しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

かようびのよる」 せんせいの声

かようびのよる 作・絵:デヴィッド・ウィーズナー
訳:当麻 ゆか
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784198611910
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,080
みんなの声 総数 102
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 字なんていらない

    初めてページを開いた時から、はまってしまいました。
    文字のない絵本。でも、頭の中で言葉が次々に沸いてくる。
    それも「うわ〜お!」とか「やっほ〜っ!!」「うっ!?」「よし、いくぞ〜!」「急げ」「フムフム」なんていうボキャブラリーなさすぎと思える言葉ばかり。
    火曜日の夜、空に飛び立つカエルたちの姿がとにかく楽しい。最後のページがまた最高!このお話はきっとエンドレス。
    文字を追って絵本を読むのは大人だから?子どもはきっと絵からの発見を楽しんでいるんだと実感できる絵本です。

    投稿日:2006/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み聞かせを行いました

    不定期ですが、保育園で火曜日限定で読み聞かせている(見せてるだけ!?)絵本です。

    出欠確認の時、同時に今日の日付と曜日を教えるんですが、それが火曜日ですと、子どもたちは「あ!かようびのよるや!!」とおおはしゃぎです。

    内容は見てもらえばわかりますが、火曜日の夜に不思議なことが起こるのです。
    字が少ない分、じっくりとページを見開き、無言で子どもたちに見せているんですが、みんな隅々まで絵をながめています。

    いつしか火曜日という概念が「かようびのよる」という概念に変わってしまうほど、子どもたちが大好きな絵本です。

    投稿日:2004/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアルな絵の力

    このリアルな絵には圧倒されます。そして奇想天外な話の展開には、子供から大人まで夢中になること間違いなしです。子供たちの大好きなカエルさんが、しらっーとした顔してお空を飛ぶんですもの。思わず何度も読み返してしまう非常に魅力的な絵本です。

    投稿日:2003/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おだんごぱん / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じごくのそうべえ / ペンギンたんけんたい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット