新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

ちいさなろば」 ママの声

ちいさなろば 作:ルース・エインズワース
絵:酒井 信義
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:2002年11月
ISBN:9784834018936
評価スコア 4.74
評価ランキング 1,077
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ろばの 望んだもの

    • よにんこママさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳、女の子4歳、女の子1歳

    クリスマスシーズン、いろいろなクリスマスの絵本を読む中で
    友人に紹介されて、この本を読みました。

    ひとりぼっちのろばが、
    人間の女の子にサンタさんのことを聞き
    自分のところにもサンタさんが来てくれるだろうかと思っていると
    クリスマスに、サンタさんがやってくる。

    傷ついたトナカイの代わりに一晩働いて
    疲れ切ったろばが
    サンタさんに望んだプレゼントは
    一緒にいてくれる、友達のろば。

    ああ そうだな。
    自分にとっても、
    育児に疲れ切った時
    子どもたちとうまくいかなかったとき
    夫と気持ちがすれ違いつらいとき・・・
    支えてくれるのは、大切な友達の存在。

    この絵本を教えてくれたのも、
    そんな大切な友達のひとりです。

    毎日の生活の中で
    イライラや、不満や、誰かを羨む心
    そんな気持ちになることもたくさんあるけれど
    夫と、かわいい子どもたちと、よき友達に恵まれて
    それで、十分、しあわせなことだな
    改めて、そんな当たり前のことをおもいました。

    まだ、子どもたちとは読んでいませんが
    こころの落ち着いた時間に
    読んで聞かせたいと思います。

    投稿日:2010/12/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • クリスマスの奇跡

    クリスマス絵本の中で、「くろうまブランキー」のお話が特に好きな娘のために、ずっと読みたいと思っていた1冊でした。娘は、動物好きなことに加え、エインズワースの作品も、「こすずめのぼうけん」や「しおちゃんとこしょうちゃん」など、お気に入りのものが多いので、このお話なら文句なしに娘の好みにぴったりだろうな、と想像はしていましたが、娘に読む前に、私のほうが感動して、涙がじわじわと潤んできてしまいました。ちいさなろばの目が、本当に澄んでいて、やさしく、お話も夢があって、温かく、ページをめくるごとに、自分自身の心もクリスマスの奇跡に包まれていくようです。

    娘は、ちいさなろばが、囲いの中をひとりぼっちで走っている絵を見て、「ろばさんに、食べさせてあげる人はいないの? 死んじゃうよ。」と心配そうにしていましたが、クリスマスの奇跡の物語が始まると、ろばと同じように、純真な瞳を輝かせ、「わぁ!」と小さな驚きの声を何度も発していました。足を痛めたトナカイが、ろばのほうを向いている絵を見たときには、「ろばさん、ほんとに大丈夫かなあ?、お空を飛べるのかなあ?って言ってるんじゃない?」と、笑っていましたが、いよいよろばがそりにつながれ、夜空へと飛んでいくと、もう完全にろばと一体となって、空を駆け抜けているかのようでした。そして迎えるラストシーン・・・ちいさなろば以上にうれしそうな笑顔を見せてくれた娘でした。

    サンタさんが子どもたちの靴下に入れてくれるプレゼントの中身も素敵ですね。「絵本・大草原の小さな家」シリーズの「おおきなもりのクリスマス」という本の中にも、クリスマスの朝の風景が描かれていますが、質素で、慎ましやかな、古きよき時代が偲ばれ、心が温まります。本当のよさというのは、小さな子どもにも、まっすぐに伝わるものなのだなあ、と思いました。

    投稿日:2008/08/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • サンタさんのお手伝い

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    サンタさんを知らないちいさなろばが人間の女の子たちにサンタさんのことを教えてもらいます。その夜、トナカイのあしが痛いから代わりをしてくれないか、とサンタさんに頼まれたちいさなろば。
    最後にはちいさなろばの願いもしっかり叶い、クリスマスってやっぱりいいなーと思う良い作品でした。
    子供はサンタさんがやはり大好き!「サンタさんのお手伝いがしたい」と娘がよく言います。分かるなー。
    私はちいさなろばの願いが叶うところが好きです。

    投稿日:2015/10/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • プレゼント

    真っ赤な表紙が印象的で、手にしました。

    1頭だけの寂しいロバが、主人公です。
    クリスマス・イブの夜、サンタクロースが目の前にやってきます。
    そして、トナカイの代わりに働くのです。

    ロバの小さな体で、プレゼントを配り歩くことは、きっと大変な重労働だったに違いないと思います。

    そして、クリスマスの朝にあったプレゼントは、本当に素敵だと思いました。

    投稿日:2012/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 純白のろば

     シンプルすぎる表紙に、驚きます。表紙だけでは、クリスマスのお話とは、わからないくらいです。

     おもいがけず、サンタクロースの手伝いをすることになった、ちいさなろば。トナカイといっしょに、空を翔る姿がかっこいいです。
     サンタクロースからは、くつしたには入りきらない素敵なプレゼントが。ちいさなろばと純白のろばがみつめあうシーンに、じーんとします。
     やさしく、あたたかいお話に、落ち着いたトーンの色がぴったりあっています。静かな喜びがつたわってきます。
     クリスマスシーズン以外の時でも、楽しめるなと思いました

    投稿日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ただひたすら、ゆっくりと読みたい

    キラキラと華やかで賑やかなものが多いクリスマス絵本の中で、
    この本は、静かにお話が進みます。

    クリスマスを知らなかったろばが、
    サンタと出会って、お手伝いをして、
    素敵なクリスマスプレゼントを手に入れるというもの。
    最後に、ろばにクリスマスの存在を教えたふたりの女の子のやさしさも感じることができて温かい気持ちになります。

    ただひたすら、ゆっくり読みたい絵本です。

    投稿日:2011/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 納得の贈り物

    クリスマスの素敵なお話です。主人公はろば、何とトナカイの代わりにサンタさんのお手伝いをします。そして望んだプレゼントというのが、納得の贈り物。優しい気持ちになれるお話です。娘もとても気に入っていました。

    投稿日:2011/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 静かなクリスマス

    私自身が子供の頃読み、心に残ってよく覚えている絵本です。それを自分が子供に読んでやる日がくるとは、本当に幸せなことです。

    クリスマスの話で、サンタ・クロースやトナカイがでてくるのですが、それらがまったく押し付けがましくなく、本当に静かに話が進みます。トナカイの鈴の音以外は、誰も物音一つ立てていないかのようです。

    個人的には、翌朝現れた白いロバの名前が「ゆきのじょおう」なのはちょっと興ざめなのですが(何だか競馬の馬の名前みたいで)・・・。

    息子は、今はケガをしたトナカイの心配ばかりしていますが、もう少し経てば、友達が欲しいというロバの願いの意味が分かるかな、と楽しみです。

    投稿日:2011/03/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 2歳のクリスマスに、トーマスのレゴブロックを貰った娘。彼女の心には「クリスマスさん」(=サンタクロースのこと)が実在しています。
    その彼女に、この絵本を読む機会がありました。
    クリスマスの季節とはかけ離れてしまいましたが。
    静かに静かに展開する聖夜の物語が、美しい絵にのせてじんわりじんわりと 心にしみてくるようです。
    サンタクロースがどんなふうにやってきて、彼女にレゴブロックをくれたのか・・・彼女は思い浮かべながら 静かに聞き入っていた様子でした。
    最初のページに描かれているろばはなんだか淋しそう。
    でも、目の前に現れたサンタクロースを手伝うというすばらしい仕事を与えられ、ちいさなろばの目は輝きます。
    サンタクロースから素晴らしいプレゼントをもらったろば。そしてろばのところにやってくる可愛い姉妹も とてもやさしい心を持った子どもですね。
    その純粋な心が、石井桃子さんの美しい訳と、酒井信義さんの素晴らしい絵から、静かに、でも力強く伝わってきます。

    投稿日:2010/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • トナカイのピンチヒッター=ロバ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    題名からだけではちっともわかりませんでしたが、クリスマスの絵本でした。

    主人公は好奇心が多くて、友達が欲しいロバです。
    優しくてかわいらしい内容の絵本だったので、幼稚園くらいの子から小学校低学年くらいのお子さんにお薦めします。

    サンタさんやトナカイがすごくいい感じに描かれていました。
    ピンチヒッターでサンタのそりを引いたロバの、ささやかなお願い可愛かったです。

    投稿日:2010/02/23

    参考になりました
    感謝
    1

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
    出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。


2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット