宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

11ぴきのねこふくろのなか」 みんなの声

11ぴきのねこふくろのなか 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年12月
ISBN:9784772100717
評価スコア 4.74
評価ランキング 879
みんなの声 総数 124
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

124件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ニャゴ、フンニャーーー!

    子供のころ読んだ記憶が。でもどんなお話だっけ?
    実家に残っていたので子供たちと一緒に読みました。

    そうそう、こんなお話だったー!

    遠足に出かけた11ぴきのねこたち。
    道すがら、立て札に書かれた禁止事項をいちいち破っては進んで行きます。
    そして最後に、「袋に入るな」と書かれた立て札が。
    もちろん無視して袋の中へ。
    しかし、なんとこれは恐ろしいかいぶつのウヒアハの罠だったのです。

    ダメと言われると、破ってみたくなる・・・。
    そんな心理を楽しく描いた作品だと思います。
    また、その心理を突いてねこたちはウヒアハを撃退します。
    うまい。

    物語のラストでは、また立て札が。
    ねこたちは、その立て札をどうするのでしょうか?

    一時期我が家では立て札ブームがありました。(なんのこっちゃと思われそうですが。笑)

    投稿日:2018/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児期によく読んだシリーズ。

    「11ぴきのねこシリーズ」は,我が家の娘は幼稚園時代に何度となく読んできたシリーズ絵本です。
    今回,小学2年生になった娘がこちらの絵本を一人読みしました。
    懐かしさと親近感で楽しんで読んでいました。
    11ぴきのねこ,やっぱり憎めませんね(笑)。

    投稿日:2018/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっちゃいけないことって魅力的♪

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    11ぴきのねこシリーズの中でも
    教訓度が高い一冊だと思います。
    やっちゃいけないって言われていること
    って、言われれば言われるほど
    やりたくなる。もともとやりたいことでは
    なくても。こどもたちは『わかるわかる!』と
    共感しながら、楽しく聞けるんじゃないかな。
    ついつい、悪さがすぎたり、ずるがすぎたりする
    ねこたちで、それも魅力のひとつですが
    今回の本では、ねこたちに対するモヤモヤもなく
    スッキリとした展開と終わり方が特徴だと思います。

    投稿日:2018/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供ごころをくすぐる

    他の「11ぴきのねこ」がとても面白かったので、読んでみました。
    題名から、どんなお話か想像できませんでしたが、とても子供ごころを理解しているんだなと思いました。
    「○○してはいけない」と言われればしたくなる子供ごころ。
    そのまま行動するとどうなるか、ということをユーモラスに教えてくれる絵本です。
    「11ぴきのねこ」シリーズは本当に面白いです。

    投稿日:2018/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • やってはいけないといわれると…

    • キールさん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    「花を摘んではいえない」
    「木に登ってはいけない」

    など、やってはいけない看板を見ては、やってしまう11匹の猫。
    やってはいけないといわれるとやってしまう心境は息子くらいの年齢にありそうなことだなぁと思って読んでます。

    やってはいけないと書いてあるのにやってしまって、大変な目に遭うというストーリーはルールを守ることの大切さを教えるツールとしてもとてもいいなと思います。

    登場人物がユニークでとても楽しんでくれます。

    投稿日:2017/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことにへこたれない

    はなをとるな、はしをわたるな、きにのぼるな
    こんな立て札をことごとく無視して進む11匹
    最後の「ふくろにはいるな」でウヒアハの策略に見事にはまってしまいました。
    毎日働かされ、へとへとのねこたちですが、
    こんなことにへこたれないのですね。
    今度はねこたちが作戦を練って怪獣をやっつけます。
    ちょっとざんこくじゃあないでしょうか。
    帰りは、立て札を無視しなかったですね。

    投稿日:2016/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • よいこのお手本

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    その気持ち、分かります。ダメって言われたらやりたくなっちゃう。言われなかったらそんなことしようなんて思わないのに。ことごとくダメ!をやってしまう11ぴきが楽しいです。
    11ぴきをつかまえた怪獣の名前「ウヒアハ」が息子には面白かったみたいで気に入っていました。ローラーひきをやってる姿は部活?と思えてきて私は笑えました。このままウヒアハの家来としてここにいるのかと思ったら、さすが11ぴきでした。まんまとウヒアハをだましてやっつけてしまいました。
    最後は、道路を「わたるな」をきちんと守った11ぴき。よいこのお手本にもなりました。

    投稿日:2016/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいのかな・・・とハラハラ

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    『はなを とるな』と書かれていても
    1つくらい・・・と取ってしまう

    『木に のぼるな』書かれていても
    気にせず木の上でお弁当を食べてしまう

    おきて破りの連続に、見ている子ども達も『えーっ!』と複雑そうな顔。
    苦笑いをする子も!

    驚きの展開にドキドキするものの、11ぴきのねこたちの団結力はさすが!!と思わされます☆

    投稿日:2016/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダメっていわれるとしたくなる

    この絵本の色彩感覚が好きです
    育児書にはダメっていう言葉はよくないとありますが
    ついついダメって言っちゃいますね
    だって世の中は子供にとってダメな事があふれていますもの。。。
    ダメな事だからこそやってしまいたくなる
    そんな子供の心理をついた痛快なストーリー

    投稿日:2015/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長したじゃん、11ぴき!

    11ぴきのねこシリーズにどハマリ中の5歳の息子。

    馬場のぼるさんの世界は、おとこのこたちが魅かれてやまない世界ですね。
    ウヒアハという”ばけもの”がでてくるのですが、ウヒアハ、ウヒアハ。。
    声に出して読むだけで笑ってしまいます。
    姿もけっこうおしゃれさんでかわいいのですよ。(読んでからのお楽しみです)

    だめ!といわれると、したくなる心理。
    みんなで知恵をだしながら協力することの達成感。
    ユーモアいっぱいのドタバタ劇で、いつも懲りない11ぴきですが、
    ラストに成長した姿がみれて、なんだかほっこりした作品でした。

    投稿日:2015/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

124件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / キャベツくん / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / かいじゅうたちのいるところ / おたすけこびと

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(124人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット