新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
  • ためしよみ

にんげんごみばこ」 じいじ・ばあばの声

にんげんごみばこ 作・絵:のぶみ
出版社:えほんの杜
税込価格:\1,320
発行日:2008年04月
ISBN:9784904188019
評価スコア 3.56
評価ランキング 48,091
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大事なことは許すこと!

    タイトルからもあんまり孫には読みたくないと思った絵本でした。

    絵は可愛いのに、そのまま素直に読むとやっぱり孫には聞かせたくない

    言葉がよく出てくるので、その奥にある作者の思いまで理解出来ない孫

    だから、もう少し理解出来る年齢になってからの方がよかったなあって

    思いました。「大事なことは、許すこと!」に、考えさせられたり、嫌

    いになった原因を考えたり、やっぱり最後には、「捨てたくない!」と

    思う気持ちで終わったのでほっとしています。

    投稿日:2012/07/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 題名におどろきますね

    題名におどろきますね。

    どんなないようだろうかなと ビクビクしながら
    読んでいました。

    最後でちゃんと 聞いてくれる人がいるんですね。
    それをみてすごく安心しました。
    聞いてくれる人はきっと 自分で過去に失敗した
    ことがあって、悔やんで だれも悔やまないようにと
    待っていてくれて、最後の砦の役目なんでしょうね。

    最後まで読んですごく感動しました。

    投稿日:2020/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本の名前にびっくりです

    本の名前にびっくりですね。

    きっとだれもが一度はこんなことを思ったことが
    あるんではないでしょうか?

    一時的な感情で物事を判断してはいけないなと
    感じてしまいますね。

    最後にそれを確認してくれる人がいてよかったです。
    さいごの砦なんですね。

    投稿日:2020/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルに驚きました

    タイトルにも驚きましたが、ストーリーにも驚きました。私には人間を捨てるという発想がありませんでした。でもそれは、大人だからなのでしょうね。大人になると関わりたくない人とも上手に距離をおくことが出来る様になります。でも、子供だったら?って考えたら捨てるのが一番てっとり早いですよね。忘れていた子供の感覚を思い出させてくれました。じゃあ本当に捨てれば良いの?と考えさせてくれる絵本です。読んだあと、子どもたちにどう思ったか聞いてみたいと思います。

    投稿日:2019/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのてんぷら / よるくま / いちにちなぞのいきもの / このままじゃ学校にいけません

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本の世界に踏み出そう〜ディズニーの夏をめいっぱい楽しむ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット