いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

はしる はしる とっきゅうれっしゃ」 みんなの声

はしる はしる とっきゅうれっしゃ 作・絵:横溝 英一
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784834018974
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,765
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

  • へぇー!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    とてもきれいな繊細な風景の中を電車が走ります
    でもそれだけではないのです

    以前息子に聞かれました
    「線路には何で石がまかれてるか?」と
    恥ずかしい事に今度調べようといいつつそのままになっていました

    唐突にもその答えが絵本の中にありました
    電車はどのように走っているのか?
    タイヤのこと、ドアの数
    子供は大好きなものをよくよく見ています
    細かい事を知っています

    3歳の息子には少しむつかしいのかしらと思ったことを
    申し訳なく思いました
    息子は充分に理解し、絵本は漠然と抱えていた疑問に答えてくれたようです

    投稿日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も勉強になります

    細かく描かれた絵や詳しい説明、長く楽しめます。年齢の低いうちは、細かい解説部分は絵を見るだけにして、電車の細かいことに興味を持ち始めたら説明してあげることができます。大人でも知らないような仕組みが書かれており、しかも小さい子供でも充分理解できるような説明書きなので助かります。お母さんは特に、電車に特別な興味を持っていなかった方は、電車とディーゼル機関車の違いなど子供に聞かれても分からないことがあると思いますが、そのあたりも子供に分かりやすく教えてあげることができます。

    投稿日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車

    絵本だと乗り物好きなのに、実際に電車の音が怖くておびえている孫で

    す。音が怖いらしく踏み切りで止まると耳を手で塞ぎます。

    電車がいないことを知るを「電車行っちゃったね!」と安心します。

    やっぱりこの「はしるはしる とっきゅうれっしゃ」も安心して聞いて

    くれます。

    読んでいる私は、旅に出たくなりました。

    とりあえず、絵本の中の風景を楽しみました。

    投稿日:2010/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。この絵本を読む事で列車に関する様々な事が分かるのが良いと思いました。物語が進むとともにどんどん景色が変化していくのが魅力的でした。トンネルの形や坂道はどの様に走ったらよいのかを分かりやすく解説しているのが配慮かあって良かったです。列車に乗って旅に出たくなりました。

    投稿日:2010/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの息子が一番好きな本(たぶん)

    淡々とした話なので、親には物足りなく感じますが、
    2歳のときに購入後、4歳の今でもハマり続けています。

    2歳ころはパトカーや宅急便をさがし、
    3歳前半は黄色い車、緑のバスなどをさがし、
    3歳後半ではトラックが何台いるか数えていました。

    4歳になる今では東京の知人が我が家のある松本に遊びに来る度に、
    スーパーあずさに乗ってきたか、普通のあずさだったか、
    何両編成だったか、車内のどこにすわったのか、など、
    事細かに聞いてはこの絵本で確認しています。

    今後絵本の右下にかいてある電車豆知識が理解できるようになると思うので、まだまだハマり続けそうです。

    投稿日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子じゃなくても!

    • やっほさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子3歳

     男の子がいないと電車や車はなかなか詳しくならないですが、そんな電車初心者の女の子でも楽しめます。私がへえ〜と思うくらい。こんなことも知らないで、電車に乗っていた自分が少し恥ずかしくなりました。

     私は個人的にとても勉強になりました。子どももいろんなことがわかって楽しんでいました。小さな子供にも電車の走っている風景が楽しめていいと思いました。

    投稿日:2009/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本格的な電車の絵本

    2歳の頃から電車に夢中になり、すぐに筋金入りの「テツ」になった息子のお気に入りの絵本です。

    リアルな特急スーパーあずさが、始発駅の新宿を出発して、終点松本駅に着くまでの様子が描かれています。

    東京都内ではビルが立ち並ぶ街中を走り、都心を抜けると田園風景の中を走っていく・・・。
    パノラマ見開きの絵、なかなかの迫力があります。

    文章は、淡々と電車の旅の様子をつづっているのですが、随所に鉄道マニアが喜びそうな電車ミニ知識がちりばめられています!(笑)

    初めてこれを読んだ2歳半くらいのころは、文章についてはかなりはしょって読み聞かせてました(文章がかなり難しかったので)。
    字が読めるようになり、電車の知識も桁違いに増えた4歳の今では、理解できることも増えたようで、自分で納得しながら読んでいます。

    電車が好きなちょっと大きなお子さんにお勧めです。

    投稿日:2008/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鉄ちゃん向けの絵本

    始発駅から「スーパーあずさ」が出発!
    途中、通勤電車とすれ違ったり貨物列車とすれ違ったり・・・。
    ページを捲るごとに風景が変わり、まるで自分が電車に乗って旅をしているみたい。


    電車が色々と出てくるので息子も大喜び♪
    ページの右端に、運転席や電車の形、しんごう、橋を頑丈にする為のトラスのこと、砂利の役目などの説明が書いてあり、“電車のことを詳しく知るのには良い本だな”と、思いました。
    ただ、5歳の息子が理解するのには難しかったです。

    投稿日:2008/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に出発!の気分です

    乗り物が大好きな息子。初めはおとなしくみていましたがそのうち自分のおもちゃから電車を持ってきて線路に重ねて走らせ始めました。風景も都会から田舎の風景に移り変わっていったりと、ページをめくるたびに一緒に旅をしている臨場感が味わえます。
    畑仕事をしている人やつりをしているひと・・ゆったりと流れる時間も感じます。
    息子にはストーリーはかいつまんでしか読みませんでした。
    じっくり読むにはやはり5,6歳以降向けではないでしょうか。それでも1歳なりにこの絵本を楽しんでいるように思いました。
    ページの右下には色々な豆知識をのせてくださっているので電車にあまり詳しくない私でさえもなるほどー!と新発見の連続でした。

    投稿日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど〜

    絵本ナビでみなさんの感想を見て、電車大好きな
    2人の息子に絵本ナビで買った本です。
    風景や電車の絵も素敵だし、
    電車の色々な役割やせんろの仕組みなどの説明がついていて
    なるほど〜。と感心しました。
    でもうちの上の子は物語系の方が好きなので
    思ったよりはくい付きませんでした。
    電車好きにはおすすめしますが、電車に興味の無い子には
    ちょっとたいくつな本かもしれません。
    ちなみに下の子は楽しく見ています。

    投稿日:2007/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット