新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
あなたがだいすき

あなたがだいすき(ポプラ社)

大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。

  • ためしよみ

ヘンゼルとグレーテル」 みんなの声

ヘンゼルとグレーテル 作:グリム童話
絵:スーザン・ジェファーズ
訳:大庭 みな子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1983年1月
ISBN:9784593501762
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,840
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人向けのハイグレード版

    「グリム童話」は、子供向けから大人向け、取り方によってはとても怖いお話としていろいろなバージョンがあります。
    そんな中で、よく知っているはずの『ヘンゼルとグレーテル』を読んだときに、いくつかの疑問を見つけました。
    ヘンゼルは何歳だったんだろう?
    ヘンゼルとグレーテルの家族構成は?
    二人が連れて行かれた森はどんなところだったんだろう?

    このジェファーズ版は、まず絵の描かれ方で小学校高学年くらいのイメージで描かれているようです。
    森にはいろんな動物がいて、悪意のない描かれ方をしています。
    繊細な画調は子供向けというよりもヤングアダルト版かと思います。

    そして、大庭みな子さんの訳。
    ヘンゼルとグレーテルを疎ましく思った母親は、木こりの妻であることは解るのですが、文中の大半を「女」という表現で通されています。
    細かい説明を抜きにして、読者に委ねる形は小説家としての姿勢でしょうか。
    そう考えると、文章は行間に説明を埋め込んだようにも思えます。

    兄弟にとって、同居している「お母さん」は、母親ではなく父親の妻であって、自分たちとは愛情で結ばれない「女」なのです。
    (スゴイなー!)

    ストーリーは誰もが知っているのですが、二つのポイントを感じました。

    一月あまり魔女に捕えられていた兄弟が魔女を退治して家に帰り着いたとき、母親は死んでしまっていたのです。
    このあっけない描かれ方に母親像の薄さを感じました。
    どんな夫婦だったのでしょうか。

    もう一つは帰り道の川で二人を対岸に運んでくれた鳥。
    この本では「アヒル」と書かれています。
    本によっては「カモ」だったり「白鳥」だったりするのですが、アヒルには重すぎるだろうと思ってしまったのです。
    本当はどんな鳥だったのでしょう。

    ヤングアダルトにお薦めです。

    投稿日:2011/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 有名なグリムの昔話

    絵は、とても美しいです。
    登場人物たちは、比較的、写実的に、描かれています。
    やはり、昔話は、語って聞かせてもらったほうが、いいなというのが、正直な感想でした。
    イメージを限定されてしまうからです。自分で想像した方が楽しいと感じてしまいます。

    投稿日:2017/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大判サイズに描かれた美しい挿絵

    よく知られたお話でたくさん絵本になっていますが、挿絵によって印象が変わると思います。こちらは落ち着いた色合いで描かれた美しい挿絵の絵本で、大人が読んでも満足できる内容だと思います。
    大判のサイズで描かれた挿絵は見応え十分で、ヘンゼルとグレーテルが深い森に迷い込んでしまうシーンには、何度読んでも見とれてしまいます。またお菓子の家も素敵で、みるたびうっとりです。
    私はパラパラと絵だけを楽しむこともあります。それほど魅力的な挿絵です。

    投稿日:2014/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵

    とにかく、絵が素敵です。
    定番のお話だからこそ絵からの印象は大きいと、個人的には感じています。
    魔女は恐ろしく、森の雰囲気は不安をかられ、お菓子の家はかわいらしく・・・

    絵の雰囲気が大人っぽいので、長い間楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2013/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の雰囲気に惹かれました

    ヘンゼルとグレーテルは色々出版されていますが、私が幼いころに読んだものと絵の雰囲気が似ていたのでこちらを選びました。

    小さい子には少々分かりにくいかなと思う表現もありましたが、意外な事に子供は最後までじっと耳を傾け、そして読み終わると「もう一回読んで〜!」とリクエストされました。

    気の弱いきこりを押し切って子供を捨てさせた気の強い妻、自分と兄の命を守るために知恵と勇気で魔法使いを倒したグレーテル、善悪の差はありますが、やはり女は強いという事ですかね。

    投稿日:2009/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット