もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

やまねのネンネ」 ママの声

やまねのネンネ 作・絵:どい かや
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年02月
ISBN:9784892385773
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,619
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • なるほど!

    どいかやさんの作品が好きなので選びました。
    やまねが眠りながら、いろんなところへいく様子が描かれ行きます。
    左ページは現実に起こっていること、右ページは眠りながら夢を見ていることが描かれていて、なんともユニークで面白い!可愛いイメージが多かったどいさんの作品ですが、こんな楽しい作品もあったんだ!と発見でした。

    投稿日:2016/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良く寝るヤマネ

    この絵本の主人公のヤマネはとってもよく眠るヤマネでした。現実にいろいろ飛ばされたり転がったりと大変なめに合っているのですが、のんきなやまねのネンネは熟睡していました。それを見てうちの子は「寝過ぎだし〜!!」って言って笑っていました。

    投稿日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいネンネ

    わが子はよく寝言をいいます。

    楽しい夢の時もあれば、怒っているときもあります。

    時には歌をワンフレーズ歌うときも!

    夢と現実は交差するかのような

    そんなストーリーがとっても不思議で惹かれました。

    色がそんなに使われていないので

    それが逆に心に染みます。

    投稿日:2013/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬や春に読みたい

    文章はそんなに多くありません、静けさが全体に漂ってるような、でもとてもかわいくてあったかさを感じられる、リズムが心地いい絵本です。

    ネンネの夢と現実が左右のページに分けられて書かれています。
    ネンネの知らない間の冒険に聞いている子供たちはドキドキソワソワするようですが、ネンネは何にもしらないまま冒険を続けます。

    でも最後にとうとう起きて気づいた時には、あわててお父さんお母さんが待つところへ戻り何事もなかったかのように再び眠ります。

    とってもかわいいネンネ。
    動物が好きな子にもいいんじゃないかなぁ。

    幼稚園児への読み聞かせでも使えると思います。

    投稿日:2013/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋〜冬に読みたい愛らしい一冊

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    やまねのネンネは冬ごもり。
    お父さんお母さんといっしょに木の穴にぬくぬくと丸くなって。
    でもでもそこにハプニング。
    夢見て寝ぼけたネンネ ころりと落ちて・・・

    見開いて左ページは現実。
    右ページはネンネの夢。

    そのズレつつも繋がっている様子が可愛くて面白い!
    栗と間違えてぽーんとおじさんにほうられたのに、
    自分は空を飛べるやまね!と楽しい夢。笑
    寝ながらいろんな状況になってるのに、ちーっとも起きないネンネに
    息子とクスクス。

    さいごはぶじに戻れてよかったね。

    どいかやさんの絵が可愛らしくて、やまねのもこもこ感も伝わってきて。
    冬景色なのにあったかい絵本でした。
    秋から冬に読みたいですね。

    投稿日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネンネは、ずっと夢の中。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    とにかく、とっても可愛いです。

    ねぼすけやまねのネンネ。
    冬眠中のネンネが、夢を見ながらころりと木から落ちてしまいます。
    夢の中でも、木の実と一緒にまっさかさまに落ちちゃった。

    現実の世界でなにが起ころうとも、それでも、ネンネは夢の中・・・

    現実と夢とのギャップが、はらはらしました。

    普通、夢ってモノクロだけど、
    ネンネの見る夢はカラーです。
    一方、外は雪景色。色はありません。
    その対比が、とても面白いな〜と思いました。

    春が来たと間違えて、目覚めるネンネ。
    木の上ではないことに、気付いて一目散に逃げ帰る後姿に、
    思わず、笑ってしまいました。

    いろんなことがあったけど、
    どのシーンのやまねも、可愛いです。

    投稿日:2009/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬眠と夢

    大人にもいいおやすみ絵本だと思いました。ネンネのかわいさにとても癒されます。特に女の子がネンネと一緒に寝ている絵がとてもかわいいです。
    娘にはやまねの冬眠がまだよくわからないので、冬眠しているネンネの「今」とネンネの見ている夢が同時に描かれているので、ちょっと難しいようでした。でも絵がかわいいので、気に入ってひとりでも読んでいます。

    投稿日:2009/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かいお話

    真冬の雪深い日。
    やまねはふゆごもり中。
    そんなお話なのになぜか温かい気持ちになりますね。
    どいかやさんの描くやまねがとてもカワイイんですよね。
    しかも木の洞から落ちちゃってあれれやまねはどうなっちゃうの??っていう展開になるのだけど やまねちゃんはまだまだ夢の中。
    なんだかのんびり感が漂うのです。
    文章も歌うように流れていって のどかな感じが面白いです。
    やまねって実際見たことがないんですが
    絵本の中ではとっても可愛く描かれていて癒されますね。

    投稿日:2008/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に読みたい やまねのネンネ

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    とってもかわいい やまねのネンネ。
    ヤマネが冬眠することを うちの娘はこの絵本で知りました☆

    現実の世界が白黒で
    夢の中の世界がカラーなのは

    やっぱり ネンネの意識が中心だからかな・・?

    語呂がよくって 歌うように 
    かわいい ネンネたちと一緒に

    声に出してニコニコしながら 読んでいます♪♪♪

    投稿日:2008/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おてだまに間違えられて

    眠ったままの現実と、夢の中の出来事が同時に描かれているちょっと不思議な感じのお話です。

    やまねのネンネがおばあさんに、おてだまに間違われたところがおもしろかったです。小さな女の子の机は、レトロでかわいいです。
    シンプルな色合いと、色鉛筆のタッチのやさしい絵にほんわかしてきます。雪の景色もあたたかく感じられました。ネンネという名前がほほえましいです。

    投稿日:2008/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット