話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

おとうとは青がすき」 みんなの声

おとうとは青がすき 作:イフェオマ・オニェフル イフェオマ・オニェフル
訳:さくま ゆみこ
写真:イフェオマ・オニェフル イフェオマ・オニェフル
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2006年06月
ISBN:9784033285405
評価スコア 4.11
評価ランキング 25,337
みんなの声 総数 8
「おとうとは青がすき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『CHIDI ONLY LIKES BLUE』が原題。
    アフリカの色のお話、と副題にあります。
    ナイジェリアのカメラマンでもある作者が、アフリカの文化や生活を紹介する写真絵本。
    少女ンネカが、弟チディのために、いろいろな色について語る構成となっています。
    「青が好き」と言う弟への優しい語り口が素敵です。
    注目は、色彩の中に生活が浮かび上がるところです。
    大おじさんのかぶる赤い帽子には、選ばれたものという意味。
    男の人が家を建て、女の人が壁に黒い汁で模様を描くなど、
    生活の中に息づく色彩が興味深いです。
    好きな色にそっと寄り添ってくれるお母さんの存在感も愛おしいです。
    小学生くらいから、アフリカの文化を感じられると思います。

    投稿日:2021/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鮮やかな色が眩しい

    アフリカの生活と文化がよくわかる写真絵本です。
    ナイジェリアに住む姉弟。
    弟のチディはいつも「だいすきな色は青」というので、他の色を知らないの絵は?と思った姉は、身近なものを使って色を教えてあげます。
    写真の色の鮮やかさが眩しいです。
    女の人の髪型、洋服や装飾もおしゃれで、素敵だなと思いました。

    投稿日:2021/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすくて気に入っています

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    このシリーズは読みやすくて気に入っています。
    別にそこまでアフリカに興味があるわけじゃないけれど、
    お薦めされていたので借りてみたら、
    色や数などがアフリカの文化を通して学ぶことができ、
    アフリカらしいなあと思うものもあれば、
    日本とあまり変わらないものもあり、
    面白いです。

    女の子目線で作られているのも
    好感が持てます。

    投稿日:2020/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナイジェリアの色

    アフリカにあるナイジェリアの少女が、いろんな色から連想するものを語っています。
    日本とは全く異なる文化、民俗、環境の中で語られるものが、自分たちと違うとこと、似ていることを知ることが出来ました。
    異文化理解にとても役立つ写真絵本です。

    投稿日:2018/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • アフリカの家族

    写真の絵本です。
    アフリカに暮らす家族の風景を映しています。
    おとうとは青いものが好き。
    ちょっと詩のようでもあります。

    こういった絵本をとおして、異文化を理解できるといいな。
    そして、まったく違う文化に暮らす人も、自分たちと同じ人間なのだと気付くと思います。

    投稿日:2017/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • アフリカの暮らし

    写真の絵本です。
    「色」を通して、アフリカの暮らしがわかりました。
    写真なので色が、よくわかりますね。
    一つ一つの色が、より自然に近い発色をしていると思いました。
    アフリカの暮らしには、あまりなじみがないので、この絵本はとても良いと思いました。

    投稿日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黒を壁に塗るのは女の仕事。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    これの絵本は「色」を通じて、
    アフリカの生活(地域によって、違いはわると思いますが、わりと一般的なもの)
    を紹介した絵本のようです。

    写真絵本にしてあるので、現地のそのままの色がしっかり読みとれて、とてもよかったです。
    特に興味を持ったのは、家の壁に雨乞いのために塗られる「黒」の色の話。
    自然のウリという木から取ってきた汁で作る色だそうで、この壁に模様を描く仕事は女の人が行うとか。たまに子どもが描くこともあるそうです。
    この模様は決まったものを描くのでしょうか>それとも黒を使っていれば、自分のインスピレーションで描いていいのでしょうか?出来れば、そこんとこも教えてほしかったです。
    写真に載っている模様はとてもおしゃれ手素敵でした。

    スッキリまとまっていて、とても読みやすい絵本なので、たくさんの人に読んでもらえるといいな、と思います。

    投稿日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • イフェオマさん

    イフェオマさんの作品を以前にも読んだ事があって素敵だったのでこの絵本を選びました。ナイジェリアの物を紹介しながら色を紹介していくのはとても興味深く色も覚えやすいと思いました。私が知らない物も登場し、ナイジェリアに行って実際に実物を見てみたいなと思いました。主人公の女の子がとてもオシャレな髪形をしていたので私も是非真似してみたいなと思いました。兄弟仲良くしているのがとても印象的でした。お姉ちゃんはとても弟の事を愛しているのが伝わってきました。

    投稿日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしとなかよし
    わたしとなかよしの試し読みができます!
    わたしとなかよし
    出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    「わたしは わたしをだいじにするの」自分を好きなること、大事にすることを伝える絵本


えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット