宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

せんたくかあちゃん」 みんなの声

せんたくかあちゃん 作・絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1982年08月
ISBN:9784834008975
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,157
みんなの声 総数 156
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

156件見つかりました

  • オススメです。

    • ☆みぃ☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子11歳、女の子7歳、

    お年寄りの方々に読んであげました。
    実際には、皆さんには大型絵本のほうで絵を見ていただいて、読み手は普通サイズの絵本を使って読んだ形です。

    昨今は、盥に洗濯板…というスタイルでの洗濯はまったく見なくなってしまったので、子どもよりもいいかな?と思いました。

    案の定、表紙を見た瞬間から、お年寄りの方々から「あら〜」とか「懐かしいね〜」とか、声が上がり、お話を読み進めるうちにも、「あらあら」「ふふふ」と声や笑いが聞こえてきました。

    すごく楽しかったと感想もいただきました。

    投稿日:2012/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でも洗濯

    洗濯が大好きなかあちゃんが、天気のいい日に色々な物を全部洗ってしまうお話です。
    服はもちろん、人間も動物も食べ物まで・・・昔懐かしい「たらい」で。
    そして、それを見た「かみなりさま」まで、みんなまとめて洗っちゃいます。。。
    子供たちと洗濯物が干してあるページは、本当に沢山の物があって、大興奮しちゃいました。
    とってもユニークで面白い絵本でした。

    投稿日:2012/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!!

    私がずっと読みたかった絵本です。やっと借りれました。

    何でも洗濯してしまうかあちゃん。ママじゃなくお母さんじゃなく「かあちゃん」がピッタリな感じです。

    いろんなものを洗って干しちゃう場面は大爆笑。でも、それだけじゃなく、最後の雷様にももっと大爆笑!ページが進むにつれて、どんどん面白くなってくるんです。

    4歳の長女も大爆笑していました。本当面白かったので、私は是非購入したいなあと思っています。

    投稿日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豪傑!かあちゃん!!

    子どもに読み聞かせているうちに懐かしく思い出しました。
    なんでもパンパンはたいて干しちゃうせんたくかあちゃん、見ているこちらもすっきり、胸がすぅーっとしてきます。
    名作は世代を超えて目を釘付けにしてしまうんですね^^

    投稿日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっきりさっぱり

    ばばばあちゃんとも通ずる豪快さ!
    いいわあ。すっきりさっぱりすがすがしいですね。
    おせんたくをごしごししてもらったような気分になります。
    娘も聴きながら喜んじゃって喜んじゃって何度も読むはめに
    なりました(笑)。きもったまかあちゃんにかかれば
    かみなりさまもみなひれ伏してしまいますよね。
    ・・というかめんどうみてもらいたくなっちゃいますよね。
    家中のものをせんたくした気分にもなります。

    投稿日:2012/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいおとこにしてくれぇ(笑)

    • ブーフー6さん
    • 30代
    • その他の方
    • 大阪府
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子2歳、男の子1歳

    甥っ子1号と2号に読みました。
    何でもざぶざぶ洗って庭中に干してしまうところでは、ページをとめて干してある面白いものを指さして確認しながら楽しんでいました。
    2号はブサイク(失礼)なカミナリ様が、洗濯されて「いい男」になったのが楽しかったようです。夜お風呂でシャンプーをするとき、「せんたくしてくれぇ。いい男にしてくれぇ。ウルトラマンの頭にしてくださぁい」・・・難しいリクエストだ。

    投稿日:2012/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きだった絵本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    私が小さい頃に大好きだった絵本です。
    雷様が落ちてきて、顔が消えてしまうというのが大好きでした。

    息子には、まだ物語を読み聞かせるには少し長いので、
    かいつまんでお話しています。
    洗濯がずらっと干してあるページでは、あっ、こんなものも干してあるね〜と一緒に見て楽しんでいます。

    自分が好きだった絵本を子供に読み聞かせることが出来る。とても感慨深く、昔を思い出しながら読んでいます。

    投稿日:2011/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変わらない魅力

    私自身、子どもの頃大好きでした。

    ねこでもいぬでもソーセージでも
    なんでも洗濯してしまうせんたくかあちゃん。
    洗濯物がたくさん干してあるシーンがすきで、
    1歳6カ月の息子と一緒に「犬だね」「時計だね」と
    色んなものを探します。
    そしてかみなりさまが登場、
    軽快なテンポで物語が進んでいくので、
    子どもも飽きません。

    それにしても、
    冒頭のかあちゃんが登場するシーン、
    洗濯だらいに洗濯板です。
    昭和の風景がそこにあります。

    世代をこえて楽しめる本です。

    投稿日:2011/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな物も洗っちゃうの?

    同じさとうわきこさんの本ということもあり、ばばばあちゃんを思わせるようなかあちゃんのキャラクターでした。

    元気で豪快な洗濯好きかあちゃんの洗濯姿は、・・・なんとたらいに洗濯板!手洗いでこれだけの物を洗うのですから、本当に洗濯好きなのでしょう。

    それにしても、服や布製品だけでなく、あんな物もこんな物も何でも洗ってしまうのには驚きです。そして、かみなりさまの洗濯後の姿にもビックリ!

    投稿日:2011/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • これはおもしろびっくり

    2歳の娘が図書館で適当にもってきたこの絵本。

    せんたくかあちゃんかぁ。

    うーん、なんだかわからないけど、せんたくの話だろうな

    とおもって、ページを読み進むとびっくり!

    えっ??

    それも洗うの?

    しかもこの時代にたらいで手洗い?

    CMでもたらいで洗っているし、節電の時代には
    昔を見習うのもいいのかなと思いつつ読み進むと

    次の展開で

    また

    え??

    え??

    え??

    というストーリー展開で最後まで楽しめちゃいました

    予想をはるかに上回るスケールで

    楽しかったです。

    2歳には長いかな?と思いましたが
    最後まで楽しんでかつ

    もう一回

    のリクエストもいただきました。

    投稿日:2011/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

156件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(156人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット