しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

へびのクリクター自信を持っておすすめしたい みんなの声

へびのクリクター 作・絵:トミー・ウンゲラー
訳:中野 完二
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1974年03月
ISBN:9784579400997
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,235
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 数字

    • やこちんさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳、

    算数が驚くほど苦手になってきている娘に読んでみました。
    途中確かに、ヘビが数字になるものの
    あまり算数好きになる要素はなく^_^;
    むしろ、怖くなく、気品あふれる知的なヘビの描写に
    感心しながら読みました。
    こんなに立派にならなくてもいいけど
    娘には、人並みであってほしいと願います。
    ちよっと背筋が伸びるような一冊です。

    投稿日:2012/07/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • ナンセンス絵本、だけど大人も楽しめます

    ヘビのクリクターが大活躍するお話です。
    あるわけない!ってお話なんです。

    でも、子供はこういうナンセンス絵本が大好きです。子供にとっては、あるわけないけど、あったら面白い、あれば良いな〜と、感じる絵本です。

    大人も結構楽しめます。多分、色調が落ち着いた白、緑、赤、黒で、各ページの絵もおしゃれな感じがするからでしょうか…。見ていて飽きない所が良いです。

    投稿日:2010/11/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • お誕生プレゼント

    お誕生プレゼントにブラジルで爬虫類の研究をしている一人息子から、ルイーズ・ボドさんは、蛇を送ってくれました。ボドさんは、毒蛇でないか確かめに動物園に行って調べるのは、やっぱり先生でもあり、母親だなあと思いました。蛇にクリスターと言う名前をつけて、ミルクを飲ませたり、長い長い毛糸のセーターを編んで着せたり、ほかほかで気持ちのいいベッドを用意したり自分の子どものように育てているのが、とても不思議でした。いつも可愛がっていれば、ボドさんが危険な目にあっていると、泥棒にもの凄い勢いで飛び掛りボドさんを助けたのです!とても感動しました。色彩も緑・赤・黒と地味ですが、内容にマッチした絵で素敵でした。

    投稿日:2018/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい絵本ですね。

    小学校1年生の娘が学校で借りて一人読みをしました。
    「へび」と聞くと怖かったり気持ち悪かったり。。という印象を受けますが,こちらの絵本のへびクリクターは優しくて賢いへびなんです。
    飼い主さんと一緒に学校へも行き子供たちにも大人気。
    ナンセンス絵本かも知れませんが,絵本の醍醐味たっぷりの楽しい絵本です!

    投稿日:2017/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なプレゼント

    このお話は、ボドさんのもとにブラジルに住んでいるボドさんの息子さんからヘビが送られてきたお話でした。最初こそボドさんは驚いていましたが、子のヘビとの生活を満喫している様子がとっても素敵に描かれていました!!

    投稿日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびのクリクターはブラジルではちゅうるい学者の息子からのプレゼント
    始は驚きましたが・・・・毒蛇でないとわかると ペットとしてかわいがるのです
    どんどんおおきくなってベットの長いこと冬にはセーター編んでもらって
    学校まで連れてもらって
    お勉強 賢いヘビですね〜
    数字のかたちになったり 子供たちの遊び相手  縄跳び 滑り台にも変身なかなかの人気者
    そして なんと 泥棒まで捕まえるなんて なんてかしこくて 役に立ちペットですこと
    いいな〜  こんなペットがいたら心強いね!

    最高です このお話し!

    幸せ〜  クリクターの人生は  
    さすが おおらかです トミー・ウンゲラーのおはなし

    投稿日:2015/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびは苦手ですが

    へびが苦手なので、ずっと読まなかったのですが、やっと読んでみました。
    結論、クリクターなら、だいじょうぶです!
    かしこく、心優しく、上品なクリクター。冬は、手編みのニットもきています。しかも、ラストは、とっても勇敢なところまでみせます。
    欠点がない(笑)
    へびが主役ですが、絵はおしゃれで、ストーリーはほほえましく、安心して読める絵本でした。

    投稿日:2015/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢くて親切

    この絵本を読んだ娘が「トミー・ウンゲラーの絵本なんだ。面白いと思った!」とうれしそうに言っていました。トミー・ウンゲラーの作品は『すてきな三にんぐみ』や『ゼラルダと人喰い鬼』など、大好きな絵本ばかりです。
    賢くて親切なへびのクリクター。ボドさんが編んでくれたセーターを着た姿がとってもキュートでした。
    クリクターが自分の体を使ってアルファベットや数字の練習をする姿が楽しかったです。

    投稿日:2015/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 癖があるけどなかなか楽しい

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    4歳の息子に読みました。

    ブラジルにいる息子からヘビを送られた老婦人と、そのヘビのお話です。何とも言えない設定ですが、子供はすんなりと話に入っていけるようです。

    「ナンセンス」と紹介されているようですが、そうなのでしょうか。どろぼう退治は息子も喜んでいました。

    投稿日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリクター大活躍。

    3歳5歳の娘たちに読みました。表紙のおとなしい感じとは違い、とっても面白いお話でした。そしてなんといっても、絵がおしゃれ。

    息子にもらったへびのクリクターを大事にするボドさんのお話です。へびなんて私は絶対嫌ですが、このボドさん。へびを可愛がりはじめます。なんと洋服まで作ったり、外にも連れて行くんです。このクリクターが後に大活躍するんです。どんな活躍かは、読んでみてくださいね!

    投稿日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット