新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

白い牛をおいかけて自信を持っておすすめしたい みんなの声

白い牛をおいかけて 作:トレイス・シーモア
絵:ウェンディ・アンダスン・ハルパリン
訳:三原 泉
出版社:ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,870
発行日:2008年04月
ISBN:9784902257120
評価スコア 4.3
評価ランキング 18,825
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 待ってなさーい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    題名のとおり、逃げ出した白い牛を捕まえる騒動のおはなし。
    大の大人がすったもんだで取り逃がす様子が、
    帰宅した時の服の有様や怪我でわかります。
    そして、偶然白い牛を見かけた「わたし」。
    実は後半まで、白い牛は描かれていません。
    なかなか憎い演出です。
    そして、出会った白い牛も意外におとなしいのです。
    農場で牛などの生き物と共に暮らす人々の様子がよくわかります。
    助け合う姿もいい感じです。
    そして、「わたし」は実に冷静に大人たちを観察していますね。
    だからこそ、ラストの言葉が頼もしいです。
    このあたりは子どもたちには大いに共感してもらえるでしょうね。
    細かく描かれた絵は見所がたくさんあるので、
    ぜひ、ゆっくりと味わってほしいです。
    私としては、汚れたり破れたりしているだろう服を洗濯したり繕う
    「かあさん」の表情から読み取れる気持ちにも同情です。

    投稿日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゆったりと流れる時間

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    何故こんなにも惹きつけられるのか…
    私はこの絵本がずっと気になっています。

    逃げ出した白い牛を捕まえるために、次々にやってくる助っ人のおじさんたち。

    繰り返し白い牛を評するその言葉や、白い牛に翻弄されて帰ってくる様子は
    穏やかなユーモアで描かれていて、全体にゆったりした時間が心地良い。

    ちょっと褪せたような色遣いの、細かく描き込まれた絵からは、
    デニムの、ネコの毛の、草の実の、トウモロコシの葉の質感が伝わってきて、
    昔の外国の映画を見ているようでした。

    そして予想通りではなかった結末にも、繰り返し読む内に、これでいいか〜と
    思ってしまうのでした。

    投稿日:2008/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 丑年に

    表紙からして素敵な絵だなあ、と思い、読んでみました。にげだした白い牛をおいかけて、大人たちが右往左往する様子がほのぼのとおもしろいです。最後の展開も意外だったけど、想像がひろがっていいなあ、と。来年丑年なので、自由気ままに動ける白い牛にあやかりたく、購入したいと思います。

    投稿日:2020/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好評。

    • さーくさん
    • 30代
    • パパ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    アメリカの片田舎のほのぼのわくわくエピソード
    といったところですかね。個人的には白い牛をめぐっての
    田舎のおっさん、おじいさん達の奮闘ぶりが
    かなり好きです。ちょっとあの名作「大きなかぶ」に
    近いものがあるかも知れないです。
    失敗して帰ってきたおっさん達の格好が回を重ねる
    ごとにグダグダになっていくところがいいですね。
    娘にもかなり好評な一作でした。

    投稿日:2010/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット