話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

二ほんのかきのき」 その他の方の声

二ほんのかきのき 作・絵:熊谷 元一
出版社:福音館書店
税込価格:\0
発行日:1968年
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,379
みんなの声 総数 11
「二ほんのかきのき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 柿の木比べ

    一本の桃の木と二本の柿の木、素朴な木から、柿の一年を追っています。
    桃と柿の開花時期、収穫時期の違いは想像できましたが、あま柿しぶ柿の違い、柿にまつわるあれこれは、知らないことが多かったのでとても勉強になりました。

    投稿日:2020/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • きまもり

    ちょっと古めかしい、地味な絵本です。日本のしきたり?風習?生活?の絵本です。出てくる子どもたちの姿も昔風ですが、こういうのも読んであげたいと思います。子どもたちは、意外に、興味を持って聞いてくれます。柿のおいしい季節に。

    投稿日:2019/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柿農家の様子が 丁寧に描かれています
    1月15日の成木初めのこと「 なーりそうか  きりそうか」こんなふうに豊作祈願して   木の傷口におかゆを しんぜますと ぬるのです
    はじめて知りました。
    子ども達も 柿の花で 遊んだり のどかな風景ですね
    柿の葉っぱで お人形作りしたり 自然のものを慈しみ 生活の中に取り込んでいるのが とても好感が持てます

    大人達は 柿の実を出荷したり  干し柿作りを家族みんなで作業したり   農家の風景   家族の協力が大切だと思いました

    四季の中に 柿の木が 息づいています 

    なんだか ほのぼのとした 日本の柿農家の生活ぶりを見せていただいたと思いました

    作者の 熊谷元一さんは長野県生まれで 写真家でもあります
    いつまでも伝えたい絵本だと思いました

    投稿日:2017/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット