アニマルバスとパンやさん アニマルバスとパンやさん アニマルバスとパンやさんの試し読みができます!
文: あさのますみ 絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが見つけた、すてきなパンやさん。お客さんをあつめるために、バスたちが立てた計画とは…!?

くわがたのがたくん自信を持っておすすめしたい みんなの声

くわがたのがたくん 作:高家 博成 仲川 道子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784494003334
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,849
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • あごじまん

    クワガタと言っても、こんなに色々と種類があるのですね。
    虫の事はあまり知らないのですが、クワガタのガタくんとクワちゃんが
    夏の夜に、木の皮のおうちから、おでかけするおはなしをとおして、
    クワガタのことが、描かれています。
    みんなぴかぴか、力自慢のうでくらべならぬ、あごくらべ。
    たくさんのクワガタが出てきます。
    周りで様子を見ている虫たちも。
    森の夏の夜は、こんな感じなのでしょうか。

    投稿日:2018/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • くわがたの力くらべ

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳、

    かぶとむしと人気を二分するのが、クワガタムシです。
    かっこいいよね。
    そして、種類も結構います。

    くわがたのがたくんは、正確には、こくわがたです。
    ちいさい体で、おおくわがたくんと力くらべ。
    結果は、絵本を読んでのお楽しみ。

    こくわがたのがたくんがいばりすぎて、
    うしろにひっくりかえるシーンは、
    私も見たことがあるので、「そうそう!こんな感じ!」と
    共感して見てました。

    けんかのシーンは、誰が強いんだろうとわくわくするし、
    仲良くみつを吸うシーンは、
    ほのぼのとしていいと思います。

    以前、くわがたやかぶとむしを探しに行った時、
    樹液の出ている木を見つけました。
    かなぶんや蝶が群がっていました。
    そこに、スズメバチ数匹が来て、
    他の虫たちを蹴散らそうとしていました。
    絵本のように、仲良く吸えばいいのにね。

    最後は、くわがたが勢ぞろい。
    お月見?
    こんなに集まったら・・・興奮してしまいます!

    このシリーズは、虫の生態を楽しく学べるものになっていて、
    小さいお子さんから楽しめます。

    投稿日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    「かわいいむしの絵本」シリーズの中の1冊です。

    今回は、くわがたむしです。

    「かぶとむし」「くわがたむし」は、それぞれの絵本になるんですね。
    虫の苦手な私からすると、どちらも同じように思っていたので、まずそこにビックリしました。

    そして、「くわがたむし」にも、こんな沢山の種類があったとも知らず、子供達の方が詳しくて、楽しんでいた本でした。

    大変、勉強になるシリーズです。

    投稿日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • これぞ日本のクワガタだ☆

    5歳の娘が「これがほしい!!」と言って書店で話さなかった絵本です。

    「どれどれ?!」・・・と読んでいくと。。。
    こくわがた、ひらたくわがた、みやまくわがた・・・おおくわがた
    まさに、日本のクワガタたちが勢揃いするではありませんか。


    力比べをする場面や、なかよくミツを吸う場面も
    わかりやすくっていいです。

    海外のクワガタも出回っている今日ですが
    やっぱり日本のクワガタ、かっこいいです!!

    投稿日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな仲良しです♪

    この夏、じいじからかぶとむしをもらって
    虫が気になる様子。
    それならくわがたも好きかなあと選んだ本です。

    いろんな種類のくわがたが出てきて
    僕はおおくわがたが強そうで好き〜〜〜!
    力比べで負けてしまい、あ〜〜〜あと
    少し残念そう。
    最後に仲良くおやつを食べていて
    仲良しでよかったと喜んでみていました。
    終わってまた読んで〜〜〜の一言がでた一冊です。

    投稿日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるで、虫の図鑑!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    くわがたむしといっても、その種類は、色々あります。ここに登場するのは、おおくわがたに、のこぎりくわがた、こくわがた、ひらたくわがた、みやまくわがたです。
    お互いに力自慢をするのですが、結果的には、みんな木から落ちてしまいました。
    このお話を読みながら、くわがたむしの習性等が、わかります。そして、それぞれの特徴も身につけながら、夏の山に出かけ、実際に捕まえると、もっと楽しくなると思います。

    投稿日:2008/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫に興味をもつきっかけに

    去年の夏、わが家に初めて昆虫がやってきました。
    その名も「アトラスオオカブト」。
    セミやバッタなど昆虫の苦手だった息子も、このカブトには興味深々。
    虫全般が大の苦手の私も、息子のためにがんばってお世話しています。

    そんな昆虫に興味が出てきた息子のために選んだのがこの絵本。
    でも、初めてこの「アトラスオオカブト」を見たときに2本ある角がクワガタのアゴに見えて、カブトじゃなくてクワガタの絵本を選んじゃいました・・・。ああ勘違い。
    (ちなみに、カブトムシの本は『かぶとむしのぶんちゃん』です)

    こちらの絵本、国産のクワガタが5種類(オオクワガタ、コクワガタ、ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ、ヒラタクワガタ)出てきます。
    みんなで力比べする話で、ストーリー自体は単純なのですが、話の中にクワガタの生態や特徴が描かれていて勉強になります。
    木の皮の下に住んでいたり、夜に目を覚ましたり、ケンカをよくしたり、立ち上がりすぎてひっくり返ったり、ブラシみたいな口で樹液を吸ったり。
    昆虫嫌いの子も、虫に興味を持つきっかけになるかも?

    投稿日:2008/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいね

    なじみやすいタッチで描かれた「くわがた」たちが登場します。
    息子はみんなのアゴ自慢や、力くらべのシーンがお気に入り。
    「おおくわがた」の強さに感心したり、「こくわがた」のすばしっこさに大笑いしていました。

    作者の高家博成さんは農学博士だそうです。
    最後の解説を読んで、虫が嫌いな私も興味をそそられました。

    投稿日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昆虫の生態が詳しく分かる

    • ゆりんごんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    昆虫シリーズのクワガタ編。そのシリーズは本当に昆虫の生態がよく分かるように描かれています。
    いろいろな種類のクワガタがそれぞれの立派なハサミ(あご)を自慢しあうストーリーです。実際のクワガタも、このように常に力比べをしているらしく、そのことは巻末の解説に詳しく書かれています。
    昆虫にはまり始めたお子さんにはたまらない一冊です。

    投稿日:2007/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • くわがた大集合

    • ひいこたんさん
    • 20代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子8歳、男の子5歳、男の子3歳

    ムシ嫌いな私に似て、子供達もムシ嫌い・・・。
    幼稚園に行ってから、触れないけど、見れるようになって、
    ムシキング大好きな息子は、世界のクワガタ展があると聞くと、どこでも、連れて行って♪というくらいのクワガタ好き
    。(≧v≦●)。。(●≧v≦)。

    色々な種類のクワガタが出てくるこの本は、息子達の大のお気に入りです。

    シリーズものなので、他の本も読んでみたいですね。

    投稿日:2007/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット