もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石ふつうだと思う みんなの声

ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石 作:J.K.ローリング
訳:松岡佑子
出版社:静山社 静山社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784915512377
評価スコア 4.22
評価ランキング 19,325
みんなの声 総数 8
「ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 世界的な話題

    発売当時、珍しい児童書の大ヒットということで、世界的に話題になりました。
    それもあって、子どもたちが低学年のころに、一日一章ずつ、読んで聞かせました。
    そのころは、まだ映画もできてなかったです。
    その後、こんなにもロングセラーになるとは…!!
    本から離れていた子どもを読書に振り向かせた本ですね。

    投稿日:2017/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代ファンタジー

    知らず知らずの内にハリーと一緒にホグワーツへ行って とろけるようなご馳走を食べて、魔法の勉強に四苦八苦して、時には危険を冒して”トイレの花子さん”のようなホグワーツのミステリーを解き明かし、クディッチで熱くなり、気がつけばハリーの魔法にのぼせている自分に気がつきます。
    けれど気がつく頃には1冊読み終わる頃で。そんな不思議な魅力に溢れた作品です。
    大人がこんなだから子供にはたまらなく愉快な本ではないでしょうか。動きのある文章なので、小説のなかでも読み聞かせに向いていると思います。
    とりあえずホグワーツへ行って甘いリンゴパイやチョコレートを皆と一緒に食べて、ダンブルドア先生にお会いしてみたいです。

    実は読み聞かせを始めたのは、いつか成長した我が子にハリポタを読みたい、一緒に物語世界で遊びたいと思ったからでした。
    結局娘は素通りで読ませてくれず、流行しすぎで大長編のうちに私もアンチハリーになってしまいましたが、最初の数冊はやっぱり大好きです。

    投稿日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット