新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい

かえるの平家ものがたりふつうだと思う みんなの声

かえるの平家ものがたり 文:日野 十成
絵:斎藤 隆夫
出版社:福音館書店
税込価格:\1,870
発行日:2002年11月
ISBN:9784834018547
評価スコア 4.38
評価ランキング 13,955
みんなの声 総数 23
「かえるの平家ものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 源氏沼のかえるたちが武士の姿で仰々しく立ち上がった源氏の兵士たちを演じます。
    源氏と平家の合戦をイメージさせて想像は膨らんでいくのですが、ねこが登場した時点で崩れてしまいました。
    ねこ退治は良いけれど、すでに平家物語ではありません。
    平家物語を知らない子どもたちが対象ならば、「平家ものがたり」でなくても良いような…。

    投稿日:2019/06/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • まずは絵から。

    源氏沼のほとりに住む、がまじいさんが子ガエルたちに、琵琶を弾きながら語って聞かせる物語。

    文章はすべて平仮名。
    七五調でリズムよく書かれていますが、所々、言葉(人名含む)が難しく、子ども達がスルリと物語に入れるようにするためには、読み聞かせる前に何度も練習が必要でした。

    そこを乗り越えてしまえば、木曽義仲や巴御前、牛若丸などがカエルの姿で親しみやすく登場し(牛若丸がかわいい)、リズムと合戦物の勢いで、作品を楽しく味わうことができる気がします。

    絵がとても美しく、特に表紙の「よしなかがえる」の表情は傑作だと思います。

    絵をじっくり眺めながら、歴史物の面白さの気づきになるといいな、という一冊でした。

    投稿日:2021/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット