アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれものの試し読みができます!
作・絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが、ある日見つけたふしぎな忘れ物。届けに行こうとはりきりますが……本当にひとりで大丈夫!?

アンジュール ある犬の物語」 ママの声

アンジュール ある犬の物語 作:ガブリエル・バンサン
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1986年05月
ISBN:9784892389573
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,612
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ひとりぼっちの寂しさが心に響く絵本です。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    鉛筆一本でこんな絵本が描けるなんていいなぁ…
    なんて軽く言ったら 娘に叱られました。
    仕上がりの1ページの為に何枚のデッサンがあると思ってるの?
    (以前 この方を取り上げたテレビ番組を見た事があるんだとか。)
    娘曰く 1ページ作るのに
    100枚単位での下絵を書いているのだそうです。
    言われてみれば…
    だからこそ 文章が全くない絵本にも関わらず
    犬の気持ちの変動や、あてもなく歩きまわった草原の広さを
    深く想像する事ができるのだと思います。

    悲しい場面ばかりが続き 後半に入っても
    犬を置き去りにした車のことが頭から離れません。
    最後の場面で一瞬救われますが
    この犬が出会った子どもも一人で旅していたのでしょうか。
    そんな子どもの背景を想像すると 
    これまた哀しい気持ちになりそうですが
    この出会いが 1匹と1人の心をあたためることになったのは
    一目瞭然のラストです。
    ひとりぼっちの寂しさがずっしりと心に響いてくる絵本です。

    投稿日:2009/01/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • 気合を入れて開いてください。

    始めてこの本を読んだ時、まるで フランス映画のような絵本だな・・・と 感じました。
    最低限の情報だからこそ、自分の『アンジュール』の世界が広がります。
    子供は 観ないだろうなと 思いながら 本を無言で開き、絵だけを追いながら、ページをめくる。

    が・・・

    そんな事ないです。
    子供も大人と同じように感じるんです
    いや、大人より弱い分 置いてけぼりになった犬の気持ちが解るのかもしれません。
    読み終えた(?)わが子は「どうして捨てられたの 悪い事したの?」と 聞いてきました。
    悪さばかりしていた息子に 「言うこと聞かないと捨てちゃうよ」と言った私の言葉が そう思わせたようです。
    その後は、お母さんの大好きな息子は何があっても捨てない事 わんちゃんは 何かの事情があったのだろうか?とか、沢山の説明と反省会つきでした。

    二度目に読んだ時は ちょっとふざけて 勝手にセリフをつけて読んだら 大うけでした。

    投稿日:2006/10/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • 初めて泣きました。。。

    • ハレーさん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子0歳

    絵本を読んで「泣く」ということを今まで経験したことがなかったんです。
    しかも友達に借りて、友達の前で読んでたにも関わらず、絵本の中に入り込んで泣いてしまいました。
    字がないのに、ストーリーがちゃんと出来上がっていき、
    そしてこの犬のなんともいえない表情に引き込まれてしまいます。
    字がないからこそ、自分で考えて読む本だけに、印象も強かったのかなと思います。

    投稿日:2007/03/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 躍動感ある作品

    鉛筆デッサン画による作品です。文字はありません。

    車の窓からポイッと投げ捨てられた、犬の姿。
    それは、まるでゴミのように・・・。

    犬は、捨てられたこともわからず、ご主人を追いかけます。
    やがて、車に追いつけないことを悟ると、彷徨う犬。

    描かれている犬の姿が、どれをみても躍動感があり、心情が伺えて、
    どうするんだろう、どうなるんだろう、と絵から目を離せませんでした。

    やがて、一人の子どもと出会う犬。
    戸惑いつつも子どもに近寄る犬の姿を見て、良かったね!と思うと
    同時に、人に捨てられたのに、人を嫌いになれない犬の姿に、
    これで良かったのだろうか、と思わずにはいられませんでした。

    捨てられた時から犬にはずっと首輪が描かれていたように思ったのですが、
    最後のページに描かれた犬には、首輪はありません。
    個人的に、それは以前の飼い主から犬が解放されたというイメージと重なり、
    最後に出会った子どもは、一生心通い合う相手であることを
    願わずにはいられません。

    身勝手な人間の姿。そして、一途な犬の姿が描かれた、心に残る作品です。

    投稿日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一頭の犬

    字のない絵本です。
    絵もかなりシンプル、デッサンのような印象をうけました。
    でも、けっして雑だとか思いませんでしたよ。
    むしろ、シンプルなぶん感情が伝わってくるようでした。
    文がなくても、ストーリーを感じるほどに。

    投稿日:2012/03/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素晴らしいタッチ

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    鉛筆のみで書かれた絵本。文字はありません。
    走り書きされたような勢いのあるデッサンから
    犬の感情がしっかり伝わってきます。
    事故を起こした車と人達から漂うどんよりした
    怒りの空気。デッサンだけでここまで表現できるのかと
    うなってしまいました。
    ですが、やっぱり綺麗な色、可愛い絵が好きなので
    個人的には☆三つです。

    投稿日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 深い本です。

    この本に関しては、感想をあまり書きたくないのが本音です。
    言葉に左右されず、とにかく、目にして欲しい、そして、感じて欲しい作品です。

    ショッキングなページから始まるこの作品。救われない感情を、最後のページで見事に救ってくれます。

    子供の推薦図書として見たのですが、大人向けです。子供もそれなりの感情を抱くとは思いますが、地味な作品なので、反応は今ひとつです。

    私としては、良い作品にめぐり合え、感謝です。

    投稿日:2010/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 感動・・・

    デッサンだけでこれだけの表現ができるだなんて・・・。
    起承転結がきちんとなされていてすばらしいです。
    赤ちゃんに見せてみましたが泣いているママの方が気になるようでした。将来、泣いてしまう理由を理解してくれるかな?

    投稿日:2010/06/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表情が切ないです

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    犬を飼っていたので、犬が捨てられて懸命に飼い主を追いかける姿に涙が出そうになりました。
    不安や必死さ、孤独といった犬の心理状態がよく現れています。
    最後に出会った少年の顔が、犬の顔とダブって、出会いにほっと心がやわらぎました。
    ずっと犬の緊張感と孤独が伝わってきたので、ラストに感謝です。
    ちなみに、大人向けの内容です。

    投稿日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 字がないからこそ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    字のない絵本だけれど、
    子どももいろいろ見て感じたりしながら
    聞いていました。

    シンプルな線で
    色もないのに、
    犬が一生懸命駆け、
    悲しそうにうろつくのが
    字がないからこそ余計に
    訴えてきます。

    最後、子どもが出てきてくれて
    ほっとします。
    やはり、絵本は救いがないと
    子どもには読みにくいですし、
    後味も悪いですから。

    投稿日:2020/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット