新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

二年間の休暇自信を持っておすすめしたい みんなの声

二年間の休暇 作:ジュール・ベルヌ
絵:太田 大八
訳:朝倉剛
出版社:福音館書店
税込価格:\2,530
発行日:1982年04月
ISBN:9784834001334
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,993
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この夏挑戦

    息子にいつか読み聞かせしたいと思い、この夏挑戦しました。

    500ページを超えていてなかなか終わらず、一か月以上かかりました。

    最後までハラハラさせられるところがあり、読み応えがありました。最後の50ページは一気に読み聞かせしました。

    私も子どもの頃に何度か読んだのですが、抄訳でした。だからこの長さで読むのは初めてです。

    子どもの頃、登場人物の中ではブリアンが好きだったのですが、大人になってから読んでみると、ブリアンが好きになるような描かれ方をしてますね。

    ベルヌがフランス人ですから、フランス人のブリアンに感情移入しているのでしょうね。

    この本を読んでいる途中で、少年たちが無人島での愛読書にしていた「ロビンソン・クルーソー」を息子が読んでほしいと言って借りて来ました。

    ロビンソン・クルーソーの短絡さに比べると、この十五人の少年たちの思慮深いこと。

    無人島での生活や友情、長く読み継がれている本だけに、読み終わると相当な手ごたえがありました。

    投稿日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 読み応えがありますね。

    非常に読み応えのある児童書に思います。
    こういう本を時間のある小学生のうちに読んでほしいなぁと思った次第です。
    ドキドキハラハラ、もし自分がこの場の一人だったらどんな提案と行動をするだろうか、読み手も色々考えさせられるのではないでしょうか。

    投稿日:2021/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット