話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

タンタンタンゴはパパふたり」 みんなの声

タンタンタンゴはパパふたり 作:ジャスティン・リチャードソン ピーター・パーネル
絵:ヘンリー・コール
訳:尾辻 かな子 前田 和男
出版社:ポット出版
税込価格:\1,650
発行日:2008年04月
ISBN:9784780801156
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,316
みんなの声 総数 9
「タンタンタンゴはパパふたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かぞくのかたち

    おはなしかいで読みました。これは実際にニューヨークの水族館であったことだそうです。
    絵本を通じていきものたちの生態を知るのは子どもにも、大人にとっても理解しやすく親しみのわくことだと思います。ペンギンたちが決まったペアで卵を温めることは知られていることですが、オス同士でもペアになることがあるんですね。
    今は子どもたちの周りにも同性同士のカップルもめずらしくなくなっています。アメリカではクラスメイトの両親が同性同士(養子)ということもあるようです。こういった絵本を通じて、いろんな家族のかたちがあることをみんなが自然に受け入れられるようになるといいなと思いました。

    投稿日:2018/05/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 男通しの家族が、ペンギンの世界にもあることに驚きました。
    でも、自分たちが親になれないことは、間違いありません。
    可哀想に思っていたら、飼育員さんの粋な計らいで、ひなが産まれました。
    卵を温めるのを放棄してしまう親もいることに、ペンギンの世界の複雑さを感じつつ、タンゴ家族の素晴らしさに感動しました。

    投稿日:2017/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 実話とのこと

    絵はとてもシンプルで温かみもあり素敵です。タイトルは、え?どういうこと?と一瞬感じるものですね。人間社会で最近話題になることも多く、知らなかった人たちにも理解が広まりつつあるLGBT+のテーマかなと想像しました。実話と知って、人間だけでなく動物にもこのような生き方ができるとに驚きました。

    投稿日:2021/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • セントラルパーク動物園での実話です

    男の子ペンギンのロイとシロが、お互いに愛し合い、他のカップルの卵を二人で温め、卵をかえし、お父さんになったという物語。
    これが、セントラルパーク動物園での実話というから驚きです。
    同性愛って、なかなか子供に伝えるには難しいですが、ペンギンだと、そんなこともあるんだねと、人間よりも、違和感なく伝えられるように思いました。

    投稿日:2021/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 話題になっている絵本と聞いたので、よんでみました。オス同士がつがいになったペンギンのお話です。実話としって、おどろきました!すてきな家族の絆です。ペンギンたちをとおして、子どもたちが、色々な家族があることを知ることができるお話だと思います。

    投稿日:2020/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族のかたち

    本当にあったお話なのですね。こういうかたちも、だんだんと認められる世の中になっていると思います。ペンギンの世界にもこういうことってあるのですね。自然と受け入れやすい絵本から伝えていくのもいいと思います。これからも読み聞かせに取り入れたい絵本です。

    投稿日:2020/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話でした

    この絵本は本当にあったお話だそうです。オスのペンギン二匹が協力して親のいなくなった卵を育てるって言うお話でした。私はあとがきを見るまでは想像のお話だと思っていたので、実話だって知ってとってもビックリしたのと、とっても素敵なお話だって思いました。

    投稿日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 性別を超えて

    最近動物園でペンギンをたくさん見たせいか
    娘が自分で選んだ一冊です。

    読みながら本当にびっくりしました。
    ペンギンの世界のジェンダーフリーのお話。
    ペンギンのオス同士のカップルが、
    育てることを放棄されたたまごを温めて孵化させ子育てまでした実話の絵本です。

    この話を人間でしたなら
    けっこう生々しい感じになったかもしれませんが
    ペンギンの、それも実話ということで
    とてもほのぼのとした、それでいてさらっとした絵本にしあがっていました。

    娘はただ成長していくペンギンのお話として、
    とても楽しく読めたようです。
    奥の深い、お話のもう一面を読み取ってくれる日はいつかなー。

    投稿日:2009/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもナチュラル。

    オス同士のペンギンカップルの、微笑ましい話。
    実話だということで驚きました。

    いろいろな個性を、偏見なく受け容れられる人間に育ってほしいので、
    こんな本を読んであげるのもありかな、と思って選んだのですが、
    同性愛を、嫌味なくほのぼのと描いていて、
    子どもにも違和感なくお話の良さが伝わったようです。

    投稿日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって! / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット