アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれものの試し読みができます!
作・絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが、ある日見つけたふしぎな忘れ物。届けに行こうとはりきりますが……本当にひとりで大丈夫!?

こぎつねコンとこだぬきポンなかなかよいと思う みんなの声

こぎつねコンとこだぬきポン 作:松野 正子
絵:二俣 英五郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1977年09月
ISBN:9784494012022
評価スコア 4.83
評価ランキング 137
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 友達になる方法

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     こぎつねのコンとこだぬきのポンはそれぞれの住んでいる山では、同じ種類の動物が棲んでいません。なので、お友達がいなくて寂しいのです。だけど、ある日お友達をさがして山を歩いているうちに、崖のところでむこうの山に同じくらいの年のお友達を見つけるのです。でも、それぞれの両親に、「きつねは悪いひとだ」「たぬきはずるいひとだ」と会うのを禁じられるのですが、やっぱり会いにいってしまいます。

     子供同士が友達になるのに言葉なんていらないし、偏見もありません。
     
     それぞれの両親は相手の子供のしてくれたことを見て、「この子の親なら間違いはない」と最後は確信します。


     かなり字が多い絵本ですが、一気に読めると思います。子供同士がお友達になるのにはまねっこ遊びだけでも充分だし、何のてらいもありません。また、子供を見て親を知るあたり、親としての私はちょっと自分を考えさせられるのです。

     小学校に入る前の子供さんだけでなく、これから親になる人も、子は親の鏡と会得する絵本だと思います。

    投稿日:2010/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの3歳児には、ちょっと長いので、ところどこと端折りながら読みました。
    コンとポンの子供らしい純粋な思いが伝わって、心が温かくなりました。
    もう少し大きくなったら、また読んであげたい本です。

    投稿日:2009/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵のかわいい絵本です^^

    絵がとてもかわいらしい絵本です^^
    1ページ1ページ縁取りをしているのですが、これが全〜部違っていて、凝ってるな〜という印象を受けます。

    お話は、友達のいない「こぎつねのコン」と「こだぬきのポン」が、出会って仲良くなり、これがきっかけで、それまでお互いに敬遠してきたキツネ家族タヌキ家族をも仲直りさせてしまうという内容です。

    お話はわかりやすく、面白いのですが、すごく長〜いお話なので、小学生ぐらいになってからの方が楽しめるかもしれません。
    当時幼稚園児の娘にはまだ早かったらしく、途中で集中できなくなってしまい、読んでいる私も長いな…と感じました。
    途中休憩を入れながら読んだ方がよかったのかしら?

    娘も小学生になったことですし、機会があればまた読んでみたいと思います。

    投稿日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちっていいよね

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    離れた場所にすむこだぬきポンとこぎつねコン。2匹はお互いの存在をまだ知りません。なぜならお互いすんでいるところに川が流れていて崖になっているからです。でも、ポンはどこからか聞こえてくる歌声に気づき崖の方に行きました。すると、こぎつねがいたのです。ポンとコンはその日あったことをお父さんお母さんに話しました。すると、2匹は叱られてしまったの。ポンは「きつねはおじいさんをだまして死なせてしまった悪いやつだから遊んじゃいけません」って。コンも「たぬきはおばあさんをだまして死なせてしまったわるいやつだから一緒に遊んじゃいけません」って。でも2匹はその後も会いました。そしてある日嵐がきてこの崖に一本の木が倒れ一本橋ができたのです。2匹は喜びました。そして、お互いにばけっこをすることになって、ポンはコンに、コンはポンに化けました。その時にコンのお母さんがコンを呼びに来たので2匹は元に戻る暇がなく化けたままお互いの家に行くことに・・・。コンのお父さんはけがをしてしまっていたのでコンに化けたポンが遠くのお医者さんを呼びに走りました。ポンの家では赤ちゃんたぬきの世話が大変だったのでポンに化けたコンが歌を歌っておもりをしました。ポンとコンは疲れ果ててぐっすり寝てしまいました。すると、ねたまま元の姿に・・・。でも、コンの親もポンの親も一生懸命やってくれたコンとポンが悪い人に見えずこの事がきっかけで家族ぐるみで仲良くなったのでした。コンとポンは友達がいなかったので友達ができて本当よかったです。

    投稿日:2003/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット