アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ふんふんなんだかいいにおい自信を持っておすすめしたい みんなの声

ふんふんなんだかいいにおい 作:西巻 茅子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1977年
ISBN:9784772100540
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,436
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 子供をギュッとしたくなりました

    • トヨピさん
    • 20代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子0歳

    キツネの子もクマの子もお母さんのところに帰っちゃって
    一人残されたオオカミの子は大泣き。
    「母さん、俺の小さい時死んじゃったんだよ〜!」
    優しいさっちゃんは「私のお母さんかしてあげる」と言って
    さっちゃんのお母さんにギュッと抱きしめてもらいました。

    読み終わったあと、心がほんわかするような絵本です。
    難しい言葉もなく小さな子にも伝わると思います。
    さっちゃんのお母さんにギュッと抱きしめてもらっている
    オオカミの子の安心した表情に胸がキュンとなりました。

    ぜひ、読み終わったあとはお子さんをギュッと
    抱きしめてあげて下さいね!

    投稿日:2005/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ものすごく鮮明に思い出したのです

    • はらりさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子1歳

    この絵本は今まで私の中で「読んだかもしれない」くらいのランクの絵本でした。でもつい先日ラジオでこの絵本の朗読があっていたのです。ふと聞いていると自分がものすごーく覚えていることに気がついたのです。ストーリー自体がどうなるかはすぐに思い出せないのに、次に出てくる言葉だけは朗読に先立ってどんどん自分の口から出てくるのです!自分でもびっくりしました。おおかみの子の鳴き声まで覚えていました。話が進むと同時にストーリーも鮮明に思い出され、車の中で涙が止まらなくなりました。なんてあったかいお話なんでしょう。潜在意識の中でしっかり私の血や肉になっていたのだと思うと嬉しくなりました。もう少し息子が大きくなったら是非話して聞かせたいと思いました。

    投稿日:2005/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想のおかあさん!

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    もし、私がさっちゃんのお母さんだったら、こんな風に出来るだろうか?
    まさに、理想のおかあさん!です。
    「いーだ!」と、いじわるっぽい口調ばかりのさっちゃんも、物語の最後に、
    ものすごい「優しさ」をみせてくれます。
    にしまきかやこさんの作品の中で、私はコレが一番好きです。

    投稿日:2005/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • さっちゃんもお母さんも素敵

    とっても優しい気持ちになれるお話です。
    お母さんのお誕生日にプレゼントするお花を摘みに行った道で、知り合った動物たち。見知らぬ動物たちを家に入れ、目玉焼きやジャム、スープをふるまってあげるお母さん。

    なにより、「おかあさん、死んじゃったよ」と言って泣くオオカミの子どもに、「あたしのおかあさん、かしてあげるから」と言ってあげられるさっちゃんの優しさ!そして、本当の子どものように抱っこしてあげるお母さんもとっても素敵です。

    投稿日:2004/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいにおい

    主人公のさっちゃん、さっちゃんのおかあさん、そして動物たちの気持ちがやさしく描かれています。「いいにおい」とは、本当はおかあさんの「におい」なのかなと思える、ホッとできる作品です。

    投稿日:2004/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • さっちゃん、とても魅力的

    • サラミさん
    • 20代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子3歳

    にしまきかやこさんの本は、女の子にとってとても親しみやすい位置にあるとつねづね思っていたんですが、この本もそうですよね。そして、おかあさんにあげるプレゼントのために大急ぎでごはんをたべたら顔にいろいろなものをくっつけたまま表に出てしまい、待ち構えていた動物たちに「めだまやきがはしってくる」等と思わせるというたのしい発想!そういう突飛な誤解に驚きもせずさっちゃんが「あたしのいえにいけばまだまだたくさんあるよ」と言い返すところも、暗に『やさしいあたしのおかあさんなら、この子(たち)がいきなりたずねてもきちんと迎えてくれる』という絶対の信頼が見え隠れしているように思えます。
    その信頼は、最後におおかみの子が「おれのおかあさんしんじゃったんだよー」と泣くところでもまた現れます。「あたしのおかあさんかしてあげる」と言って抱っこされることを許可してあげるさっちゃん。でも、だからってさっちゃんとおかあさんの絆はもちろん揺らぐわけがない、そうさっちゃんが信じて疑わないところがかわいいですよね!

    投稿日:2004/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお母さんすてきだな

    1歳の娘の今一番のお気に入りです。
    さっちゃんはお母さんの誕生日にお花を摘みに行くのですが、朝ご飯を急いで食べたので食べこぼしがいっぱいです。
    そんな美味しそうな匂いをさせたさっちゃんが途中で動物たちに会い「味見をさせて」と言われてしまいます。

    動物と人間の女の子という不思議な組み合わせのお話なのですが、ほのぼのとした気持ちにさせられるお話です。
    さっちゃんがとても優しい女の子なのですが、素敵なお母さんに育てられたからなのかなと思ってしまいました。

    投稿日:2003/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのとして暖かい

    さっちゃんが、おかあさんのお誕生日のプレゼントのお花をつみにでかけていきます。でも、朝ごはんの食べ残しが口についていて、そのおいしい匂いにつられて動物たちがやってきた。
    さっちゃんが、家にくるようにいうため、動物たちも一緒にさっちゃんのお母さんのお誕生日を祝うなんともほのぼのした話です。

    投稿日:2003/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の理想のおかあさんです。

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子6歳、女の子1歳

    さっちゃんは、朝ごはんを食べると、口のまわりも、てのひらも、エプロンも汚したまま、急いで出かけました。だって、きょうは、おかあさんのたんじょうび。プレゼントのお花をつみに行くのです。途中で、きつねのこや、くまのこや、おおかみのこに会います。「おまえは めだまやきだな」「おまえは いちごジャムだな」「おまえは とりのス−プだな」「ちょっと あじみさせろよ」などと言われ、「そんなに たべたいなら うちへいってごらん」と言い返します。さて、お花をつんで、うちへ帰ると・・・。
    動物が次々に出てきたり、たんじょうびのお祝いをするお話は、たくさんあるけれど、これはラストがすごくいいんです。
    私も、自分の子供だけじゃなく、子供の友達(どんな子でも)にも、こんなふうに、優しく接することができたらいいな〜。私の理想のおかあさんです。

    投稿日:2002/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達ができたね

    お母さんのために野原に花を摘みに行きたいのでさっちゃんは急いでゴハンを食べて外に飛び出る。口のまわりや服にジャムやスープをつけたままなので、それらのにおいにつられて動物たちがやって来て・・・?
    こころがほんわかする1冊です。

    投稿日:2002/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット