キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ねないこ だれだ」 せんせいの声

ねないこ だれだ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1969年11月
ISBN:9784834002188
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,617
みんなの声 総数 555
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こどもたちも大好き。

    保育園でお昼寝の前に読んでいます。
    1才児の担任のときに毎日のように読んでいました。
    なぜかこどもたちは「おばけだーいすき」で
    何の本にしようかなぁーと考えていると
    「おばけにしてーーー」とリクエスト。
    とっても真剣な目で見ています。
    最後におばけに連れていかれるところであるひとりの男の子が気付きました。
    「先生、女の子、足がないよー。本当におばけになっちゃったんだね。」と。
    それからというもの、お昼寝をしない子がいて「おばけにつれていかれますよー」というと、みんな足を確認し「先生、まだ大丈夫だよ」と安心している姿がとっても微笑ましいです。
    こどもたちにとっては怖いけれども楽しい絵本なのではないかなと思います。
    裏表紙をみてもこどもたちといろいろな想像ができるので、最後に「おしまい」と絵本を閉じるところまで大事にみせています。あの最後の1ページがとっても重要だと思います。
    これからもたくさんのこどもたちに読んでいきたいと思います。ちなみに素話しができるほどになりました。。。(笑)

    掲載日:2003/03/31

    参考になりました
    感謝
    5
  • 定番ですがと内容は

    定番絵本として有名ですが、この絵本は「誰も救われない」のでお勧めできません。せなけいこさんは「うさこ」シリーズで開花しますが、この乳児絵本シリーズは『にんじん』だけが「まだまし」であり、総じてお勧めできない絵本シリーズだと、自分は思います。
    寝れないのにはそれなりに理由がありましょう。雨で外遊びをできなくて「疲れていない」とか、日中は病気で横になり寝ていたなど、サイクルが狂ってしまったとか。「大人の都合」で『おばけになって とんでいけー』は「うーん、どうもしっくりこない」です。
    おばけになってとんでいきますが、戻ってこれるの?たったそれだけで「おばけ」になってしまうの?です。
    『うさこ』シリーズのおばけはむしろ「善人(おばけですが)」です。『うさこシリーズ』を読んだ子に対して、この内容は効きませんがそこまで考えて作ったのかは「福音館書店」の当時の編集者さんに訊かないとわかりません。

    長くなりまして申し訳ありません。

    掲載日:2014/08/18

    参考になりました
    感謝
    3
  • 恐いけど見たい!!

    これは子供はなぜか大好きで毎日読んで〜!とこの本を持ってきます。(特に1歳から3歳まで)時計がなりま〜す。ボーンボーン・・と低くてコワ〜イ声で読むたびにキャ〜っと逃げては戻ってきてその繰り返しです。子供も恐いもの見たさってあるんですね。恐いけど見たい!みたいな。何回読んでも飽きないようです。ホントのはなしだったら恐いですね〜。

    掲載日:2002/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • りこわくないのかな?

    子どもたちが大好きな絵本。
    いつもオバケは怖いって言うのに…この絵本は怖くないのかな?大喜びで見ています!
    送り迎えのママ達も『むかし好きだったんです』と懐かしそうにしていました。
    お昼寝前の読み聞かせに、定番の絵本です。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前の定番!

    せなけいこさんの大ファンです!せなけいこさんのおばけは迫力がありつつも親しみがありますよね。

    やはり寝る前にとってもおすすめの絵本ですね。「ガタン」…近くで音がすると、焦って寝ようとする我が子に毎回笑っています!

    是非低いトーンでお父さんたちに読んで頂きたいです!

    掲載日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感のある絵本

    3歳の娘の大のお気に入りで、全部覚えてしまっています。分かりやすく印象に残る絵、リズムのある言葉がとても良いと思います。泥棒も、おばけも愛嬌があります。起きている子供がおばけになって飛んでいってしまうところが一番気になるようで、絵の細かいところまで食い入るように見ています。そして、私はいつも早く寝ているから大丈夫だよね?と何度も何度も確認しています。

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ…

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    「きれいなはこ」同様、おばけにされます。
    これもまた、僕が子どもの頃お気に入りだった絵本の一つですが
    おばけがやってくるのが怖くて
    おばけにされてしまうのが怖くて
    小学校中学年くらいまで夜更かしのできない子でした。

    せなけいこさんの絵本はちょっと子どもには怖いかもですが
    何故かハマってしまう不思議な魅力があります。
    怖いのに見たい…、
    そんな子ども心をうまくついているのかもしれません。

    掲載日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの表情が!

    • のばらさん
    • 20代
    • せんせい
    • 神奈川県

    おばけものが大好きなクラスの子どもたち。
    これを「じゃーん!」と出すと、「おばけだー!!」と大喜びです。
    本を読んでいる間、食い入るような表情で「くろねこどらねこ…」など小さい声で(無意識!?)一緒に読んでいる姿がかわいいです。
    文が短いので、繰り返し読んでいると子どもたちも覚えちゃうんですよね。
    お話が終わると、真剣な表情がふっととけて、「こわかったねぇ」なんて言っていますよ。

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャー!

    • JAMさん
    • 20代
    • せんせい
    • 北海道

    子どもは『おばけ』がだ〜い好き!
    「キャー!こわーい!!」と言いながらも…満面の笑顔!

    でも、たまには怖〜い声で
      「夜中にあそぶ子ははおばけにおなり」
    のセリフを言ってみると、きっと自分の中で思い当たるふしがありそうな子はちょっぴり顔を引きつらせてドキドキしてる!?

    怖いお話ではないけれど、でも子ども達にとっては、楽しくてすごく怖〜い大好きな絵本です。

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いけど・・・

    なかなか寝ない子をおばけの世界へと連れて行ってしまうお話です。

    2歳児クラスで読み聞かせた時も「オバケ、怖い・・・」と言って目を覆う子どもの姿も見られましたが、しっかりと指の隙間から絵本を見ていたのが印象的でした(笑)
    そして「オバケ読んで〜!」と何度もリクエストがあったのもこの絵本でした。

    この絵本では、おばけの世界に連れて行かれたままになっているので、オバケが怖いものだという固定概念がつかないようにしてあげたいものですね。

    子どもからのリクエストがあれば、何度も読み聞かせてあげたい一冊です☆

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / まじょまつりにいこう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット