INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

けしごむくん自信を持っておすすめしたい みんなの声

けしごむくん 作:二宮 由紀子
絵:矢島 秀之
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784564006807
評価スコア 4.18
評価ランキング 21,103
みんなの声 総数 16
「けしごむくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 間違うことも大事

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    何でも間違った字を消すのがお仕事のけしごむ君
    ある日、自分の仕事がたくさんあるので、
    えんぴつのみんなに正しい字を書くことを勧めることから起こる一騒動のお話です。

    白鉛筆君と消しゴム君のやり取りは何ともとんちのようで面白いです。
    色んな子が学校にはいますが、間違ってもいいんだよということ
    それを許してあげることをこういうお話から少しでも感じ取ってくれるといいなと思いました。

    絵もはっきりしてますし、何より小学生に身近な鉛筆と消しゴムのお話ですので
    小学生向けの読み聞かせにいいんじゃないかと思います。

    投稿日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字のお勉強になりました

     いつも正しいけしごむくんが、鉛筆さんや、
    色鉛筆さんに、間違えないように。と注意しますが・・・
     当時5歳くらいだったお兄ちゃんは、一所懸命
    イラストのひらがなを読んでいました。カラフルな
    色使いで、文字のお勉強にもなる、とても良い絵本です。

    投稿日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • けしごむくんの気持ちもうなずけるが・・・

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    子供達の身近にある筆記用具のお話です。
    けしごむ=間違った字やヘンテコな絵をみつけると、すぐに消します。
    けしごむ君は大忙し。
    嫌になる気持ちもわかりますが・・・
    けしごむくんが、
    「今日からは 絶対に 絶対 間違った字や へんてこな絵はかかないこと」
    なんて言うのはおかしいよね。
    子供達も、けしごむくんは、消すのが仕事なんだから、いらなくなっちゃう。って。
    確かにそう!
    白鉛筆君と出会って、自分も間違いがあることに気付き、みんなに謝って、元に戻ってよかったです。
    子供にとって興味のあるお話で、間違っても消しゴムで消すけれども、あまり間違わないようにするね。
    と、消しゴムの大変さが伝わった?お話で楽しかったです。

    投稿日:2007/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • じっくり読んでみると・・・

     半年ほど前に「おもしろそう!」と思い購入して
    パラパラっと読んだっきりで、じっくり読む機会が
    無く本棚の隅っこに並べてました。(ごめんね)
    ところが昨晩、息子が取り出してきて「読んでよん
    で〜」とせがまれ、子どもたちに読み聞かせしまし
    た。
     
     間違った字やへんてこな絵を見つけると、すぐに
    消しに飛んでくる「けしごむくん」のおはなしです。
    でも、白鉛筆くんに出会って、「間違うこともある
    んだ」「ぜったい間違わないなんてむりなんだ」っ
    てことに気づいて、みんなの事を見守っていくとに。

     なんだか、親子のやりとりにも似てるな〜なんて、
    ほんわか気分になっちゃいました!次回からは、「間
    違ってもいいんだよ」という気持ちを込めて読み聞か
    せしたいです。

    投稿日:2006/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 間違ってもいいんだよ

    • み〜ままさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子5歳

    間違ったことが嫌いな消しゴムくんが、鉛筆や色鉛筆たちのでたらめな絵や字が許せなくて、
    彼らを非難してしまいます。
    みんなは間違っちゃいけないと遊びも返上していそいそ勉強。
    ちょっとさびしいなと思ってる消しゴムくんの元へ白の色鉛筆が登場して・・・
    白鉛筆のユニークなやりとりがかたくなな消しゴムくんの気持ちを変えさせ、
    間違ってもいいんだよ、とおおらかな気持ちになります。
    ありのままを受け入れることの大切さを読んでいる親子に教えてくれているように思いました。

    投稿日:2005/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / ぞうくんのさんぽ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット