新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

わんわんにゃーにゃー」 ママの声

わんわんにゃーにゃー 作・絵:長 新太
しあげ:和田 誠
出版社:福音館書店
税込価格:\880
発行日:2008年06月
ISBN:9784834023466
評価スコア 3.89
評価ランキング 44,702
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • これはいけません

    4ヶ月の娘に読んでやりました。様々な音やオノマトペでつづった本を探していたのですが、この本はいけません。たしかに犬と猫の鳴き声でつづられているのですが、猫を犬が食べてしまい(正確には猫が犬の口の中に入っていく)、そして犬の鼻の穴から猫がでてくる。これを娘はどう捕らえたのかわかりませんが、これからいろいろなものを見せてあげようという矢先にこの絵はいけませんねー。思わず閉じちゃいました。分別がつくようになれば差し支えないのかもしれませんが、冗談にも笑えないと思いました。

    投稿日:2011/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何事もなかったように

    長新太さんも和田誠さんも、どちらも大好きな作家さんなので、嬉しくなりました。
    左から犬がわんわんとなき、右からねこがにゃーにゃーとなきます。
    しばらくはにらめっこが続くのですが、あっと驚く展開に。
    でも最後は何事もなかったように「さようなら」と別れるところが、最高!
    意味不明だけれど、難しいことを考えずに、単純に楽しむのがいいと思います。

    投稿日:2024/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「わんわん」と「にゃーにゃー」だけで展開される長新田さんらしい絵本。
    子供はケラケラ笑いながら楽しんでくれます。長さんが亡くなった後に和田誠さんが色をつけてできた絵本だそうで、表紙には「和田誠 しあげ」と記載されてます。

    投稿日:2020/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでー?

    読むのはわんわんにゃーにゃーでほとんど終わります。ねこが犬の口の中に入ってしまい、どうなっちゃうの?と思いましたが、出てきました。一瞬おばけになっちゃったのかな?!と心配しましたが、ちゃんと足が出てきて…よくわからないところも、この絵本の面白さなのかなと思います。息子はよく見てくれました(*^^*)

    投稿日:2019/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュールな絵本です

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    絵のタッチはほのぼのしていて、良いのですが、内容に、ちょっと疑問を感じました。わんわんにゃーにゃーと、やさしい言葉で綴られており、2歳の子どもにぴったりなのですが、途中から、犬に猫がたべられるような絵や、うんちとなって?猫がお尻から出てくるような絵があり、子どもも、猫がうんち!と言っています。

    投稿日:2017/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長 新太さんらしい

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    長 新太さん大好きです。
    この本も長さんらしく、意味不明で面白いです。ほえ合う犬と猫。その内、猫が犬の口の中に入ります。全身入ったと思ったら鼻の穴からにゅるっと出てきます。そしてさようならします。
    面白いです。短いので何度も読んであげれるのもいいです。

    投稿日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あー猫が!

    「わんわん」「にゃーにゃー」と繰り返し、犬と猫が寄って行きます。
    長新太さんの作品は、いつも思いもしない方向へお話が進みますが、今回も衝撃を受けるほどの内容でした。
    これは、きっと内容を知らずに読んだほうが、より衝撃的で面白いかと思うので、あえてあらすじは書きませんね。

    こちらの作品は、長さんの亡くなる前ラフスケッチの状態だったものに和田さんの仕上げの手が入って完成されたそうです。
    違和感も感じず、長さんの世界観が壊されることなく、楽しめました。

    投稿日:2011/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいです!!

    長新太さんの、不思議な世界観が、この絵本にも
    存分にあらわされています!!
    登場するのは、1匹の犬と、1匹の猫だけなんですが、
    その2匹が、おもしろいことになっていきます!!
    想像もしなかった結末に、やっぱり長さんはすごいな
    と感心させられました。
    味のある絵は、必見です!!

    投稿日:2011/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が自分で選んだ絵本

    「わんわん」「にゃーにゃー」の繰り返し。繰り返しながら、犬と猫は大変なことに…。ちょっと不思議なお話ですが、犬も猫も大好きな1歳の娘が絵本専門店で初めて自分で選んだ絵本です。
    ことばが「わんわん」「にゃーにゃー」だけなので、読み聞かせするときは声色をちょっとずつ変えるとか、「まぁ大変!」とか読み手の感想を付け加えながら読むとか、工夫してあげると楽しめます。

    投稿日:2010/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんわんとにゃあ

    最初から最後まで「わんわん」と「にゃあにゃあ」だけです。

    娘にはわんわん=犬、にゃあにゃあ=猫って言う事は分かってるんですが、口に入ったり鼻からでてきたりは意味が解らなかったようです。

    私にも面白い所がちょっと解らなかったです。

    投稿日:2009/10/28

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします


えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット