アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ロージーのおさんぽ」 みんなの声

ロージーのおさんぽ 作:パット・ハッチンス
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1975年08月
ISBN:9784032022100
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,182
みんなの声 総数 77
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

77件見つかりました

最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 次の10件 最後のページ
  • きつねさんがちょっと可愛そう・・・

    めん鳥のロージーがお散歩に出かけ、その後をきつねが狙って付いて行くお話なんですが・・・。きつねはロージーを捕まえるのにことごとく失敗して、痛い目にあったり、池に落っこちたり、最後ははちの大群に追いかけられてしまいました。
    そんな事には全く気づかず優雅にお散歩を楽しんだロージー。
    なんだかきつねに同情してしまいました。
    文章がとても少ないので「どっす〜ん!」「ぼっちゃ〜ん!」
    「あららら・・・」などと擬音をいっぱい加えて読んであげると楽しいですよ!

    投稿日:2002/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 農場の何気ない一こまがユーモラス

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     お散歩に出かけるにわとりロージー。彼女を追いかける狐。弱肉強食、自然界そのままの想定に、何も知らないにわとり、獲物を食べたい狐が登場し、それぞれ本能のうちに行動します。(案外とロージーは狐の存在を知っていたのかもしれませんが…)。その自然体でのやりとりが何ともユーモラス。(うちの庭でも似たような光景が見られます。リスを追いたい愛犬スクーター、でもリスはすばしっこく逃げ回り木に登ってしまいます。)英語だと前置詞のいい勉強になる絵本。ハッチンスのヨーロッパ的なイラストも魅力です。

    投稿日:2002/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神のごかごってこういうことカモ。

    • 佐保姫さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子1歳

    にわとりのロージーがお散歩。
    でも、最初からずっとキツネが狙っています。
    ところがキツネは不運続き、鋤にぶつかったり、鉢においかけられたり。ついにはロージーどころではなくなって逃げていきます。そんなこととは知らないロージーは、晩ごはんに間に合ったなんてのん気なことを言いました。

    本人は全然知らないところで、たくさんの危機から救われている。だから、その幸運に感謝することもない。
    実はみんなの人生もこんなことかも。
    気付かずに「不幸」だと思っているのかもしれない。

    キツネの説明は文字では一切なく、絵で理解していく。
    絵を読む絵本。
    最後までどうなるかハラハラしながら読める。
    娘もユーモラスなキツネの表情が好きなよう。
    理解できるか心配でしたが、意外にも好きでした。

    投稿日:2002/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵をじっくり読もう

    めんどりのロージーのお散歩を、きつねがじっとねらっています。ことばでは1回も表現されていない「きつね」ですが、絵がみごとに語っています。繊細な絵なので、近くでじっくり見てください。読んであげていると気付かない描写も、子どもは絵の隅々まで見て意外な発見をしたりします。子どもの洞察力は侮れませんね。

    投稿日:2002/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の力

    子供が幼稚園の時、毎週借りてきた本です。子供はつぎになにがおこるかわかっていても、くるぞ〜くるぞ〜という感じでページをめくり、おかしそうにわらっていました。ロージーはほんとに災難というかんじですが、その災難がおもしろいんでしょうね。
    文章もない単純な感じの絵本ですが、子供心をがっちりつかんでいるようです。

    投稿日:2002/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねさん かわいそう??

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    この絵本は文章がほとんどありません。だから反対に読んであげるのは難しいのかな・・・と思っていました。でも、子供は字が読めない分、絵をみてストーリーを理解していくのであまり心配はいりませんでした。にわとりのロージーがおさんぽに出かけました。それをかげから狙うきつねがいます。きつねはロージーの後をついていきますが途中で干し草に埋まってしまったり、粉をあたまからかぶってしまったり、最後には・・・とっても面白い展開になるんですよ。子供といつも大笑いしています。結局ロージーはなにもきずくことなくお家に帰るのでした。

    投稿日:2002/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味をそそられる挿絵

    めんどりのロージーがおさんぽに行って帰るまでのお話しなです。一ページずつクローズアップされたような絵でお話も1行位なのでお母さんが絵を見ながら言葉を付け足していくことが出来ます。色使いは単調ですが、それがかえって子供には見易いようです。まだ、ストーリーは分かってないようですが、自分なりに絵を見ながらいろいろお話してくれます。外国ものなので、絵がちょっとリアルなのが私はあまり好きではないのですが・・・。

    投稿日:2002/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

77件見つかりました

最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(77人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット