アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ねないこ だれだ」 みんなの声

ねないこ だれだ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1969年11月
ISBN:9784834002188
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,698
みんなの声 総数 557
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

557件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • おどかしながらのおやすみ絵本でしょうか。
    夜はこわいものだって誰が決めたんでしょうね。
    せなけいこさんの絵が可愛いので、それほど効果があるとも思えないのですが、夜の神秘性を伝えることは出来そうですね。
    おばけの世界にいきたくない子は、この絵本が読み聞かせ最終便ですね。

    投稿日:2018/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「怖い本」デビューに最適。

    赤ちゃんから読み続ける本の中に、「怖い」をテーマにしたものはなかなかお目にかかりにくいものです。あまりに怖すぎると子供のトラウマになりそうだし、絵本嫌いにもなってしまう。中途半端に怖いだけだと、シュールさが際立って面白さに繋がらない。

    その点、この本はパーフェクト。
    シュールさも維持しつつ、ちゃんと「怖い」。
    寝ないと、連れて行かれちゃうぞという教育的要素もあってストーリー展開に意味がある。

    私も小さいころ、読み聞かせしてもらい「怖いもの見たさ」のどきどきを初めて体験したように感じました。
    最近は娘は「こわい〜」といいつつ、にやにや(笑)。
    「怖い」と「わくわく」は紙一重なのだなと思いました。

    投稿日:2018/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか、夫に笑われた

    子供へどんな絵本を読んだらよいか悩んでいた時、ランキングに常にヒットしてくるこちらの作品を、図書館に行ったときにたまたま置いてあったので、かりました。
    寝かしつけで、子供がトラウマになるとの批評も読んでおり、内容が非常に気になっておりました。
    本のサイズは小さめで、子供が手にとりやすい大きさです。
    おばけがでてきて、連れ去られるので、小さい子にはとても怖い内容だと思います。
    怖い内容の絵本も必要だと思うので、この作品はこれでよいと思いますが、子供が超怖がりなタイプの場合は、慎重になった方がよさそうです。
    ちなみに0歳児に読んだ時は、内容を理解していないので、反応はいたって普通でした。
    まだ、絵本の読み聞かせを初めて間もない頃で、緊張しながら時計の「ボンボンボン」を読んでいた時、夫に笑われ、そのことが私にとってはトラウマに・・・。

    投稿日:2018/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ☆なつかしい!!☆

    • k7さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳

    早く寝ないとおばけがでてくる〜!
    小さいころ言われたことがある、誰もが知っているお話しですね。

    我が家の、物事がいろいろわかりはじめた長男6歳の反応は、

    夜寝ていない子は誰だ。と次々に言うとき、
    「どろぼう」がでてくる場面で、わっはっは。と少し笑いが起きて、

    「よなかにあそぶこはおばけにおなり」
    の場面で、顔がちょっぴりこわばって、

    「おばけのせかいへとんでいけ」
    の場面で、女の子がおばけに連れて行かれる場面で、
    女の子の足がないことがものすごく気になるみたいです。
    おばけになってしまった?死んでしまった?
    みたいに結構真剣に心配をして、
    とてもひんやりした雰囲気になって、さっと寝るようにしています。

    読のであげる年齢によって、反応がさまざまかもしれないです。

    投稿日:2018/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけが大好きに!

    6ヶ月くらいの頃に購入し、現在2歳2ヶ月になっても大好きな絵本です。

    まだひらがなは読めませんが、暗記してくれたようで、ママに読みきかせてくれます。
    「だ〜れ〜だ〜」のところは、得意げに、怖い声を出しています。笑

    この本をきっかけに、おばけが大好きになり、せなけいこさんのおばけシリーズを集めはじめました。

    投稿日:2018/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりあえず一家に一冊◎

    有名な絵本なのでとりあえず0歳の頃に購入しました。
    0歳から読み聞かせて2歳になっても時々読むくらい、飽きずに大活躍しています。最初はオバケが怖いとかなかったですが、2歳になるとオバケ怖いねとか、オバケだぞー!(オバケの手をして)とかリアクションに変化がでてきました。
    サイズも小さめなので、小さな子供にピッタリです。

    投稿日:2017/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • しつけ絵本ではないと思う

    レビューに、子どもを寝かせるための躾の絵本と捉えてる方があって驚きました。

    私は、そういう狭いものではなく、言葉のリズムが楽しかったり、独特の貼り絵のデザインが面白かったり、親子のコミュニケーションツールとして、もっと大らかなものとして感じていたので、怖がらせるという感覚はまったくなく、親子で一緒に楽しんだ感じです。

    時には、『とけいがなりますボンボンボン…』が、寝る時間の合言葉になって、大笑いして布団に入ったりして。

    読み手の考え方や、読み方で、絵本の楽しみ方も、ずいぶん違ってくるのでしょうね。

    投稿日:2017/09/20

    参考になりました
    感謝
    4
  • こわいこわい

    子どもの頃に、家にあって私もよく読んでもらっていた記憶があります。
    今は自分の子供にこの絵本を読んでいます。
    「おばけの せかいへ とんでいけ おばけに なって とんでいけ」
    読みながら何故か私が眠くなっています。すりこみでしょうか。
    こどもは保育園で上手に読んでもらっているのか、怖がって読むのを嫌がります。

    投稿日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子は怖がらなかった

    上の子が0歳の時に初めて買った絵本でした。

    ふくろうとみみずくが出てくるページでは「ほー、ほー」
    くろねこが出てくるページで「にゃー、にゃー」というように鳴き声等を付け加えたり、
    また本を震えさせたり動かしたり読んであげていました。

    とても気に入って、読むとニコニコ笑い、ご機嫌になっていました。
    コントラストの強い画風や大きな目も、0歳児にわかりやすくて
    よかったのかもしれません。
    当然まだストーリーは理解していなかったので、怖がることもありませんでした。

    もうすぐ3歳になる今も時々本棚から引っ張り出して読んでいます。
    0歳の頃から慣れ親しんできたからか、ストーリーが理解できるようになった今でも
    全く怖がりません(笑)そして今では文を暗唱して一人でページをめくりながら
    声に出して読んでいます。

    下の子にももう少し月齢が進んだら読んであげたいと思います。
    お姉ちゃんが弟くんに読んであげたりしないかなとちょっと期待しています。

    投稿日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • お化けを怖がる娘ですが
    この本を読むのはだいすき

    何度も読んで、と持ってきて
    一緒に読み上げます。
    さいごの「おばけになってとんでいけー」のところで
    娘を抱っこしてくるくるーとすると
    声を上げてきゃっきゃきゃっきゃよろこびます

    外で時計を見ると「とけいー!ぼーんぼーん」
    おばけさんだぁとうれしそう
    とってもこの本が大好きです。

    投稿日:2016/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

557件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / てぶくろ / くっついた / まじょまつりにいこう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

全ページためしよみ
年齢別絵本セット