くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

こわくないこわくない」 みんなの声

こわくないこわくない 作:内田 麟太郎
絵:大島 妙子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784494003877
評価スコア 4.35
評価ランキング 11,140
みんなの声 総数 56
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

56件見つかりました

  • 反抗期

    絵本の中の まーくんは はんたいばかり 言います。

    我が家の 次男坊も 強がりの 負けず嫌い...

    まーくんに つうじるとこが..
    人の振り見て 我が振り直せ!!

    とばかりに 読んでやりましたが きずかず。

    おもいっきり 笑って 楽しんでました。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい

    主人公のマー君が、みんなと反対の言葉を言うというシンプルなストーリです。

    でも、夢の中にお化けが出て来てマー君を恐がらせようとします。
    お化け「こわいだろぉ〜」
    マー君「こわくない! こわくない!」(泣きながら)

    なかなか「こわい」と言わないマー君。
    最後はお化けが「こわがらないよぉ〜」と泣き出します。

    そして夢から覚めてもマー君は泣いています。

    それをお母さんが「恐い夢を見たのね」と抱きしめます。
    マー君「こわくなかったよ!」

    思わず笑ってしまうような可愛らしい男の子のお話で、やんちゃな男の子を持つ方にお薦めです。

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりこわい!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    かわいいタッチの絵だけど、表紙のひとつ目おばけをじっと見ていると、やっぱり怖くなってきました。息子も同じように感じたようで、この本、常に、なるべく表紙が上にこないように置いてあります。

    内容は、何でも反対のことを言いたがる反抗期真っ盛りのかわいい男の子まーくんのお話です。思わず、同じ時期真っ只中の娘とだぶらせて、笑ってしまいました。でも、さすがに、こんなおばけが出てきたら、「こわい」と言うんじゃないかなぁ。最後まで、「こわくない」と頑張って、おばけを泣かせたまーくんはすごい!

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな時期、ありますね。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    まーくんは、このごろ反対ばかり言います。
    とうさんが、
    「はとがいるよ。」
    とおしえてあげても、
    「いない。」
    寝る時だって、
    「ねんねしよう。」
    と言うと、
    「ねんしない。」
    「じゃおきてましょ。」
    と言うと、
    「ねんねする。」

    そして、こわい夢を見ます。
    でも、おばけの顔が、ものすごくこわくて、ちょっぴりユニーク。
    そして、まーくんは…
    どんどん怖くなっていくおばけの顔、まー君の表情の変化。
    期待させといて、実際は…
    いやいや、これが子どもなんだよねと、妙に納得できるところ、見逃せませんよ。
    お話の内容も、絵の描き方も最高です。
    おやすみ前に、読んであげたら、もしかしたら、怖い夢を見るかもしれませんね。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私もおばけと同じ気分に

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    何でも反対のことを言うまーくんが、夢の中でおばけと出会い、「こわくないこわくない」と怖さを必死にこらえます。

    このまーくん。
    多分うちの娘が同じ状態だったらイライラしてしまうのでしょうが、見ていると微笑ましくなってしまいます。ひとごとだからでしょうね。笑
    でもおばけにガマンしているときの表情には、思わず「頑張れ!」と言いたくなってしまうほど、無理をしているのがみえみえです。
    子供の表情は分かりやすいですね。

    ちなみにおばけ登場の場面では、ちょっと怖さを出してみようと頑張って読み聞かせをしたのですが、娘の反応は想像とはこれまた反対。何と、笑い出してしまいました。
    一生懸命怖さを出したのに娘に笑われてしまった私は、絵本のおばけと同じように泣きたい気分でした。笑

    まーくんは「なのなの」でもとびっきりの子供らしさを見せてくれます。こちらもお勧めです。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶対に怖いって

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    この頃まーくんは反対ばかり言います。
    何を言っても、何が起きても反対ばかり。

    あるある〜(笑)
    うちの子も時々言います。
    注射をして痛かったはずなのに「痛くない!」と言ったり、眠たいはずなのに「眠くない!」と言ったり、おしっこあるのに「ない!」と言ったり・・・。

    そんなある日の夜、怖いおばけが夢に出てきたら!
    怖い顔をしたおばけに息子は「こわくな〜い。反対にビックリさせるもんね!」ですって(笑)
    真っ暗なお部屋、一人でいけないくせに…(ノ∀`*)プ
    娘は素直に「怖い…」でした。

    明らかに息子はまーくんタイプだね(笑)
    この絵本に出てくるおばけは結構怖い顔してます!

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくないよ

    ストーリーがツボなのかおばけがツボなのか…。
    「こわくないよー」「こわくないの」と言いながら
    娘は行きつ戻りつしながら10分でも読んでいます。
    娘もお気に入りなのですが、私にとっても楽しい絵本。
    「食べる?」「食べない」
    「じゃ食べないにしよう」「食べるよー!」
    毎日こんなやり取りをしている我が家のよう。
    きっとどの家庭にもこんな時期があるんでしょうね。
    絵もストーリーにピッタリでおすすめの絵本です。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ!おばけ

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、男の子3歳

    何でも思ってることと反対のことを言ってしまう男の子。
    オバケを見ても怖くないと言い続けて、オバケがドンドン怖くなっていくのを見て、絵を見てる息子が本当に怖くなってしまい途中で「おわり」と言って本を閉じてしまいました。
    内容・絵、よかったです。
    オバケの絵本を選ぶならお勧めです。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反抗期に

    • こがれさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、男の子1歳

    まさにまーくんは反抗期のうちの息子そのもので、
    思わず読んだ時笑ってしまいました。

    なんでも言われた事と反対の事を言うんですよね。

    反抗期真っ最中の息子にも読んであげましたが、
    なんとなく今の自分の事のようだとわかっているように見えました。

    息子はまだ自分の気持ちをそんなにうまく表現できないのでわかりませんが、
    反抗期に自分のような反抗期の子の様子を絵本で見ると、
    何を感じるのかな?と息子の反応に興味がすごく沸きました。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反抗期の子どもに読んであげたい本

    • うつぼっちさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    何でも反対を言うまーくん。
    反抗期真っ盛りの息子の名前に置き換えてもしっくりくる。

    おばけがこわいけどかわいらしい。
    ユーモラスなイラストがとてもいい。
    おばけがこわすぎると寝る前には読めないけれどこれは大丈夫。

    寝るときに読んでほしいとリクエストされるが、
    おばけが出るところで本を顔に近づけると
    「きないでー(こないでー)」と手で押し返す。

    「こわくない」と言い続けて、最後には泣き出しちゃうところも
    また子どもにも大人にもリアリティのツボにぐっとくる。

    おばけが好きな、反抗期のお子さんにおすすめです。

    掲載日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

56件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに


細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

みんなの声(56人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット