話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

七ひきのぶたのバラードなかなかよいと思う みんなの声

七ひきのぶたのバラード 作:ヘルメ・ハイネ
絵:おおしまかおり
出版社:佑学社
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年
ISBN:9784841605174
評価スコア 3.25
評価ランキング 47,487
みんなの声 総数 3
「七ひきのぶたのバラード」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ハイネが絵の中で出会った不思議

    七ひきの ぶたのバラード   ヘルメ・ハイネの夢の世界ですかね

    森の絵の中に 七ひきのぶたは走り回って遊びまわっている この発想がおもしろいです
    キャンバスの中に入るというのも ハイネの夢かもしれませんね

    森ばんをかいて てっぽうで いち に さん し ご ろく なな 
    七ひきのぶたは おだぶつ

    なんともおもしろいんです
    そして ぶたの丸焼き    
    ハイネは ぶたを美味しそうに食べています

    でも・・・ぶたを食べた後  かわいそうなことをしたとねむれない
    良心の呵責かな?
     
    夢だったのかな?
    ハイネのちかい 絶対に 絵にブタを描かないぞ!

    なんだか笑えてきます   
    このおはなし バラードなんですって・・ 

    投稿日:2014/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の中に飛び込むハイネ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    お話を読んでみると題名にうなづいてしまいます。
    絵かきのハイネが描いたカンバスの森で、七匹のいたずらぶたが走り回って・・・。
    ハイネというのは作者本人なのでしょうか。
    何だかリアリティを感じてしまいます。
    シンプルな展開なのですが、不思議な読後感が残ります。
    表紙や裏表紙の裏に描かれた、数々のぶたたち。
    作者の、このぶたたちへの愛着が伺えます。
    最後の最後での絵が暗示的ですものね。
    そういえば、裏表紙の絵も何やら意味ありげ。
    余韻の残るバラードです。

    投稿日:2008/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット