改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは? 改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは?
文: ジュリア・ドナルドソン 絵: アクセル・シェフラー 訳: 久山 太市  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
英国王室、ウィリアム王子の子どもたちが大好きな絵本として、TVで紹介されました!

アンディとらいおん」 せんせいの声

アンディとらいおん 作・絵:ジェームズ・ドーハーティ
訳:村岡 花子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1961年08月
ISBN:9784834000030
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,833
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本の世界へ入り込む

    絵本というにはどうかという長いおはなしですが、読み聞かせて楽しみました。章立てまであって、うわぁお!と言いながら^^

    想像世界のおはなし、というのが親娘二人の一致した感想。
    本に夢中になるあまり、本を閉じた後も世界に浸ってしまうことは大人にもあります(私だけ?!)そのなかで遊べるのは子供ならでは、かな。
    子供の心に深く沁みて、大事にされそうな本ですね。大人になっても大切に心の片隅に残っていそう。
    子供がもっと小さいとき、いや私が小さい頃に出遭いたかったな!

    投稿日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな友達がほしい!

    ライオンと友達になるなんて、子どもの発想っておもしろい!
    アンディよりも、ライオンの表情がいきいきしていて印象的でした。大きなとげが刺さるシーンでは(ほんとに大きなとげなんです。痛そう!)、一緒に顔をしかめたり・・・と、読んでいるときの子どもたちの表情も生き生きしていました。
    絵柄は、茶系で渋い感じですが、それもまた、素朴でよいと思いました。

    投稿日:2006/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おふろだいすき / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット