新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ

わんわん わんわんふつうだと思う みんなの声

わんわん わんわん 作・絵:高畠 純
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1993年
ISBN:9784652040096
評価スコア 4.41
評価ランキング 11,332
みんなの声 総数 98
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプルで、いい。

    言葉を覚える前の、赤ちゃんにちょうどいい絵本。
    動物と、その鳴き声をワンセットで楽しめます。
    配色も、はっきりしたビビッドな色合いなので、子供の目にはとても分かりやすく見えることでしょう
    まるでミッフィーのような配色なので、うちの子供も気になって手に取ったんだと思います。

    投稿日:2021/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳴き声だけ!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    全ページためしよみで読みました。

    動物の鳴き声だけで絵本が出来ることにびっくりしました。
    登場する動物達も子供に馴染みのある動物ばかりで赤ちゃんが読むのにぴったりだと思いました。
    うちの子達はこの絵本を見たらどんな反応をするのか気になります。今度、読んでみようと思います。

    投稿日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なきごえにぎやか 受賞レビュー

    犬をみてわんわんというようになった子どもによんでみました。犬、猫、ウシ、とどんどん動物がふえていき 色んな鳴き声でいっぱいに。本物の動物のなきまねをしてみたり、低い声でよんでみたり、いろいろかえてみると更に楽しくなりました。シンプルな内容なので小さい子にぴったり。わんわん以外にも いろいろな動物に興味をもつようになりそうです。

    投稿日:2016/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやか。

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子9歳、女の子5歳

    最初から最後まで、動物達の鳴き声だけなんです。
    なんと大胆な絵本なんだろう!と思いました。

    いぬ、ねこ、にわとり、うし・・・。一匹ずつ増えていき鳴く動物達。
    そこに登場したのはゾウ。そのあとをゴリラが追いかけていくのを唖然として見送る動物達。

    そしてまたみんなで鳴きあう・・・。

    ナンセンスだけれど、理屈じゃないんでしょうね。
    子供は食いつきそうです。

    投稿日:2016/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな鳴き声

    犬、ねこ、うし、豚、にわとり・・・。たくさんの動物たちの鳴き声が満載の絵本です。鳴き声だけの絵本なので、読み手の力量が問われます。とはいえ、ママが楽しそうに色んな鳴き声をするだけで子どもは喜ぶもの。声の大きさ、抑揚の付け方など、いろんな工夫ができるので、普通の絵本とはまた違った楽しみ方ができると思います。ページにどんどん動物が増えていくのもおもしろいです。

    投稿日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み方なのかしら

    ユニークな本だなぁと感じ、
    0歳の時から図書館で借りて読んでいました。
    息子は始め興味は示すものの、読み始めると反応も薄く、
    違う読み方もしてみましたが、ピンとは来ず・・・。
    1歳過ぎて動物を指して名前はいうものの、
    読んでもリピートはなし。
    文字の大きさや配置などで読み手の読み方を
    示しているようで考えられているなあと感じましたが、
    息子の好みではなかったようです。

    投稿日:2012/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の鳴き声

    • ぷぴさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子1歳

    いぬがでていて わんわんわん
    いぬさんとねこさんがいて わんわん ニャーゴニャーゴ
    といったように動物がどんどん増えて鳴き声も増え、
    だんだんにぎやかになっていきます。

    こどもが大好きな擬音ですが、うちの娘の興味はうすく
    あまり読もうとしませんでした。

    投稿日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルに思わず手に取りました

    • 15さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

    わんこのお話かなと思って、手に取ったのですが、いろんな動物が出てくる絵本でした。
    見開き片側のページに動物の絵、もう一方に動物の鳴き声が書かれています。
    鳴き声の活字の大きさが工夫されていて、声が小さくなると活字も小さくなり、声が大きくなると活字も大きくなります。
    遊び心のある絵本だと思います。
    ストーリーは無いですが、ユーモアのつまった絵本です。

    投稿日:2009/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    鳴き声のみで、絵をみて自分でお話を作るのかな?
    ちょっと苦手な絵本でした^^;

    子供たちは一緒に泣き声をマネしたり、鳴き声を聞いてその動物を探して指を指したりして楽しんでいました。

    最後は「??(シーン・・・)!?」と頭の上に?が浮かぶくらい・・ちょっと謎・・・。
    リクエストも少なく数日で返却となりました。

    この絵本、赤ちゃんの方が楽しめるのかも!?

    投稿日:2007/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと 読みづらかったです。

    色んな動物が登場しますが、動物同士でおしゃべりしているがごとく、
    「わんわん」「めへーめへー」「ぶひっぶひっ」
    と、鳴き声だけで作られています。
    それぞれの擬音がうまく表現されているなあと感心しました。
    でも、読み聞かせとなると、ちょっとストーリー性が全くないので難しかったです。
    娘たちの「…でどうなるの?」という問いに答えられなくて。

    投稿日:2006/12/30

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(98人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット