新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼく、あぶらぜみなかなかよいと思う みんなの声

ぼく、あぶらぜみ 作:得田 之久
絵:たかはし きよし
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784834023411
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,469
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • せみの一生

    『ぼく、だんごむし』がとても良かったので、せみの脱け殻集めに熱中し始めた2歳の息子に読みました。

    セミは子どもの期間が長く、成虫になったと思ったらすぐに死んでしまう。そういうことは知っていましたが、この本を読んで、とても勉強になりました!!

    まず、セミが結婚して卵を産むところから物語は始まりますが、セミがどんな風に生まれて、どのくらいのサイズで、栄養をどうやってとり、どう過ごしていて…なんて全く知りませんでした。

    本当に、得田さんのご本は勉強になります。
    昆虫シリーズとして、知られざる虫の生態についてシリーズ化していただきたいです!!(熱望)

    投稿日:2020/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土の中

    貼り絵になっているので、写真絵本とはちがう親しみやすさがありますが、とてもリアルになっています。
    せみは一生のほとんどを土の中で過ごしている様子が、他の虫たちと比較してあるので分かりやすいです。
    それに、地上の人間の赤ちゃんが成長して、幼児になっているので、時間の感覚が分かりやすいと思いました。

    せみの羽化のシーンはとても美しいです。大人が見ても価値があると思いました。

    投稿日:2012/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 観察絵本

    あぶらぜみの一生を描いたお話です。

    幼虫の間は土の中に何年もいるというのは知っていましたが、この絵本を読んでさらに詳しく知る事ができました。
    貼り絵で構成されているので、温かみがあって良いと思います。

    虫好きの子ども達に、是非読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2010/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。和紙がとても味があって手でちぎったような質感がアブラゼミの特徴をとても良く掴んでいてセンスを感じました。自然界の中でどの様に蝉が成長していくのかを分かり易く知ることが出来るのが良いと思いました。土の中の様子もしっかりと描かれているので見やすかったです。

    投稿日:2010/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も学べます

    夏によく耳にするせみの声。
    あの声には、いろいろな思いがつまっていることを、
    大人の私のほうが学べた本でした。
    せみが地上で生きている時間は短いというのは知っていましたが、
    土の中で5回も夏を越しているというのは、本当に意外でした。

    子供にもわかりやすい説明と、イラストで、せみに対する理解がより深まったようです。

    投稿日:2009/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 貼り絵が一味違うよさを演出

    夏真っ盛りの今にピッタリの絵本と思い手にしました。
    息子はセミにちょうど興味を持っているので絵を見て必死にみーんみん!と言っています。
    内容的にはまだ2歳では難しいですが、せみの産まれるまでや、成虫になるまでの過程もわかりやすく描かれておりこれから先せみのことを話すときには役に立ちそうです。

    絵も貼り絵になっていて、いつもの絵本とは一味違う素朴で温かみがかんじられる絵本になっていると思います。

    投稿日:2008/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏だもの 読まなくっちゃ

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    夏=昆虫ってのが男の子を持つ親のイメージでしょうが、
    息子は虫嫌い。
    小さい頃から全然変わっていません。
    でも、やっぱり夏だもの、セミの事も知ってほしくて読みました。
    絵は写真でないので、グロテスクではなかったよう。
    セミの一生がよく分かったようです。

    投稿日:2006/08/08

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも / まあちゃんのながいかみ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット