100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!
クッチーナママさん 40代・ママ

これ欲しい!
「100にんのサンタクロース」は、子供…

かえるのじいさまとあめんぼおはな自信を持っておすすめしたい みんなの声

かえるのじいさまとあめんぼおはな 作:深山 さくら
絵:松成 真理子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784774610917
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,352
みんなの声 総数 17
「かえるのじいさまとあめんぼおはな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 切ないけれど真実

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    切ないおはなしです。

    かえるのじいさまが気まぐれに食べてしまったあめんぼの夫婦。
    その娘のあめんぼが訪ねてきます。
    「一目でいいから両親に会いたい」
    むすめあめんぼを前に食べてしまいたい本能と、
    可哀想なことをしてしまったという後悔で葛藤する
    じいさま。

    絵がすごいんです。
    じいさまの表情・・無垢な娘あめんぼおはなの対比。

    親を亡くしたおはなの気持ち。
    命を頂くことで生きていくしかない生き物のせつなさ。

    絵本だから、「大きく開けたお口からピョン!と両親が飛び出して
    きました」なんて展開も予想したのですが、
    そこはそんなふうに甘くまとめず、あくまでも切なくリアルに
    終わるのです。
    おめんぼおはなの前向きさに救われます。
    真実から逃げない絵本です。

    投稿日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    3
  • それぞれの気持ちが。

    4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みましたが,娘はカエルに食べられてしまったあめんぼ夫婦が可哀想に思ったようで,カエルのじいさまに怒っていました(笑)。
    おはなの気持ちももちろんですが,お話はカエルのじいさまの語りになっているような文章でじいさまの気持ちもよく描かれていてよかったです!
    おはなも元気に強く生きていってほしいと思いました。

    投稿日:2015/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 生きとし生けるもの

    命のたいせつさが伝わってきます。
    しみじみとした余韻の深い絵本。
    子どもたちに是非味わって欲しい一冊です。
    絵と文章が練り上げられて一体になっています。

    可笑しくて切なくて、哀しくて、温かい絵本でした。

    投稿日:2008/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • おはなちゃん危ないよ

    イナゴやあめんぼを呑み込んでしまうのはかえるの習性かも知れませんが、飲み込みたくなる衝動をじっと堪えるかえるのじいさまの表情がたまりません。
    健気なあめんぼおはなちゃんの思いと涙が、ギリギリのところでかえるのじいさまの理性に訴えたのでしょう。
    かえるの口をのぞきこむおはなちゃん、よだれが出てしまうじいさま、危機一髪の描写にはらはらドキドキしてしまいました。

    投稿日:2016/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • じいさまのやさしさ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    かえるのじいさまが2匹のあめんぼをたべます。
    そのあと子供のあめんぼがやってきます。
    どうやらさっき食べたあめんぼはこの子の両親だったようです。

    一見おとうさんとおかあさんを食べるなんて
    ひどいカエルのように映るかもしれません。
    でも絵本を読んでいる子供たちのほうがわかっているような気がします。
    それが仕方ないことであるということが・・・
    とはいえ切なさがあふれているなかで
    じいさまは美味しくもなかったあめんぼを美味しかったと嘘をつき、
    聞いてもいない最後の言葉を伝えておはなを励ましてみたりと
    じいさまのやさしさに
    ほっとするのです。
    そしてまたお互いが別々に生きていくという生き物の厳しさを
    感じたりと刺激多いお話でした

    投稿日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっあっ・・・

    かえるのじいさまに両親を食べられたアメンボの子供が、カエルのじいさまの口を食べられたお父さんとお母さんを覗くシーンがとっても焦っていました。「あっ、食べられちゃう〜!!あぶな〜い」って言いながら手に汗握りながら見ていました。

    投稿日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないですね

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    アメンボの親を食べてしまったカエルと、その娘のやりとりのお話です。
    読み進めていくうちに、お腹の中で再会して一緒にはき出されたらいいのに
    と思いましたが、そうはいかず・・。
    食べられたものは帰ってこない・・切なくなります。

    カエルのおじい様の語り調の文章が、しみじみとお話に深みを出しています。
    切ないけれど残酷さは感じませんでした。

    物事を多角的にとらえることができるようになる
    3年生くらいの読み聞かせで使ってみたいなーと思いました。

    投稿日:2012/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなしくなっちゃった

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    全ページためしよみを利用しました。

    年長の息子と読んでいました。
    息子は終始、切ない顔でした。
    「なんだかかなしくなっちゃった。おかあさんのことおもっちゃった」
    って言っていました。

    かえるのじいさまだって、実際は「そんなこといわれてもねぇ・・・」
    な気持ちなのかもしれません。
    生きるために、食べなければならないし。。。

    深いなぁ〜この絵本。

    多分 あのままでは、おはなは食べられただろうけど、じいさまは
    食べなかった。

    この何とも言えないいろんな思いがもやもやっとするラストに広がる
    雨のはなが、とてもココロに広がってきました。

    投稿日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「命」を考える絵本

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    深山さん&松成さんコンビなんで
    楽しみに読み始めたら・・・

    う〜ん、深いなぁ・・・

    これは、こどもたちの年齢によって
    感じ方が違うのではないでしょうか?

    「欲」と「情」
    「生きる」ということ
    それには「食べる」という
    他の「命」をいただくと言うこと・・・

    深いですよ・・・

    あめんぼの名前の「おはな」と
    最後のページの「あめの花」が素敵です

    投稿日:2011/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • じいさまの語り口

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    昔話風のじいさまの語り口に味がある絵本です

    ついつい食べてしまったアメンボの夫婦の子供おはなに「私も食ってくれ」と懇願され、胸が重たくなる・・・・
    食物連鎖で生きていくために食することは、こんな出来事が存在するのかもしれません

    松成さんの印象的な絵が、おはなの悲しさを誘います

    おはなに口をのぞかれて、少し困った表情のかえるのじいさまにも、緊迫を感じながらもユーモアがありますね

    田んぼに咲く、雨のわっかの花も抒情的で心に残ります

    投稿日:2011/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける
  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット