話題
2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜

2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜(学研)

必要な道具は全て揃ってます!数量限定DX版♪読者キャンペーンも開催中!

  • 学べる
  • ギフト
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

白い牛をおいかけてなかなかよいと思う みんなの声

白い牛をおいかけて 作:トレイス・シーモア
絵:ウェンディ・アンダスン・ハルパリン
訳:三原 泉
出版社:ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,870
発行日:2008年04月
ISBN:9784902257120
評価スコア 4.3
評価ランキング 18,825
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 白い牛に振り回されて

    逃げてしまった白い牛を捕まえようと、多くの人が挑戦しますが、なかなか思うようにはいきません。
    そんなやり取りが続きます。
    農村の風景、暮らしぶりが淡々と描かれているのですが、とても牧歌的でありながら緻密な絵が味わい深い絵本です。
    もう少しで少女が捕まえられたように思いますが、白い牛の方が上手でした。

    投稿日:2016/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのした気分に

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    白い牛って、神秘的ですよね。その牛がいなくなったというから、見たい!という気持ちがそそられました。
    お父さんをはじめ、大の男達が牛をつかまえに行くのに、なかなかつかまえられない、、、いったいどんなに賢い牛なんだろう。牛だけどすばしっこいのかなあって疑問がどんどんわいていきました。
    女の子が白い牛を見つける場面は、ほんとにどきどきします。相手が女の子だからか、白い牛がおとなしく対応しているところがおもしろいですね。
    白い牛一頭に対して、人間たちが奮闘するようすが、こっけいにも思われて、自然の力に人間の力はおよばないだなあって、思ったりもしました。
    でも、こういったできごとが日常で起こる生活って、のんびりしててあこがれます。ほのぼのした気持ちになれる絵本でした。

    投稿日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチが意外でした

    今時の鮮やかの本の中では珍しく落ち着いた色調の絵だと思います。

    いなくなった牛に翻弄される人々の様子が気の毒でもありながら、傍から見るとおもしろくも感じられます。

    オチが意外でした。息子と二人で「あれ!こんな風だと思わなかったね」と言い合ってしまいました。

    ゆったりとした時間の流れが感じられる本だと思います。

    投稿日:2010/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびり ゆったり

    その名の通り、みんなで逃げ出した白い牛を
    追いかけているお話です。

    ドタバタしていそうな内容なのに、
    絵がとても綺麗で映画でも見ているよう。
    文章もほのぼのしていて良いです。

    毎度交わされる、牛を逃してしまった後の
    みんなの会話も面白い。

    あまり長すぎないので、
    読み聞かせにもおすすめだと思います。

    投稿日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったりとした空気が心地良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ニューヨーク・タイムズ紙年間優秀児童図書、アメリカ図書館協会優秀図書という評価の高い2003年の作品です。

    お話の舞台は、ケンタッキー州の豊かな牧場。

    「このケンタッキーのどこかには、白い牛がいる。だれもつかまえられない白い牛が……。」という書き出しで始まります。
    そこに住む少女の目線で書かれた日記風の文体は、とても親しみ易くとても好感が持てました。
    でも、その牛は、周りの大人どもがいくら束になっても捕まえられないのです。
    白い牛に翻弄される大人たちの様子も、どこかほのぼのと感じられました。

    やはり、ケンタッキーの醸し出すゆったりとした空気がそう感じさせるのでしょう。
    大家族が一同に会する家というのも、昔の日本を彷彿とさせます。
    終わり方も、とても爽やかなので、心の清涼剤になる一冊だと思います。

    投稿日:2008/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


みんなで参加しよう!えほん祭

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット