しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ふしぎなのり」 ママの声

ふしぎなのり 作:安野 光雅
出版社:福音館書店
本体価格:\600+税
発行日:1981年
評価スコア 4.13
評価ランキング 22,318
みんなの声 総数 7
「ふしぎなのり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くっつくということ

    • ぷぴさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    いろいろなくっつくを学ぶことができます。

    「ものとものがくっついてこれができた」
    「いろとものを組み合わせる遊び」
    「ことばとものを組み合わせる遊び」
    「さんかくやしかくなどのかたちを組み合わせていろいろな形をつくる遊び」

    たくさんのくっつく遊びができます。

    こどもはよろこぶと思います。

    投稿日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容の深さに感心!

    どんなお話かと思いページをめくってみたら。
    ふしぎなのりで、何かと何かをくっつけるというお話。
    便利に当たり前のように使っている日用品の数々ももとは何かと何かをひっつけたんだと、親子で考えさせられる絵本でした。

    表になっていて色と物をくっつけたり、言葉と物をくっつけるページ。
    あのページが私としては特にいいなと思いました。

    年長になったばかりの長女にとっては、この表を読み取るという行為は初めてだったしそれが興味を持つ楽しいものからすごく自然と触れることができて有難い経験となりました。

    「ぺちゃんこのおつきさま」とか「だいきらいなおだんご」とか、表を読み取るといろんなものが出てくるということ。

    思わず初めての経験ができてひっそり嬉しかった母です。

    投稿日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力が豊かに

    この動物にこの羽をくっつけたらどんな動物になるか?
    空想の動物から始まり、身近な道具まで。

    この道具とこの道具が合わされば、もっと効率的に
    なるだろうという発想でできあがったんだなと
    感心しながら息子と読みました。

    投稿日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなものがくっついて

     題名からだけではどんな内容なのか想像がつきにくいかと思いますが、ふしぎなのりによって、まったく関係のないものがくっつき、1つの形や生き物になった・・・自然の造形物から、想像上の生き物まで、様々なものが登場します。
     娘は、子どもたちの着ているものが、ますめのどこにあったものかを考える「色と形合わせの遊び」を楽しんでいました。

    投稿日:2009/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安野さん

    安野光雅さんの作品だったのでこの絵本を選びました。簡単に分かり易く説明してあるげれど、とても高度な内容に感銘を受けました。昔の人の考えた空想の動物や今でもとても役に立っている発明など枠に捉われず登場するのが良かったです。自分で考える力を付けるように考慮して構成されているのもセンスを感じました。考える事の楽しさを味わえる絵本です。

    投稿日:2009/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 4
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット