へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

コブタの気持ちもわかってよ」 ママの声

コブタの気持ちもわかってよ 作・絵:小泉吉宏
出版社:幻冬舎
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年9月
ISBN:9784344002364
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,134
みんなの声 総数 28
「コブタの気持ちもわかってよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 親御さん、読んでください

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「ママは忙しくて聞いてくれない。今日逆上がりができたのに」
    ドキッ!
    「大声で泣いたら、泣くなって大声で怒鳴られた」
    ズキッ!
    「悲しい気持ちはボクの中に閉じ込められる」
    ウゥッ!
    親にとっては、突き刺さるような言葉が次々と繰り出されます。
    うちのコブタちゃんはどう感じたんだろう?4歳ではまだピンとこないようでしたが、言葉では表現できないだけで、きっと日々こういう思いを味あわせてしまっているのだろうと思います。
    シンプルな線で描かれているコブタちゃんの顔がとても切なく見えて、我が子と重なり涙が出そうになりました。
    どの親御さんも、きっと一つぐらいは心当たりがあるはず。ぜひ読んでください。

    投稿日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママ、パパ、先生たちに読んで欲しい本!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子6歳、女の子1歳

    コブタを我が子だと思って、ぜひ読んでみてください。
    かなり、ドッキリさせられます。
    ついつい、言ってしまう「はやく、はやく」、「もっと・・・」
    「今、忙しいから、あとで。」そして、怒られて泣いてる子に「泣くな!」
    この本読むたび反省します。でも、またすぐ言っちゃうんだよね。我が子よ、ごめんね!

    投稿日:2002/11/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身につまされました

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    子育ての講演会で先生が紹介してくださった本です。

    こぶたさんが、お母さんに一緒に見てもらいたい・聞いてもらいたい・喜んでもらいたいだけなのに・・・
    忙しくて、理解してあげられない(解る解る)状況での対応の仕方でこぶたさんの気持ちが沈んでしまう。

    解ってよ・・・という悲しい挿絵がなんとも我が子に見えて身につまされます。

    忙しいとはいえ、全く時間が取れないという状況はないのですものね。

    子供に、というより、親御さんや先生に読んでもらいたい本だと思いました。

    投稿日:2013/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にわかってあげているのかなあ?

     ちょうどこの絵本を手渡す前、ふとした瞬間に、娘が
    「ママ、ありがとう。Jの気持ちわかってくれて。」と、私に言いました。
    そして、本を読み終えた後に、もう1度、今度は私から、
    「ママはJの気持ちをわかってあげているかなあ?」と尋ねてみると、ちょっと照れくさそうに、肯いてくれました。
    ところが、そのすぐ後に、またなんでもない一言で、
    「やっぱりママは、全然わかってな〜い!」と言われてしまいました。
    う〜ん、難しいですね。わかっているようで、本当は全然わかってない、というのが正しいんでしょうか?

     コブタのつぶやきの一言一言が、ずしん、と胸に響きます。
    日頃のあれこれを振り返りながら、少し後ろめたいような、申し訳ないような気持ちで、コブタの言葉にじっくりと耳を傾けました。
    よく似た場面が、日常の中でも繰り返されています。

     子どもが本当に好きなことってなんだろう?、子どもの本当のよさって何だろう?、子どもの本当の気持ちってどこにあるんだろう?・・・いろいろな思いがよぎります。
    子どもの気持ちを受けとめてあげられる親になりたいなあ・・・心からそう思います。

    投稿日:2011/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子読書にもお勧めしたい

    • なずははさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子10歳

    私の本棚から10歳の娘が取り出して読みだしたので、そっと見ていたら、「私もこんな風に思ったことあるねんで・・・。」とぽろぽろ泣きだしました。親として娘にはコブタちゃんのような思いはさせないようにと思って接してきたつもりでしたが、まだまだだったようです。(苦笑)「またコブタちゃんの気持ちになったら、すぐに教えてね」とハグしながら親子で話し合いました。親子読書にもお勧めしたい本です。

    投稿日:2009/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の気持ち大事にしないと…

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    現代の社会に生きる子供の気持ちを代弁しているコブタちゃん。
    読んでいて、切なくなりました。
    大人の私たち親が、発する言動にどれだけ子供達が傷ついているのか…。
    反省しなければなりません。身に詰まされる想いです。
    子供に安心して毎日過ごす環境を作るのが、親の責任なのですね。

    子供達に毎日いろんなことを言っている、私が読むべき本でした。
    5才の息子は、「よくわからない〜。」と言っていたけど、
    わからないなら、それは幸せ。
    本当はわかっているなら、
    これ以上そういう気持ちにはさせられない、と強く感じました。

    投稿日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育て空回りしてませんか

    • セーヌさん
    • 40代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 女の子12歳、男の子10歳、女の子8歳

    ある本で紹介されていて、気になり探して読んでみました。
    すごくシンプルな絵で、コブタがランドセルをしょっているんです。
    一年生かな、それとも二年生かなってかんじのコブタが・・・・
    いろいろな心の声が綴られていて、なんだか切ない気持ちになって、
    コブタを大好きギュって抱きしめたくなる本です。
    うちの子供達も、こんな思いをしているのかなって・・・・
    考えさせられました。
    一生懸命、子育てしていてもなんだか空回りしている気分の時に読んでみて下さい。
    なぜ、空回りしているか・・・その、ヒントが見つかるかもしれませんよ。

    投稿日:2009/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親向け

    子どもの心情が書かれていて、親なら大体の方がドキッと思い当たる様な事をしていると思います。
    親の気持ちばかりを優先させないで、子どもの気持ちにもちゃんと向き合って考えてあげないなと考えさせられる内容でした。

    投稿日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育てを振り返ってみる為に。

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    子供に読んであげるというよりは、お父さんお母さんが手にとってゆっくり読んで欲しい本です。

    コブタくんの言葉一つ一つが、本当に我が子に言われている様な気持ちになりました。コブタくんが長男に重なってしまって、「ああ・・ごめんねぇ」と切ない気持に・・・。

    大人と子供の温度差を、こうして客観的にみてみると、確かに子供にとっては辛い事が多いのかも。
    「対我が子」となると客観的にみる事は、なかなか難しいのですけど、こういう作品に触れて、子育てを振り返ってみるのもいいかもしれません。

    投稿日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今までの自分を反省・・・

    • まゆりさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子3歳

    主人公のコブタの心の中を通じて、子供の気持ちが描かれています。
    この絵本を長女と読んだ時、長女はとても複雑な表情をしました。
    長女もコブタと同じ気持ちになることがあるそうです。
    その言葉を聞いて、とても反省しました。
    私が何気なく言った言葉や勝手に子供のためだと信じ込んで言っていた言葉が、子供にとってはどう感じていたのか、改めて考えさせられました。
    長女とこの絵本を笑って読めるよう、これからは「泣きたいときは泣いてもいいんだよ!」と優しい気持ちで子供と接していけるよう努力しなくては・・・。
    一時期、大人向けの絵本として有名になったようですが、子供も十分楽しめます。
    大人が自分を見つめ直すための絵本だと思います。

    投稿日:2008/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの / ねえだっこして

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット