季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット(童心社)

日本一の絵本『いないいないばあ』からかわいい指人形付のギフトセットが登場!

  • かわいい
  • ギフト

クレメンタイン1 どうなっちゃってるの!?クレメンタイン」 ママの声

クレメンタイン1 どうなっちゃってるの!?クレメンタイン 作:サラ・ペニーパッカー
絵:マーラ・フレイジー
訳:前沢 明枝
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784593534517
評価スコア 3.5
評価ランキング 41,938
みんなの声 総数 1
「クレメンタイン1 どうなっちゃってるの!?クレメンタイン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は小学三年生

    二・三巻目から読み始めました。

    クレメンタインは三年生ということで、息子にも共感できるところがあるようです。

    クレメンタイン、感受性が豊かな女の子というのはラモーナシリーズに共通するものがあるように思います。

    中学年以降の読み物になると、家庭環境が複雑など深刻な事情のある読み物がありますが、このお話は、両親ともクレメンタインに関心があり、校長先生も含めて大人たちがきちんとクレメンタインに関わってくれようとする姿勢があるのがいいなあと思います。

    クレメンタインシリーズに出てくるマーガレットとの関係がこの巻を読んでわかりました。

    舞台が学校、主人公が同年代というのは、等身大の子どもを見るようなところがあり、子どもたちも読み物に入りやすいように思います。

    ラモーナシリーズよりは軽めだと思いますが、読みやすい児童書だと思います。

    投稿日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    2

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット