季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ちへいせんのみえるところ」 せんせいの声

ちへいせんのみえるところ 作・絵:長 新太
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:1998年
ISBN:9784939029011
評価スコア 4.26
評価ランキング 18,550
みんなの声 総数 22
「ちへいせんのみえるところ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人が見ても、さっぱり意味がわかりません。
    最初に、地面に男の子の顔だけ出てきたときは、ホラーみたいで少し怖かったです。
    地平線であり、水平線でもある線から、いろんなものが出てきます。
    子どもたちには好評でした。
    子どもにしかわからないツボがあるのだと思います。
    私はもう、頭が固くなったのかなぁ……

    投稿日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • どう読もうかしら?

    そのタイトルからはおよそ想像もつかない内容です。
    ひたすら「でました」が続きますが、何とも愉快です。
    本当に長さんの頭の中はどのようになっているのかしら?
    と思います。それぞれのページの描写はとても細かいのです。読み手の楽しい気持ちを前面に出して、読みたいものです。

    最近、絵本の読み聞かせをしていて特に感じることは、保育
    現場での読み方と、家庭など個人的な読み方の区別をつけた方がいいのではないか?ということ。特に年齢が低いほど一対一の読み聞かせの時間を大切にしたいもの、と感じていることです。
    では、この絵本は…。

    投稿日:2006/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット