新刊
こころにいつくしみ の種をまく

こころにいつくしみ の種をまく(評論社)

ダライ・ラマ14世初めての絵本!

  • 学べる
  • 役立つ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」 みんなの声

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー 作:ジョン・バーニンガム
訳:たにかわ しゅんたろう
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:1988年09月
ISBN:9784251005175
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,777
みんなの声 総数 71
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

71件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • こんなことってある???

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー、お勉強しに毎日てくてく出かける。途中で彼が出会うのは、マンホールから現れたワニだったり、しげみから現れたライオンだったり、橋を襲った高潮だったり。ワニにかばんをかみつかれ、ライオンにズボンをやぶかれ、高潮にさらわれて…、そんなことしていたら、学校に遅れるのは当たり前。でも、恐ろしげな顔をした先生は、ジョンが遅れた理由なんてまったく信じてくれません。そして、ジョンは罰を受けるのでした。こんな不条理、世の中にあるでしょうか。でも、最後にはその先生がこの不条理を体験することになります。結末がどうなるかは、読んでからのお楽しみ。生徒、先生、学校のお話なので、対象は年長・小学生ぐらいから???
     おもしろくて変わったことに興味を持ち始めた息子の、ここ数年のお気に入りがこの絵本。「こんなことってある!?」と言いながら、結末で笑います。どんな見方をするかは読者次第。いろいろな味わい方ができるので、希少価値のある作品だと思います。

    投稿日:2002/11/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 理由がすごいんです!!

    ジョン・バーニンガムさんの絵が好きなので、図書館の本棚に立てかけてあるのを見て、手に取りました。
    すごいんです!! 男の子の遅刻の理由が。

    言い訳と取るんのか本当と取るのかを議論するなんて、やぼったいんですが、本当だったらすごすぎる。でも、男の子ならありえるかも、この理由。また怒られても、淡々と罰の課題をこなすのも、なんかクスっと笑えます。全然反省していないでしょうね。でも、もしかしたら本当なのかな? だって男の子、結構毎日、太陽が昇るころに一生懸命家を出ているんですもの!! 裏表紙の内側にびっしりと書かれた、

    I must not tell lies about crocodiles and I must not lose my gloves.

    も、なんかユーモアがあっていいです。装丁というのかな? そこまで凝っているのが素晴らしい。

    そして最後に先生に起きた悲劇もブラックで、イギリスらしいですよね。男の子の願望なのかな? 個人的には、男の子のフルネームが長いのも私のつぼでした。ジョン パトリック ノーマン マクヘネシー。読んでて楽しくなります。

    投稿日:2017/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人はドキッ、子どもはゲラゲラ

    『ガンピーさんのふなあそび』や『旅するベッド』が大好きで、その穏やかなイメージで読み始めましたが、今回はなんだか様子が違いました。
    いつも学校に遅刻をしてくる男の子がいます。その子の名は「ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」。なぜ遅刻するのか先生に説明しますが、「ワニがかばんをとってしまったから」「ライオンが現れて・・・」などの理由だったので、先生は全く信じてくれません。
    でも、最後に学校にゴリラが現れて、先生が捕まってしまい、助けてくれと先生が叫ぶのですが、ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーは、「そんなバカなこと、あるわけないじゃありませんか」といつもの先生のセリフをまねして、立ち去ってしまいます。
    大人はこのラストにドキッとしてしまいますが、小さな男の子が先生をぎゃふんと言わせてしまう様子が子どもはスゴく嬉しいらしく、何度も読んでとリクエストされます。
    この本は、小学校での読み聞かせでも大人気、とボランティアの方に聞いたことがあります。「ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」という名前の繰り返しを聞くたびに、みんな声を上げてゲラゲラと笑うそうです。終わる頃には「ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー!」と口々に言っているとのこと。容易にその様子が想像でき、なんだか楽しい気分になりました。

    投稿日:2012/07/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • バーニンガムさん

    バーニンガムさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公に起こる様々なことに興味を持ちました。なかなか信じてもらえなくても自身を持って本当のことを語る主人公がかっこいいと思いました。先生の身に起こることも奇抜で心を奪われました。

    投稿日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後には自分に返ってくる

    ちゃんと家を出ているのに、なぜかいつも災難にあい、学校に遅刻してしまう男の子ジョン・パトリック・ノーマン・アクヘネシー。
    遅れた理由を先生に話すのですが、信じてもらえず、毎回罰を受けるという、なんとも気の毒なジョン・パトリック・ノーマン・アクヘネシー。
    しかし、最後はやっぱりそんなことをしていたら、先生、自分に返ってきますよ?

    こうして読んでいると、ジョン・パトリック・ノーマン・アクヘネシーの遅刻の理由を信じてくれない先生をひどいなぁと思えるんですが、
    私も、よく遅刻する友達に、内心同じようなことを感じてしまったことがあり、ギクッとしました。

    投稿日:2021/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさか…がおもしろい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子9歳、女の子7歳

    ジョン・パトリック・ノーマン・マクハネシ―は、学校へ行こうと朝早くに家を出ても、理不尽な目にあい、遅刻ばかり。
    マンホールから出てきたワニにおそわれたり、しげみにいたライオンにおそわれたり、たかしおにさらわれたり。そんなことないって先生は言うけれど…。
    ちゃんと子どもの話を聞いてあげて!っていう大人へのメッセージがこめられている気がするけれど、個人的には、怒られてそれで終わりじゃなく、真実を伝え、反論してほしいな…って思いました。

    投稿日:2020/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー
    男の子の名前がフルネームで書かれていて 勉強に行く途中で 出会った・・・・ 
    ワニ かばん噛まれて・・・ 逃げた
    ちこく! 先生は 彼の言葉を信じない
    罰を与える 
    それにしても よく勉強する子ですね 
    そして ナンセンスな出会いにじゃまされて   ちこく!
    先生の 怒り方が また 同じ・・・・ 
    もうしませんと 500回も書かされるなんて・・・・ 何の抵抗もなく
    ラストの先生が おもしろい

    笑えます!

    ナンセンスなおもしろさ 
    それにしても よく勉強する子だね! 
    ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー

    投稿日:2020/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチにスカッと

    お話の中に

    彼の長い名前が何回も出てくるので

    「寿限無」みたいなのを想像しましたが、

    それとは全然違いました。

    毎朝とんでもないハプニングに巻き込まれ

    彼は学校を遅刻してしまいます。

    そのありえない遅刻理由を

    先生は絶対信じてくれません。

    彼をうそつきだと罵り罰を与えます。

    それでも文句ひとつ言わない彼は

    とても素晴らしい子供だと思います。

    最後はどんなオチになるのかな?と

    楽しみながら読みました。

    ちょっとスカっとする終わり方でした。

    投稿日:2020/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくちゃんと聞いてみよう。

    夢が誠か。。。
    信じるか信じられぬか。。。
    んー難しいけれど、よく聞いてみることは必要かも知れませんね。
    子供はくだらないことをよく話す、それどころではないって時にも(笑)。
    親の私はちゃんと聞いてあげられているだろうか。。。反省させられます。

    投稿日:2019/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 立派な名前を持つ男の子

    • ハルリコさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、女の子1歳

    いつも「なにか」があって、遅刻してしまう男の子。先生に理不尽にお説教されます。
    でも最後の返しが秀逸。
    5才にはまだ難しいかなと思いましたが、「ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」という立派な名前が気に入って、何度も読みました。
    おまじないみたいに「ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」と呟いています。

    投稿日:2019/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

71件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット