ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森の試し読みができます!
作: 石井 睦美 絵: 岡田 千晶  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
石井睦美さんの美しい言葉と岡田千晶さんの幻想的な絵で贈る絵本

せんたくかあちゃんなかなかよいと思う みんなの声

せんたくかあちゃん 作・絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1982年08月
ISBN:9784834008975
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,158
みんなの声 総数 156
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

41件見つかりました

  • 豪快なかあちゃん

    • しずりんさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子13歳、女の子9歳

    この絵本・・・・そんなバカなって言うことがいっぱい。
    子供や動物・・時計まで、なんでも洗濯しちゃうんですよね。
    子供たちは、干されている洗濯物を細かく見たり、雷さまを一人ずつ見るのが楽しいみたいです。
    色々な発見がいっぱいなんだろうな。

    投稿日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • さとうわきこさん

    さとうわきこさんの作品だったのでこの絵本を選びました。他の”せんたくかあちゃん”シリーズは読んだ事があり、やっぱり逞しいな!と感服しました。”よしきたまかしときぃ!”という母ちゃんに私も嬉しくなりました。私は洗濯は苦手で主人公の母ちゃんの様にはいきませんが少しでも近づける様に努力したいと思います。特に好きなのは”すっきりするねぇ”と言う言葉です。私も母ちゃんの様に家中の服を洗濯してみようかなと言う気分になりました。逞しい主人公の母ちゃんに元気をもらいました。この絵本を読んだ後は誰もが元気になれると思いました。

    投稿日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 洗濯板で!!

    子供やソーセージまで洗っちゃうって言うのが笑ってしまいましたね。
    読んでいて、洗濯し立ての衣類の気持ちよさをじわーんと思い出します。
    雷様を『いい男」にしてあげる件は、雷を怖がっている娘たちからすると痛快でした。
    怖ーい顔が売りのはずの雷様たちも、せんたくかあちゃんの手でなんだか優しいお顔にされちゃって威力ががた落ちなんじゃあ?
    雷が鳴る夕立が多い夏に、読んであげたい一冊でした。

    投稿日:2008/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • これぞ“かあちゃん”!

    息子が幼稚園から2週連続で借りてきました。よほど気に入ったのだと思います。 この本の主人公ですが、ママでもなく、お母さんでもなく、“かあちゃん”って呼び名がぴったり! せんたくが大好きで、かみなりの子までじゃぶじゃぶ洗っちゃうなんて頼もしくってユーモアたっぷりです。私もこんな頼もしい母親になりたいと思いました。

    投稿日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろ絵本です☆

    この絵本は、長いこと知っていながらなかなか手が出ないでいた絵本でした。
    読み聞かせをしているのを聞く機会があり、『面白い!!』と即借りてしまいました(^^;)

    洗濯の大好きなかあちゃん。
    【たらい】でごしごし洗います☆

    今の子は、【たらい】を知らないんじゃないかなぁ〜なんて思ったのですが、何の疑問も出ずにスーッとお話の中に入っていました!
    洗うものがなくなると、洗うものをさがさせるかあちゃん☆
    あんなものやこんなものまで洗ってしまい子供達は大喜びでした!!
    テンポのいいお話の流れに、最後まで笑いが続いていました〜

    大型版も出ているのですが、そちらの方が洗濯物を干しているページがみんなで見やすくいいかな♪と思いました!

    投稿日:2008/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいぞ!かあちゃん

    ちょっと怖がりなお子さんにお勧めです。
    うちの子はちょっと怖がりな女の子。
    鬼が来たらどうしよう・・・。妖怪がきたら困る(泣)
    といった具合だったのですが、
    せんたくかあちゃんを読み
    『おかあさんもせんたくかあちゃんみたいに強いから大丈夫よ。やっつけちゃうよ。』と話したら納得。それ以来、雷も大丈夫になりました。

    投稿日:2007/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大胆なかあちゃん

    せんたくのだいのだいのだいすきなかあちゃんが、洗濯を舞台に繰り広げるユーモラスたっぷりの絵本です。

    現代のように洗濯機ではなく、“洗濯板”を使って洗濯するかあちゃんが元気でいいですよね。
    あんなに沢山の洗濯物を一人で、しかも洗濯板で洗濯するかあちゃんに頭が下がる思いです(笑)
    きっと、キレイ好きなかあちゃんなんでしょうね。

    大胆にもかみなりさまを洗ってしまうなんて・・・(笑)
    生まれ変わった(?)かみなりさまのかわいい顔が好きです。そして、何が来ても「よしきた まかしときい」とドーンと構えるかあちゃんが大好きな一冊です☆

    投稿日:2007/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凄ーーーい^m^

    懐かしいです♪

    たらいと洗濯板♪

    私も小さい頃はこれでゴシゴシ!やってましたよ♪

    でもこのせんたくかあちゃん♪

    いくら洗濯すきでもほどがあるうう((+_+))

    子供・猫・犬・その外沢山・・・!!洗ってしまうなんて!!!!!

    森の中いっぱいに洗濯物が干しあがった光景は「圧巻」です!

    雷様まで洗ってしまったら・・・ビックリな事件が・・・!

    ↑これを見た仲間の雷様が洗濯をして貰いたくてゾロゾロ・・・降りてきました!!!!

    ↑皆さん♪どうしてだと思いますか(?_?)

    気になるでしょう(?_?)ぜひ読んでみて下さいね!(^^)!

    投稿日:2007/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • かあちゃんの豪快さがよい!

    自分が子供の頃に読んで大好きだったので、息子にも買いました。2歳の息子にはストーリー全体の理解はまだ無理なようですが、犬や傘などが逃げるシーンなど、とても面白がっています。冒頭の「今日はいいてんきだねえ」というかあちゃんのセリフはあっという間に覚えて、本をひらくと自分でまずそれを言います。内容理解が進めばより好きになってくれるに違いありません。

    投稿日:2007/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「よしきた まかしときい」

    このセリフがお気に入りの子どもです。
    パワフルなかあちゃんをみていると「がんばるぞ!」とこちらもチカラがもらえます(笑)
    かみなりさんが「おっとこまえ」になるのも楽しいですし、かあちゃんが豪快に洗濯し、干すのをみると、気持ちいいです。
    最後の「よしきた まかしときい」は子どもの大好きな台詞です。
    この絵本の影響かな?と思うことは子どもは「○○(←自分の名前)にまかせて!」とゲンキいっぱいいってくれます。
    あとは、洗濯にも興味を持ち、お風呂の時に一生懸命カラダを洗うタオルをゴッシゴシと洗ってくれます。
    お話自体は、ほのぼのとしていますが、子どもはいろいろと学んでくれる絵本でした。

    投稿日:2006/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

みんなの声(156人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット