もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ふんふんなんだかいいにおい」 その他の方の声

ふんふんなんだかいいにおい 作:西巻 茅子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1977年
ISBN:9784772100540
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,436
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お母さんがいないこと

    母親の死が出てくる絵本ですが、とても温かくて、母親を亡くした子にも、読んであげて、抱っこしてあげてほしいと思いました。
    おはなし会のボランティアのなかにはで、お母さんがいない子のいるクラスでは、お母さんが出てくる絵本を読まないということを聞いたことがあります。そのことの是非は、そのクラスの状況により、一概には考えられないですが……私は、それでいいのかな?と思っています。

    投稿日:2018/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやしこの、甘えん坊も・・・

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     娘お気に入りの一冊。
    なにより、すぐともだちができるストーリーと、自由なタッチでくっちゃらくちゃらした絵が、たまらなく楽しいと、申しております。
     こどもにも何やら優先順位がございますようで、それはきつねさんや、くまさんやおおかみさんにも言えることだとかで。親の自分が読み聞かせながら、ふんふん、なるほどいいにおい、と学んでいる気がしてしまう。
     それにつけても母親の愛情が、う〜〜〜〜〜〜〜〜ん、やっぱ一番かぁ・・・。

    投稿日:2013/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古きよき時代の「おかあさん」

    小さい頃に読んで大好きだった絵本です。
    気取らない、やさしい絵柄もいいですが、なんといってもお話が素敵。

    さっちゃんはお母さんのバースディープレゼントにお花を摘みに行くため朝ご飯をぱーっと食べます。

    子供だから、目玉焼き・苺ジャム・チキンスープがお顔や洋服にべたべた。

    そんな格好で森に行ったものだから動物たちに食べ物と勘違いされてしまいます。「味見させて」といわれて、だったらうちにくれば?ときつね・くま・おおかみを連れて帰りますが。。。

    とにかく、このおかあさんが最高!さっちゃんのおかあさんは「おかあさん」というあたたかいものの象徴のよう。

    すべての「子供たち」にやさしいのです。

    お母さんの絵が、古きよき時代の母親を体現していて胸がじーんと来ます。

    おすすめ絵本です。

    投稿日:2006/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいにおい

    主人公のさっちゃん、さっちゃんのおかあさん、そして動物たちの気持ちがやさしく描かれています。「いいにおい」とは、本当はおかあさんの「におい」なのかなと思える、ホッとできる作品です。

    投稿日:2004/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット