わんわん わんわん」 パパの声

わんわん わんわん 作・絵:高畠 純
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1993年
ISBN:9784652040096
評価スコア 4.41
評価ランキング 11,345
みんなの声 総数 98
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動物たちが、それぞれ好き勝手に啼いているように見えて、何を話しているのか、何を感じているのか、伝わってくるような絵本です。
    イヌ、ネコ、ブタ、ウシ、ニワトリ、ヤギと現れて、好き勝手に啼いているように思えて、声の強弱、声の順番で、妙に会話が成り立っているように思いました。
    そして、突然のゾウ、ゴリラの登場で、固まってしまった動物たち、通り過ぎた後の慌てよう、何を言っているのかは書いてないけれど、何となく想像ができてしまうのもうれしいですね。

    投稿日:2016/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物オンパレード

    まず、まずタイトルに魅かれて、
    そしてレビューでの評価も高かったので購入しました。

    最初に、イヌがわんわん
    そしてネコが、ブタが、と増えていって、
    どこまで、増えるのかなーっと楽しみにしていると
    ヒツジが出てきて、いわゆる国内でなじみのある
    家畜類が勢ぞろい(イヌ・ネコは家畜ぢゃない?)
    さらには、バラバラに鳴いたり、輪になったり、と
    やりたい放題。
    この先どうなるのかな?と思った矢先に一瞬の静寂・・・。
    そして、意外な動物の登場!!

    と、絵もシンプルでかわいいし、ストーリー性もあって
    まるで良質な短編アニメか、
    音楽のないミュージカル?を見ているような
    錯覚におちいりました。
    もちろん、各動物の鳴き声の演出は、
    読み手(おとーさん、おかーさん)の力量が試される
    ところなんですけどね。(汗)

    (うちの娘はそんな変な?父親の鳴き声に喜んでくれましたが。)


    ちなみに、
    ブタが「ブーブー」ではなく、「ぶひっ ぶひっ」
    ニワトリが「コケコケ」ではなく、「クワッ クワッ」
    ヤギが「めえ〜」ではなく、「めへー めへー」
    と表現されているのに、作者のこだわりを感じました。
    いい意味で。
    あと、ひらがなとカタカナのつかいわけ、とかにも。

    投稿日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(98人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット