新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

きょうはみんなでクマがりだふつうだと思う みんなの声

きょうはみんなでクマがりだ 再話:マイケル・ローゼン
絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1990年
ISBN:9784566002876
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,071
みんなの声 総数 72
「きょうはみんなでクマがりだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うーん、なぜこういうシチュエーションなのか・・・

    5歳の息子に読んでやりました。本のはじまりからいきなり家族でクマ狩りにいくことに。なぜ???というはてながいっぱい飛び交いながら読み進めることになり、テンポのいいリズムで淡々と進んでいきます。途中「いい天気だ」といっておきながら「ふぶきのなか」とちょっと!と突っ込むシーンもありましたが。いったいこのパターンがいつまで続くの?と思ったら急にクマ登場。やっと見つかったとおもったのに・・・なぜこの結末?

    結局クマ狩りのいきさつもそれに不釣り合いな結末とはてながさらにいっぱい飛び交う絵本で、息子とも?と見合わせてしまいました。海外作家さんのものなので、なにか言われがあるのでしょうか。ちょっと日本にはなじみにくいものだな、と思いましたね。わらべうたみたいなものなら理解もできますが・・・。

    投稿日:2013/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって! / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット