もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

すっぽんぽん」 ママの声

すっぽんぽん 文:中川 ひろたか
絵:藤本 ともひこ
出版社:世界文化社
本体価格:\952+税
発行日:2008年07月01日
ISBN:9784418087211
評価スコア 4.42
評価ランキング 9,942
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 恥ずかしい〜けど楽しいね

    息子がひそかに気に入ってる絵本です。

    とにかくページをめくると次々に男の子が身につけているものをポイポイしていきすっぽんぽんになっちゃう!

    いつも息子は恥ずかしい〜と言いながら笑顔で楽しそうに見ています。

    おしりまるだし〜おへそまるだし〜と歌ってみたり…
    男の子がとくに好む作品のように感じました。

    息子には解放かんいっぱいの絵本の男の子がすっぽんぽんだからこそ!かっこよく素敵に輝いて見えているんだと思います。

    ちょっぴり恥ずかしがりながらお風呂あがりにはすっぽんぽんを楽しんでいます!

    投稿日:2012/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 中川さん

    中川ひろたかさんの作品だったのでこの絵本を選びました。文章がリズミカルなのでテンポよく読める所が良いと思いました。主人公の男の子が溌剌としていてエネルギーを貰いました。何故好きなのかという理由を明確に伝える事が出来るのも素晴らしいと思いました。どんどんスケールが大きくなっていくのも見応えがありました。メローディーまで掲載してあるのでついつい口ずさみたくなってしまいます。

    投稿日:2009/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなでニヤニヤ

    すっぽんぽん

    このタイトルから、読んで読んでとにやにやしている男の子もいれば、ちょっと恥ずかしそうに、でも興味津々の女の子もいました。
    3歳児の子ども達、徐々にぽいぽいぽーいと服を脱いでいく様子がとってもコミカルで気に入ったようです。

    リズムが良く、歌のような軽やかさで絵本が進んで行きます。
    そして、ちょっと恥ずかしいけど、はだかんぼになったら、キャー!という歓声。

    はだかんぼというのは、やっぱり子どもに取っても楽しいのでしょうね。
    全部読み終わっても、まだ読みたいと大人気の一冊でした。

    投稿日:2017/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しよみたくなる

    図書館で見つけて楽しそうな絵本だったので息子に見せてみました。
    男の子がポイポイとお洋服を脱いでいきすっぽんぽんのまま、野を山を越え元気に飛び回る様子が爽快で、歌のようにリズミカルな文章が読みやすく、あっという間に読み終えてしまいました。
    一回では満足できなかった息子は、その場で棚には返さず、「お家でも読んでね」とリクエスト。子供が夢中になれる絵本です。

    投稿日:2015/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子におすすめ

    次女の好きそうな絵本だったので選びました。あとは、中川ひろたかさんの絵本だったので。

    男の子が順番に洋服や下着など、着ているものを脱いでいくとこでは、「駄目だねぇ」と次女は言っていましたが、すっぽんぽんになった後は、ちょっとよくわからなかったようで、「???」と言った様子でした。男の子の方が食いつくのかな?

    投稿日:2012/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっぽんぽん

    表紙の絵がいい。

    両手を広げて、上にあげ、髪も逆立ってる。

    もうみるからに『すっぽんぽん』と叫んでるみたいに

    みえてしょうがない。

    おしりがプリっとしてるのがおもしろいようで

    指をさして笑ってました。

    しかも結構前に発売してるんですね。

    図書館でたまたまみつけた1冊ですが

    かなり気に入りました。

    投稿日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 裸好きにオススメ

    • Koueiさん
    • 20代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子0歳

    ポイポイと服を脱いでいくところに娘がくいつきました。
    裸のイラストを見て、「これは?」と聞いてきたりと
    短い文章ながらも楽しんでいました。
    途中、裸の少年が山や海を越えるところは
    独特な世界観なんだろうなぁと思いました。
    ひとつひとつのフレーズが印象的みたいで、
    娘がつぶやいています。
    裸に興味をもったらオススメです。

    投稿日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっぽんぽん

    図書館で2週間ほど借りていただけなのに、娘は文章のほとんどを覚えてしまった。文字が読めるのでは・・・と錯覚するくらい、本人は得意げに読む。これは娘にねだられて私が読んだ結果なのだろう。

    「ざーぶら ざーぶら ざーぶらら」「すっぽんぽん すっぽんぽん」と、繰り返しの文章が娘にはリズミカルで、心地よく聞こえるのだろう。

    また、すっぽんぽんになった時の爽快感や開放感も、娘は2歳にして共感できるのかもしれない。

    とにかく娘はこの本がお気に入りだ。

    投稿日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心地よい音の響き

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    表紙から思いっきり“すっぽんぽん!!”なのがいいですね(^ー^)文章もリズミカル。所々、俳句や短歌かと思うほど、心地よい音の響きです。さすが中川ひろたかさんですね。
    うちの息子たちもなぜかすっぽんぽんが好きなんですよね。意味もなく脱ぐ。でも脱ぐことに意味なんてなくて、ただそれが自然なのかな〜なんて思っちゃいました。

    投稿日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 爽快!

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    着ているものを脱いで、駆け回る男の子。
    すっぽんぽんで走って、、とっても気持ちよさそうなのです
    なんだか爽快で豪快で楽しい気持ちになれます。

    他の方も書いてるように
    裸の男の子が走るという話にもかかわらず
    下品じゃないところがいいです。そこが、中川さんの絵力なのかもしれません。
    読みきかせにも向いてると思います。

    投稿日:2010/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット