生活のちょっとした不思議をすくいあげて作品に仕立てるのが、とても上手な人なんだと思います。


    そして、この本は、読んだだけでは終わらない楽しみがあるのです。

    読み聞かせをした後、自分だったらこんなきがほしい、と絵にする楽しみがあるのです。ひとりで描くのもいいし、誰かと一緒に描くのもいい。それこそ、強制されないでも喜んで自分だけの木を描いてくれることと思います。

    私自身は、絵を描きこそしませんでしたが、絵本の木の絵を全部カラーコピーして、縦に繋ぎ合わせてみました。繋げると壮観でなかなか楽しめました。



    いつか、自分の子供のために、将来木登りができるような大きな木を植えてあげて、この本を読み聞かせてあげるのが今から楽しみです。
    でも、その楽しさが分かるのもまだまだ先のことだなぁ。

    取り敢えず、ミカンの木が枯れないうちに実家に植え替えるのが先決でしょうか。

    投稿日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    1

116件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / さっちゃんのまほうのて / うんちしたのはだれよ! / じゃあじゃあびりびり / あっちゃんあがつく たべものあいうえお / だるまさんが / ダーウィンの「種の起源」

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット