日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…

どうぶつびょういんなかなかよいと思う みんなの声

どうぶつびょういん 作・絵:トビイ・ルツ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2008年05月19日
ISBN:9784569687803
評価スコア 4.22
評価ランキング 19,988
みんなの声 総数 8
「どうぶつびょういん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユニーク

    表紙の白衣をきっりと着ているシマウマの姿が美しかったのでこの絵本を選びました。とてもユニークな内容にうっとりしました。実際にこんな病院があったらきっと素晴らしいだろうなと思いました。子供たちもこんな先生に会うだけで恐怖心が払拭され安心できるのだと思いました。理想の病院でした。

    投稿日:2010/10/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大人も一緒に、読んでみましょ!

    「たんじょうび」
    「がっこう」
    「しごとさがし」から読んで
    やっと、シリーズ1巻目に出会いました!!

    ちょっと固い?まじめな感じもしますが
    本質的なことは
    と〜っても筋が通っていて
    うんうん頷いて読んでしまいます

    こういう学校だったら・・・
    こういう先生がいたら・・・

    と、本気で思います

    「人をおもいやる気持ち」
    「何が、1番大切なのか」
    を、気付かせてくれます

    ちょっとジョーク?皮肉?
    クスッと笑えることもあり

    対象が小学1〜3年生用ですが
    私は、大人も!!
    と、お勧めします
    親子で、先生と一緒に
    読んでくれるとうれしいです

    投稿日:2017/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうぶつは癒されるものね

    動物になって獣医のパパに診てもらう「動物病院ごっこ」が大好きな
    娘をびっくりさせたくて、図書館から借りてきました。
    期待通り、娘も、夫もびっくりしてました(笑)。
    なんたって、動物に診てもらうのですものね、子どもの方が。
    子どもの多くは動物が大好きだろうから、しまうま先生の言うことも
    よく聞いて。一緒に治療にあたってくれる動物にも親しみを感じて。
    きっと病気?もうまいこと治るような気がします。
    たとえ、なんいも悪いところがなくっても。
    気持ちが沈んだ時や疲れちゃった時、動物をみているだけで
    癒されますものね♪

    投稿日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじめについて考えるきっかけに。

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     7歳の娘が自分で選んできた本です。

     「ここはどうぶつのためのびょういんではありません。」

     「こどもたちが、どうぶつに、わるいところをなおしてもらいにやってくるびょういんなのです。」

     野菜が苦手な女の子には、食べることが大好きなぶたの家族、学校の先生のお話が耳に入らない男の子にはうさぎさんが、カウンセリングにあたります。
     
     そしてある日、いじめっこが追いかけてこないようにどうぶつびょういんに入院したい、という男の子がやってきます。

     いろいろな動物たちが、男の子に語りかけるアドバイスは、優しく、読んでいる子どもたちの心に染み入ることでしょう。いじめられる子どもにも、いじめてしまう子どもにも、ふと立ち止まって考えてくれるきっかけになるかもしれません。

    投稿日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝えたいこと

    どうぶつが主人公の動物の病院のお話だと思い読んでみたらとっても不思議な内容でした。
    お医者さんは動物なのですが患者さんは人間という設定なのです。

    小学生になった娘に自分で読むには少し長いですが読み聞かせにも良いと思い手に取りました。

    野菜嫌いの子ども
    人付き合いの苦手な子ども

    絵本の中に登場する子どもの患者さんは何かしら今の子ども達のことを取り上げているのだなと感じさせるような子達ばかりでした。

    作者自身が子ども達に投げかけたい、伝えたい「生きるためのヒント」がお話となったのかな?と思います。

    少し不思議なストーリーですが動物達に親近感を感じられ特に違和感はありませんでした。

    投稿日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット